タグ:ノビタキ ( 177 ) タグの人気記事

野菜畑のノビタキ2

c0233349_10172656.jpg


毎年お立ち寄りしてくれるこの場所、今年も遇うことができてうれしい。
秋色のノビタキさん、私の大好きな色でもありますので。
冬はどこで過ごすのでしょうね。

c0233349_10173597.jpg


お散歩の方が通っても大丈夫?こんな何気ない畑地に留ってくれます。
c0233349_10174333.jpg

c0233349_10175162.jpg

c0233349_10175961.jpg

c0233349_10180707.jpg


ミツバの葉っぱを凄い勢いで食べてどんどん大きくなる幼虫。
蛹になるために少しずつ減っていく。
どこに行くのでしょう。
近くには見当たりません。

自然観察センターで、食草の本を教えてもらいました。
ミツバを好むのはキアゲハの幼虫だそうです。
ミツバは情けない茎ばかりになってしまいましたが・・・。
またチョウになって訪ねてくれることでしょう。



by akaiga-bera | 2019-10-27 10:18 | Trackback | Comments(2)

野菜畑のノビタキ

c0233349_10302528.jpg


草が尾にかかって具合悪いのでしょうか、ちょんと尾羽を上げて・・・かわいい!
c0233349_10303287.jpg

c0233349_10304236.jpg

c0233349_10305620.jpg

c0233349_10310574.jpg

c0233349_10311506.jpg


まだヒガンバナが咲いているころでした。
c0233349_10312708.jpg

c0233349_10313666.jpg


シオンの薄紫、きれいです。
c0233349_10323152.jpg




熱いコーヒーの湯気が恋しい季節になりました。



被災地の皆様にまた雨が。
もういい加減にしてと言いたいです。
これから毎年大きな台風に見舞われるのでしょうか。
『国土強靱化』をいうなら災害対策ですね。
『治水』は時の為政者がもっとも力を入れないといけない点、どのような政権であっても、
国家は国民を守るためにあります。
税金は、災害対策に使って欲しいです。
防衛費にまわされてしまっています。

c0233349_17403733.jpg



自信のなかった男の子、昨日はがんばりました。
式の変形、誰も出来ない問題を解きました。
本人もうれしい。
私も。
だれも置いていかない。
ゆっくりしっかりを肝に銘じて。
ボランティア、楽しい、こんなおばあちゃんでも役に立ってうれしい。



by akaiga-bera | 2019-10-24 17:49 | Trackback | Comments(0)

稲田のノビタキ

c0233349_20542732.jpg

c0233349_20535460.jpg


秋色に衣替えして渡って行くノビタキさん、途中で出遇える幸せを感じます。

たわわな稲の穂、もう我が家にもお願いした新米が届くかな・・・この田んぼはまだ刈られずに。


鳥さんの旅にはたくさんの苦労があることでしょうね。

3.11原発事故の時鳥、被災された方たちが避難地で不自由な生活を始めた頃、春の渡りが始まっていました。

鳥さんや他の生き物にも被害があったことでしょう。

でも訴える手段を持たない人間以外の生き物・・・。

人間の勝手でね・・・便利を追究した結果・・・本当はごめんさいしないといけない・・・。


c0233349_20540173.jpg

c0233349_20541031.jpg

c0233349_20541707.jpg

小さなチョウをとって畑地に。
c0233349_20543791.jpg

ブルーセージ、きれいです。虫さんたちが集ります。ホシホウジャクもやってきました。
c0233349_21104457.jpg



19号台風はかなりの大型と。
今日は台風に備えてお買い物。
増税後、意地でもお金使わないって決めていたのですが、背に腹はかえらず。
もっと大きな被害にならないように食い止めないと余計な出費になる・・・。
食料や水、シート・まだ窓ガラス防護用のプラスチックの板・養生テープなど。

菜園やお庭の飛ばされそうなものをしまったり紐をかけたり、千葉の方々大変だなあと思いながらの作業。
どうかうんとそれて!と祈る思い。
お庭のお花もどうせ風にやられてしまうのだからと切ってしまった。
お家の中の花瓶という花瓶に投げ込んだので華やか。

鳥友のお宅でハトさんが巣作りしてヒナが誕生したと。
放棄してしまわないようにそっと観察していたらしい。
自分の家で生き物の誕生を見られるなんて最高。
台風が来るので心配。
なんとか無事に。
ヒナが落ちたりしませんように。
夏鳥さんたちは5月~7月に子育て、ハトさんは今なの?

