タグ:チョウ ( 48 ) タグの人気記事

リュウキュウムラサキ:近くのお山で

c0233349_21033479.jpg


八重山諸島では通常に見られるようですが、ここは神奈川県。

温暖化のためでしょうか、暖かい地方で暮らすチョウが最近関東でも数種見受けられるようになりました。

タテハチョウですが、♂の前翅の表面が紫に輝いています。

近くにいらしたチョウに詳しい方が、もう少し前だとこの輝きがもっときれいだったと。

石垣島では見られませんでしたから、うれしい出遇いでした。

c0233349_21035260.jpg

c0233349_21040147.jpg

c0233349_21041041.jpg

c0233349_21042046.jpg


何のお花でしょう、優しい薄紫がきれいでした。
c0233349_21034493.jpg





by akaiga-bera | 2019-09-26 08:00 | Trackback | Comments(0)

モンキアゲハ:美しい大きなチョウ

c0233349_13360712.jpg


チョウがたくさん集っているお山。不思議な気分になってしまいました。

モンキアゲハさんは我が家にも来るのですが、ひらひらと飛んでばかりいて、なかなかとらえることが出来ません。

なんとか少しまともなのがありました。

遠くにいても白い紋だけはとても目立ちます。

c0233349_13363844.jpg

c0233349_13364991.jpg

c0233349_13370785.jpg

c0233349_13371652.jpg

c0233349_13372552.jpg



我が家のメキシカンセージにホシホウジャクがやってきました。
時間がなくまだ撮ってはいないのですが。
オオスカシバも撮りたいなあ!

お墓参り。
供えたお花にモンキアゲハが留ったのには驚きでした。
一同「あらっ」「ほう~」と。
蝶に姿を変えて会いに来たのかな。



昨日今日とボランティア。
帰ってくると家族は「楽しかったんだね」と言います。
子どもたちからエネルギーをもらってくるからでしょうね。
ありがとう、今日も。



by akaiga-bera | 2019-09-25 13:41 | Trackback | Comments(0)

黒い蝶:ナガサキアゲハ

c0233349_08595442.jpg


お庭にやってきた黒いチョウ。

なんだか分かりませんでしたが、翅の下部に突起がないので、ナガサキアゲハ♂だと思うのですが?????

♀のほうがきれいですね。

c0233349_09000391.jpg

c0233349_09001168.jpg

c0233349_09001956.jpg

c0233349_09002911.jpg


こちら♀かな?
c0233349_09132215.jpg


お庭のお花。鉢植えのジュジュサンゴ、赤いブドウ状の房が愛らしい。
c0233349_09195406.jpg

母から→旧宅→我が家でも。クロッカス。
c0233349_18103949.jpg

斑入りのヤブラン
c0233349_18105332.jpg



また、房総半島、大変ですね。
災害は繰り返す、でも昨今は忘れないうちにも次々と・・・ですね。
お金は、災害に強い国作りに使いましょう。
政府も声高には言うのですが予算は微々たるもの、言ってってることとやってることに相関性なし。

by akaiga-bera | 2019-09-16 09:26 | Trackback | Comments(0)

お庭にきたメジロ/チョウ2種


c0233349_17580972.jpg

c0233349_17581811.jpg

c0233349_17582752.jpg


ガラス越しに撮りました。我が家の杏の木にやってきたメジロさん、虫が目的のようです。
窓越しに見えるお隣のクリ。
c0233349_17583822.jpg


ヒメアカタテハ
c0233349_17562965.jpg

c0233349_17560474.jpg

c0233349_17561546.jpg

ヤマトシジミ
c0233349_17580071.jpg

c0233349_17573379.jpg

薄紫のツユクサ、今になって元気に咲いてくれます。
c0233349_17575117.jpg




朝早く浦和に来ました。
気まぐれ姫さん、怖い病気と思いつつ術後の経過は良好で、今日退院できます!!!
まずは菜園に立ち寄って昼ごはんに使えそうなお野菜をゲット。
おうちに着くと、昨日甥が収穫してくれたというお野菜が3袋。
若いのや中くらいのは別に仕分けてありました。
大袋のニガウリ・キュウリ・オクラは捨てざるを得ません。
おすそ分けする方もわかりませんし、大きすぎて届けられた方も思案してしまうでしょう。
ホントもったいない、けど、緊急時仕方がありません。
これから退院手続きして、昼食を作って(いつもの上げ膳据え膳のお返し)、午後は菜園のお手入れに。
昨日も菜園、こちらでも菜園と・・・。