ハトさんは、ピジョンミルクという高カロリーなミルクが出るらしく、子育ての必須食料の心配はないそうで、
寒さに向かうこの時期にも子育てが可能なんだとか。
イスカさんも、栄養価の高い松の実を食べるのでやはり寒い時期にも可能。
生き物は意外な能力を持っているんですね。



大きな被害になりませんよう・・・。


セブンホールディングス:1000店舗閉鎖・移転

セブン&アイホールディングスは10日、2022年までに国内コンビニ1000店舗を閉鎖あるいは移転するという。
またデパートやスーパーの方も。
内訳はそごう・西武1300人、イトーヨーカ堂で1700人の計3000人の削減を発表。
消費増税もあり、ますます国民の実質賃金は下がっていっている。
どう見ても消費増税は日本の消費を冷え込ませる大きな要因になるだろう。
政府の経済政策は、完全に誤っていると思う。
何やってんでしょ。




by akaiga-bera | 2019-10-10 21:29 | Trackback | Comments(0)

そば畑のノビタキ/関西電力だけ???

c0233349_13085591.jpg

c0233349_13082558.jpg


以前、赤いソバに留るのを写したくて、遠出したことを思い出します。

しかし、良く見てみると、秋色のビタキさんには白いそばの方がお似合いです。

今でも、赤そば畑はありますけれど、ノビタキさんの移動のコースではないとか。

そうお聞きするとやはり赤そばで撮れて良かったと思ってしまいます。

どちらでも・・・来年無事にまた帰ってくれることを念じましょう。

c0233349_13084590.jpg


c0233349_00313947.jpg

c0233349_00315137.jpg

c0233349_13075922.jpg

c0233349_13074634.jpg

c0233349_13081454.jpg


c0233349_13091256.jpg




関西電力役員がもらったけど返した???らしい金品の一部

現金:1億4501万円
商品券:6322万円分
米ドル:1705万円 4949万円相当
小判:3枚:24万円相当
金杯:354万円相当
金:240万円相当
スーツ仕立券:75着分 3750万円
合計:3億1845万円相当

調べてない部分もあるだろうし、辞めちゃった役員にも渡されていたんでしょうね。
ホントはもっと多額でしょ。

個人口座を教えたのは誰、究極の個人情報でしょうに。
確信犯ですね。
渡した方はこの3月に亡くなられたそうなので『死人に口なし』。
恫喝されて返せなかったのでそのままお預かりしていたんですって。
脅迫や恫喝があったら警察にどうぞ。

減給2ヶ月で居座るんですって。
ニッサンの西川氏と同じ?
そのうち辞めざるを得ません。
総退陣でしょう、こんなおかしいこと許されるはずもない。
返せば免れるなんておかしい。
盗んだもの返しても盗んだことには変わりがないもの。

c0233349_08564197.png

うまく切れなくて・・・重複してしまったところもあります。
それにしても凄いなあ。
みんな元助役のせいですかしらね?
c0233349_08570373.png





by akaiga-bera | 2019-10-03 08:58 | Trackback | Comments(0)

ノビタキとアマクリナム

c0233349_12000702.jpg


アマリリスに似た優しいピンクのアマクリナム。

ヒガンバナとと同じ季節に咲きます。

ヒガンバナの群生は林の中、ここは日当たりの良い畑地。

ヒガンバナ咲き遅れているようですが、この花はすでに盛りを過ぎてたのが残念。

畑地にはいろいろなお花が咲いているので、虫が多いようでノビタキさんもえさ場にしています、

今一番のお気に入りは、枝マメ畑。

葉っぱはことごとく虫に喰われています。えさ場に最適ですね。

c0233349_11425435.jpg

c0233349_11420684.jpg

c0233349_11424287.jpg

c0233349_11431461.jpg

c0233349_11421579.jpg

c0233349_11432692.jpg


シオンとソバとアマクリナム、その他諸々、狭いですけれどすてきな場所です。

お知り合いの方がお友達が出店しているという催し物会場のアイスクリームを差し入れて下さいました。

皆様、大喜び、強い日差しの中、冷えたお口の中・・・暑い日差しにも関わらず時々駆け抜ける秋風とともにごちそうさまでした。
c0233349_11452309.jpg



ある子が居場所に来なくなってもう2ヶ月。
迷って入ってしまった住宅街で下校中、見かけました。
少し大きくなった横顔。
車を止めて話すと、サッカークラブに入って、家の前の公園で友人とサッカーの練習をしているのだという。
放課後安全に学び遊べる場所をとの主旨で始められた組織。
いつも開いている、来るも来ないも自由。
来なくなった原因が家庭の問題のこともある。
だから見かけないと心配に。
でも打ち込むことが出来るものが見つかったのなら・・・うれしい。


TVのアナウンサーが「もうすぐ消費税10%になります」と言うときのうれしそうな言い方が気になってしまって仕方がない。
誰が増税されて喜ぶのか。
税はあるところから取れ!
社会の富は例えそれが個人の利益と見えても、実はそうではない。
多くの消費者がいて生産者がいて成り立っている。
社会の富は一握りの階級のものではない。
そういう社会はやがて滅びる。
人間は、長い年月を生きて、学んで来たのだ。
差別も
富の独り占めも
社会を疲弊させる。


9月30日夜11時のNHKニュース。
消費税増税は、社会保障のため、後の世代にツケを回さないためと・・。
すでに今までの消費税は、社会保障のためと言いながらわずか16%しか社会保障にまわされなかった。
大企業と富裕層の税率を下げて、消費税分をそちらに回した勘定になる。
聞き飽きた「社会保障のため」という政府広報の台詞、NHKは視聴料を取っていながら、国民の味方なんかじゃない。
既得権益を守るために、目は国民には向いていないようだ。
朝日新聞も同じ。
新聞は8%にとどめられたから?忖度したのか、ほぼ同じ扱いだった・・・。
新聞も戦争中と似てきた。
事実は伝えない。






by akaiga-bera | 2019-10-02 13:04 | Trackback | Comments(0)

秋色ノビタキと紫苑

c0233349_11553703.jpg


優しい薄紫色のシオン、秋の花ですね。

子どもの頃、十五夜と言えば、この花とススキをお供えしていました。

昨年もこのお花に留らないかしらと思ってずっと待ちましたが・・・。

今年、一瞬ですが花に乗りました。

不安定なお花、虫さんをフライングキャッチする足場としては不安定だからでしょうか。

ヒマワリの枯れたのには何度も留りましたので、シオンを背景に置いてみました。

c0233349_11562262.jpg

c0233349_11565493.jpg

c0233349_11582831.jpg

c0233349_11584679.jpg

c0233349_11591487.jpg


ちょうど今頃、酔芙蓉が美しく咲きます。
一日しか咲かず、朝白く、昼には淡いピンクに、そして閉じて赤くなる様が名前の由来とか。
豪華な大きな花ですが、どことなく寂しさも感じます。

c0233349_11593683.jpg



昨日も多忙に過ごしました。
途中、みりんを買い忘れていたことに気付いて、スーパーにお立ち寄り。
調味料の場所に行くと、みりんの上に『これはお酒です』と書かれていました。
TVでみりん風味は食品(8%)、みりんは酒類(10%)と言っていたのを思い出しました。

こんな面倒な税制って、お店泣かせ、消費者泣かせじゃない?
みりんは調味料として使うんでしょうが・・・ホントあほらしい。
だいたい軽減税率って言ったって、要するに基本的に増税。
今は痛税感を感じさせないように、いろいろ手当してますけれど・・・。
そのPRに使うお金も含めて・・・だったら増税しなくていいじゃない?

お店をたたむ方々も多くいいらっしゃるという。
少ない収入の中から軽減税率対応の器械もそろえなきゃならないし、インボイスに対応するのも本当に大変。
補助をもらっても持ち出しも多い、町の小さなお店はつぶしてしまいたいんだね。
細々と暮らしている方々も多いのに。
冷たい国家だ。

自分たちの利益追求のみ考えている政権、今度こそ倒さないと。

腹立つなあ。
血圧に響く。





南西諸島、特に石垣島の被害は大きいと。
この4月、訪れたとき、中3日嵐でした。
台風の通り道、厳しいですね。

無駄な兵器を買い込むより災害に備えての備品の整備を!

給水車・電源車・救助用ボート・救助ヘリ増強・各戸用テント・簡易ベッド・食料備蓄など。
すぐに揃うほどの無駄遣いを日々やってるのにね。


by akaiga-bera | 2019-10-01 12:21 | Trackback | Comments(2)

秋色のノビタキ・・・/『種子法』廃止に思う

c0233349_21590513.jpg


どこか渡りのノビタキさんに遇える近場をご存知ですかとおたずねすると、600㍍ほど歩くけれどと、ススキの原を教えていただきました。

不安になるくらい遠かったですけれど、2羽のノビタキさんに遇うことができました。

まだ早いかも知れないとおっしゃっていらっしゃいましたが、いました!