3泊ほど様子を見ていったん帰宅かな。




オリンピック組織委、旭日旗、会場持込OKと

c0233349_16352914.png

侵略された側からみたら、またかと悪夢の時代を連想させる。


旭日旗は軍隊のもの、海軍旗です。
出征前、父が軍服で撮った写真には、脇のテーブルに8等分されたスイカ、
そして脇には旭日旗が立てられていました。

戦争を知らない世代の皆様はもしかしたら何も感じないかもしれませんが、
日本の植民地だった半島の人々にとっては、日本軍の狼藉を思い出させる最たるものではないかと思います。
半島の人々に限らず、中国や東南アジアの人々にとっても。

なぜ、今?
壊れかけている平和への道からさらに外れていませんでしょうか。
以前、日の丸を立てる立てないと国内でも論議がありましたけれど・・・。
旭日旗なんて・・・。
世界の人々が集う『平和の祭典』???で、ナチスのハーゲンクロイツと同じく忌避されている旭日旗が必要なんでしょうか。
もしかしたら、日本は再び侵略戦争やる気ありと世界に宣言するつもり?

竹島に上陸した韓国の人たち、日本にもいる反平和主義の人々。
どこにもそんな分子は存在します。
平和は両国の国民の願い。
庶民にとって一番悲しく不利益な選択を政権がしないよう・・・両国民がしっかり見張り、草の根でつながりましょう。


by akaiga-bera | 2019-09-06 09:45 | Trackback | Comments(0)

アサギマダラ:影絵のよう


c0233349_00565120.jpg


数千キロも旅をするそうですが、全てがそうではないような気もします。

石垣島で見たリュウキュウアサギマダラはすこし小ぶりで透け感がなく、この翅のほうがきれいに思います。

湿原脇の林の中にあるヨツバヒヨドリやヒヨドリバナが大好きなようで毎年このお花に留っています。

c0233349_00570111.jpg

c0233349_00572467.jpg

c0233349_00581384.jpg


名前が記してあったのですが、取り忘れました。かわいい実ですね。
c0233349_00593589.jpg


シャクガの仲間でヒョウモンエダシャク?
c0233349_01012148.jpg

c0233349_01020036.jpg

c0233349_01025698.jpg


湿原内に。サワギキョウの一群が。もう秋のお花、今年は夏と秋の花が混在していると聞きました。
近くで見たかったのですが、湿原内は立ち入り禁止です。br>
c0233349_01041088.jpg




今、1時を回っていますけれど、なかなか寝付かれません。
夢多くんがパソコンの脇に来てぐっすり。
クーちゃんも高齢だった・・・夢多も大丈夫かな?心配になってしまいました。
家族中の『癒やし』・・・。
『お耳掻き』と『毛梳き』と『お散歩』と『ご飯』・・・ちゃんと単語を覚えていて、それにだけは反応します。
それ以外は気まま、でも家族みんなが集るときが大好きで、一緒に参加します。
太っているのに、少し骨張ったかしらとなんだか不安になってしまって・・・。






by akaiga-bera | 2019-08-29 10:14 | Trackback | Comments(2)

オオムラサキ2:国蝶 

c0233349_18305322.jpg


美しいチョウですね。
♂の翅の青紫、深い色です。
幼虫は、エノキの葉をを食草とするそうです。
公園の一角には、幼いエノキが植えられていました。
こうしてチョウを守る人たちの力で、美しさは守られているのですね。
でも卵の段階で盗まれてしまったり、羽化手前で連れ去られたり・・・残念ですね。
森にいれば、みんなで楽しむことができますのに。
『花は野に置け』『虫も野に置け』ですね。
c0233349_11165899.jpg

c0233349_18310261.jpg

c0233349_18311032.jpg

c0233349_18312611.jpg

c0233349_11164687.jpg

c0233349_18313790.jpg


時季がオオムラサキと一緒です。
c0233349_18314789.jpg


ヤマユリ、もう少し。
c0233349_18321577.jpg


ヤブカンゾウ:緑溢れる森の中、鮮やかに主張しています。
c0233349_05563829.jpg





鳥友からメールが。
なんだか分からないけれどと断っていましたが・・・なんとマミジロさんの幼鳥でした。
ジックリ歩いて探すのが好きという。
私にとっては、年の離れた弟のような存在、いつも彼の持病のことが心配になる・・・。
大切にね、自暴自棄になってはダメですよ。
薬も日進月歩、きっと合う薬ができます。
野鳥との出遇い、きっと大きな癒やしになっていると確信しています。








by akaiga-bera | 2019-07-22 11:36 | Trackback | Comments(0)