一度気配に気付いて奧に入ってしまったのですが、じっと待つと出てきてくれました。

夏の黒いのもいいですけれど秋色のノビタキさん、シックですてきです。

毎年遇いたいノビさんです。
c0233349_21591884.jpg

c0233349_21592945.jpg

c0233349_21594049.jpg

c0233349_21595323.jpg

c0233349_22000960.jpg

c0233349_22001860.jpg



今日はボランティア。
先週用事でお休みしてしまったので久し振りにみる子どもたちの顔。
みな運動会の練習で黒く焼けています。
今日は男女半々、お互い少し意識して、みなお利口さんでした。
最近の子どもたちはみなおとなしいように思います。
しっかり自己主張も出来る子になって欲しいなあ。

今日は青空がきれいでした。

いつもなら翌年のことを考えて早めにお花を切ってしまうのですが、アガパンサスを株分けでなく増やそうと種をとりました。
天日に一日干したので大分乾きました。
明日はお天気が悪いようですので、室内でもうすこし乾かしてから保存します。




種で思い出しましたが

2018年4月『主要農作物種子法』が廃止になりました。

第二次大戦中、食糧不足になった我が国。
農家は強制的にコメを供出させられて、種子も政府の統制下に置かれました。
そして戦後、種子用のコメ・麦は統制から外され、国の補助で安定して農家に種子を供給出来るようになったのです。
優良な種子は国民の食糧確保に欠くべからざるもの、公共の財産として守っていこうとするものでした。
『種子法』のもとでは、農家は自家採取の種子を持つことも可能でした。
しかし、種って、ずっと採り続けると劣化してしまうんだそうです。
いつも良い品種を確保することは大変な労力がいるので、その仕事は農協や農業試験場が担ってきました。
お米も地方によって品種が違ったりしましよね。
私がこの間、栃木の方にお願いしたのは『コシヒカリ』と聞きました。

2016年、安倍政権によって『種子法』が廃止に。
規制改革推進会議農業ワーキンググループと未来投資会議のリードで。
理由は『民間の品種開発意欲を阻害するから』というものです。
しかし、実際にはわずか半年の議論で決定されました。

全て規制緩和という路線の安倍政権、これは小泉政権の方針を継いだものですが、問題点も多く存在します。
特定の資金のある企業や政府のお墨付きをもらった民間企業の寡占状態も危惧されるのです。
海外資本の参入があれば、種子を含む資材価格高騰の可能性は大、そのうえ、遺伝子組み換えの種子も入ってくる心配もあります。

国鉄や郵政民営化も今地方の疲弊を加速させています。
国民の命と暮らしに直結するライフラインや食料に関しては、全て自由にすることで生まれる危険性も考えないといけないと思います。
『種子法』廃止もまた、将来に禍根を残すことになるような気がします。







by akaiga-bera | 2019-09-17 23:11 | Trackback | Comments(2)

ノビタキ:湿原にて

c0233349_22033079.jpg


初めてこの湿原を訪ねたころは、まだ野鳥にははまっていませんでした。

湿原のお花目当てに立ち寄りました。

霧で視界は3㍍ほど。野鳥なら撮影は無理ですけれど・・・見るだけでしたから。

霧の中に白いブラシのようなサラシナショウマと黄色のハンゴンソウが咲き乱れ、幻想的な美しさでした。

翌年、もう一度見たくて再訪。

晴れの日。もちろん湿原全体を見渡すこともでき、すばらしい景色ではあったのですが・・・前の年見たような感動はありませんでした。

やはり霧が雰囲気を演出してくれていたのです。

その後もたびたび訪れていますが、あのときのような深い霧には出会えていません。

c0233349_22034097.jpg

c0233349_22034949.jpg

c0233349_22040059.jpg

c0233349_22041407.jpg

c0233349_22042772.jpg

ハンゴンソウ。サラシナショウマは8月末から9月にかけて。
c0233349_22043711.jpg





ほぼニュース番組以外テレビを見ることは少ないのですが、
スマホの『TVer』というアプリで見ている番組があります。

テレ朝『やすらぎの刻~道』
現代版のは全く興味が湧きませんけれど、劇中劇で戦前の若者たちの日々を描いているのだけ見ています。

山梨の山間の寒村。
小作農の家族。
6人の子どもたち(長男・次男・三男・四男・長女・次女)・・・昔は6人くらいは当たり前でしたね。
はじめは登場していたこの6人の父母も今は亡き人。
貧しいながらも同じ小作農の数軒が助け合いながら暮らす集落。
養蚕農家でしたが、桑畑は芋畑に。
仲間のお家の数軒は満蒙開拓団として満州へ旅立ちます。