オオムラサキ:国蝶 /器:安倍総理と山本太郎

c0233349_12063600.jpg


オオムラサキさんは、確かヤマユリの咲く頃だった・・・。

旧宅での仕事を済ませ、一目散に。晴れることは滅多にない、逃す手ははないと。

公園に着くと、チョウがいればカメラマンもと思っていたけれど・・・だあれも。

とりあえず以前見た大木に行ってみる・・・けれど、チョウも虫もいません。

まだヤマユリはつぼみ、ヤブカンゾウが美しく咲いています。

救われたのは、ハグロトンボがいたこと。以前見た時にもいたので季節は間違いないと。

いくら探しても出遇わず。公園の事務所近くに戻ると人影が。

お聞きすると、『いますよ!さっき♂が飛んで来ましたよ』と、その場所へ案内して下さいました。

10分ほど待つと小鳥さんかと見まがう大きさのチョウが。

以前見た時は、ずっと高い梢で級蜜していたので、飛ぶ姿を見たことはありません。

半分諦めかけていたので、本当にうれしく、胸が高鳴りました。

翅を広げていないと白いチョウという感じですけれど、広げたときの美しさ・・・抜群です。

c0233349_12064764.jpg

c0233349_12065671.jpg

c0233349_12071845.jpg

c0233349_12072828.jpg

c0233349_12073860.jpg

c0233349_12074617.jpg


お庭のチロリアンランプ
c0233349_16593999.jpg




器:安倍総理と山本太郎



安倍さんは、

選挙演説の場所を、支援者にしか知らせないステルス遊説を展開中
そして、国の未来の具体像ではなく、『未来を切り開く』と美しい言葉でぶち上げる。
どのような未来をどのように達成するかは言わない。
内容もステルス。6年の成果を述べればいいのに、何もないのか。
ただただ『民主党政権が~』『野党は~』と野党攻撃に終始する。

反対する人々がいることを見せたくないのだと思いますけれど、ヤジを極端に警戒
『安倍辞めろ』
『増税反対』
札幌でも大津でもどこに行ってもこのヤジが聞こえないことはないようだ。
安倍さんの代わりにそういう方々を強制的に排除するのは、制服の警察官や私服・公安警察・自民党支援者?など。

6年あまりも政権を担当してきた日本国のリーダーのあまりの小心さに驚く。
『こんな人たちに負けるわけにはいかない』と敵視。
『実るほど頭を垂れる稲穂かな』・・・トップは日本を代表する品性と度量とを持ち合わせていて欲しいと思う。
オオムラサキのように凜とした姿を見せて欲しい。

安倍さんの回りには、今イエスマンしかいない。
つまり、失墜や排除を恐れるイエスマン、何人いても役には立たない。
あるいは、もしかしたら、安倍さんを利用する輩もいるかも知れない。
そのような輩は、利用できないと知ったとき、すぐに変り身するのだ。

安倍さんは、自分の失策を糊塗するため、公文書をも作りかえさせる、データを書き換えるという、絶対にやってはならないことをやってしまった。
歴史は必ず断罪するだろう。でも、それを待ってはいられない。




私たちは、
子どもたちの、
孫たちの、
若者たちの、
そして今を生きる私たちの生活と命を守りたい!

このまま生活を壊されるか、
改憲にすすみ、
ホルムズ海峡通過のタンカーを護るを口実に有志連合に加わり、
米国と同じく戦争を日常的にやる国になり、
比較的親密なイランとの関係も壊し、親密だったアラブ諸国の敵となり、石油の調達を不可能にするのか。
自公維が勝利すれば一気にすすむでしょう。

明日の選挙は極めて重要です。
若い方たちも、自分たちの未来のために行きましょう、選挙に。




山本太郎さん、


彼は、この6年間、あちこちの辻で語ってきました。
もちろんその場所には、反対意見の方々も。
『とっとと帰れ』
『おまえ、命惜しくないんか』
『死んじまえ』
なんてヤジもあります。

しかし、彼はこう言います。
ありがとうございます。私はそうおっしゃるあなたのためにも頑張ります。
なんと骨太な・・・。大きな心・・・。聞く耳をもってる・・・。
『排斥』によって生み出されるものはありません。


<
br>


by akaiga-bera | 2019-07-20 16:50 | Trackback

ナガサキアゲハ:卵を産み付けていました!

c0233349_21434871.jpg


きれいなチョウが飛んでるよの声に、カメラを取り出しましたが、いなくなってしまいました。
チョウの通り道は決まっているとお聞きしていたので、少し待つと、今度はお隣の大きな蜜柑の木に。
あわててお二階から。
雨の合間、ほとんどぶれていましたが、柑橘類が食草となるアゲハチョウ、大きな蜜柑の木は絶好の幼虫のえさ場になることでしょう。
南のチョウのようですが、温暖化の故か、見られるようになったそうです。
去年は、モンキアゲハも出ましたので、楽しみです。

c0233349_21435600.jpg

c0233349_21440528.jpg


ルドベキアタイガーアイのお花が大好きなようで・・・毎日ベニシジミがやってきます。
c0233349_21453854.jpg


お庭のお花もめっきり少なくなりました。
c0233349_21442671.jpg

ゆず
c0233349_21443594.jpg

名前確かめないで帰って来てしまって、丈夫そうなお花。
c0233349_21444416.jpg

ヒオウギアヤメ、今、朱色でお庭を引き締めてくれるのはこれとヤブカンゾウ、目が覚めるような美しい朱です。
c0233349_21445278.jpg

ホタルブクロ、高原ではもう少し深い紫、下界では色が出ません。
c0233349_21450219.jpg

収穫ももうすぐですね。ブルーベリー
c0233349_21451121.jpg

キキョウ
c0233349_21451973.jpg



しばらくさえずっていたガビチョウさんの声も今日は聞こえません。
ホトトギスさんの声も同じく。
お庭の芝生にスズメさんの幼鳥が毎日4・5羽でやってきます。
不注意で心配になるほど・・・幼鳥って仕草や表情で分かります、かわいい。

ミニトマトがたくさん採れてしまって。
皮を楊枝でつついて軽く湯がいて皮を向いて、たくさんのトマトソースを作りました。
明日はお盆。
スイカを収穫して供えます。




by akaiga-bera | 2019-07-12 22:18 | Trackback

キタキチョウ:伴侶を求めて

c0233349_21165230.jpg


オカトラノオがそろそろ咲く頃かしらと近くの公園に出かけてみました。
谷津を含み高低のある場所、もう少しするとヤマユリの季節です。
我が家の百合の状況を見ながら、楽しみに待っています。
すでに萩のお花が咲いていて・・・。
秋を先取りしている感じでした。
黄色い蝶、キタキチョウでしょうか、2頭もつれ合うように飛んでいます。
なかなかうまく撮れません。粘ってやっと。
それにしてもきれいな黄色、縁の黒がすてきです。

c0233349_21170333.jpg

c0233349_21171515.jpg

c0233349_21173064.jpg


翅に萩の陰が。
c0233349_21174301.jpg

c0233349_21184484.jpg


ツマグロヒョウモンでしょうか。オカトラノオに留っていました。
c0233349_21182356.jpg

c0233349_21180159.jpg


ヒヨドリソウ?アサギマダラが来るかも知れませんね。
c0233349_21181135.jpg



毎日雨ばかり。
お野菜も果物もお米も、日照不足で、農家の方々はお困りと。
お天気はどうにもなりません。
早くからっと晴れた日が来ますように。







by akaiga-bera | 2019-07-12 21:43 | Trackback

チョウ・・・近くの公園お散歩

c0233349_13363532.jpg


チョウって裏表がかなり違うんですね。

翅を閉じていると、開いたらどんなかしらと思うと、開くまでじっとじっと待ってしまいます。

表裏の違いに、驚くことばかり。

今、我が家はシャスターデージー花盛り、ポタジェの野菜も花をつけているからでしょうか。

朝から、チョウが訪れています。カーテンを開くのが楽しみ。

これは近くの公園で。ショウブが咲いている以外は、ドクダミ・タチアオイくらいですけれど・・・。

もうすぐこの公園はヤマユリが咲きます。

去年は時季を逸してしまって・・・。今年は逃さないで行ってみたいと思います。


このチョウは閉じたところが写せませんでした。
c0233349_13364388.jpg

枯葉のようなチョウ。なかなか翅を開かず。おそらくこれかなと思えるチョウに別のところで遇うことができました。
c0233349_13370711.jpg

c0233349_13371843.jpg

c0233349_13372557.jpg

c0233349_13383037.jpg

地面ばかり、産卵?
c0233349_13373749.jpg

c0233349_13375250.jpg

キブシが実をつけていました。
c0233349_13380159.jpg







by akaiga-bera | 2019-06-06 14:42 | Trackback