長男は、家長らしく、頼りになる存在。
2番目の公次は戦死。
3番目三平は徴兵検査に合格、赤紙が来るのですが、もとよりやさしく正義感に溢れています。
見ず知らずの人を殺すなんて自分には出来ないと本家の鉄平兄さんのように、山奥に逃げる(逃げたが、警察と軍隊の山狩りになる・・・)と。
長男は、そんなことになったら、家族みな大変なことになる・・・と反対。
その晩、三平は毒を飲んで自殺してしまいます。

戦争によって変化して行く村。
村人は分断され・家族も戦争に翻弄されていきます。
もちろんドラマですけれど・・・おそらく多くの地域や家庭に起こったであろう問題を取り上げていて、毎回胸が痛みます。
今日は、涙がこぼれてこぼれて・・・。

戦争を体験した方々はみな口をそろえて『二度と繰り返してはならない』と言います。
今、軍備を増強し、日本は戦争への道を再び進んで行ってはいないでしょうか。
不安でなりません。
私たちには、子どもたちや孫たちが、平和に暮らせる未来を用意する責任があると思います。
お互いの政府が、いがみ合っていても、それはぞれぞれの政権のため、為政者の犠牲になるのはまっぴらです。
草の根では仲良くやっていきたいものです。
ですから、今多くの番組が一斉に嫌韓報道で満たされているのを見ると悲しくなります。




by akaiga-bera | 2019-08-21 23:03 | Trackback | Comments(0)

霧の中のノビタキ

c0233349_20300730.jpg


まだレンゲツツジが咲いていました。
昨年より少し花の季節は遅れているそうです。
今頃は、オレンジのキスゲに被われていることでしょう。
c0233349_20301654.jpg

♀、かわいい。
c0233349_20302916.jpg

c0233349_20303820.jpg

c0233349_20305067.jpg

c0233349_20310104.jpg

レンゲツツジは最終章。コバイケイソウは最盛期。ニッコウキスゲには少し早いという段階でした。
c0233349_20311344.jpg



娘の仕事終わりを待って孫娘と参院選の投票に。
願いを込めて選挙区・全国区と。

投票率の低さに驚きます。
白紙委任する勇気に脱帽ですね。

どのようにして私たちの手に今選挙権があるのか、歴史を考えただけでも、行かない選択はないと思うけれど・・・。
本当にみな無関心なんだなあと思います。

あるいは日々の生活に追われて行けないのか、
自分たちの選択で政治が変わって行くと思えないのか、
選挙に行かない人が10人の内7人も。
つまり3割の人の選択で政治が決まるということ。

最終的な投票率は48.8%でした。
30人中16人が行かなかったということになりました。
それでも行かない方の方が多いことにやはり驚かされます。


どのような世の中になろうとかまわないのですね。
私には無理。
老い先は短いけれど、いや老い先短いからこそ、孫子の時代が心配になります。

これで一気に改憲へと進むでしょう。
いつかこの結果を私たちが振り返り、後悔することがない日々が続くことを祈りましょう。



by akaiga-bera | 2019-07-21 21:08 | Trackback

回顧(28)ノビタキ遠景 2009~2011年

ノビタキとヒマワリ:富良野
c0233349_22364934.jpg

キスゲと 霧ヶ峰にて
c0233349_22365873.jpg

c0233349_22370744.jpg

まだ寒い 奥日光にて
c0233349_22371768.jpg

レンゲツツジと 霧ヶ峰にて
c0233349_22372712.jpg

野の花と 軽井沢にて
c0233349_22373529.jpg

ワタスゲと 奥日光にて
c0233349_22374401.jpg

白ソバと 巾着田にて
c0233349_22375547.jpg

咲き終わったコバイケイソウと 霧ヶ峰にて
c0233349_22380402.jpg




だんだんと遠景での画像が好きになっていきました。
景色のいいところにいてくれるノビタキさんはありがたいな。


急用で出かけています。




by akaiga-bera | 2019-01-20 06:35 | Trackback