タグ:タカブシギ ( 4 ) タグの人気記事

タカブシギとコチドリ

c0233349_20375496.jpg


水田は縦50㍍くらい、その一番奥で過ごすので遠いこと遠いこと。
なかなか近くに来てくれません。
ひっきりなしに車が通る道路、さっと撮ってさよならしました。
c0233349_20380596.jpg

c0233349_20382747.jpg

c0233349_20383963.jpg

c0233349_20384639.jpg

c0233349_20385435.jpg

c0233349_20510071.jpg

c0233349_20391510.jpg


今日は、二人しかボランティアがいません。
前から聞いていたので覚悟はしていきましたが、元気盛りの子どもたち、一緒に動くだけでも精一杯。
それでも元気をもらって帰って来ました。

最近通い始めた歯医者さん、埼玉の歯医者さんは長年通っていましたけれど、行くのも大変。
やはり変えようと。
こちらの方々にお聞きして。
若くて親切で、しっかり状態も説明してくれて、治療計画も伝えてくれます。
予防をとても重要に考えていて下さること。
画像とデータで、可視化してくれること、出会えてうれしい限りです。


by akaiga-bera | 2019-10-15 21:12 | Trackback | Comments(0)

ムナグロの群れに・・・夏水田んぼで

c0233349_19311523.jpg

他のシギさんを見ていると、いつの間にかクロに表れたムナグロさんの群れ。
少し夏羽から移行しているように思いますが、本当に個体差が大きいですね。
きっと今年生まれの幼鳥も混じっているのだと思いますけれど、よく分かりません。
しばらくくつろいで行きました。
c0233349_19312596.jpg

c0233349_19313985.jpg

c0233349_19314820.jpg

c0233349_19315751.jpg

c0233349_19320779.jpg

c0233349_19322789.jpg

by akaiga-bera | 2018-10-06 06:33 | Trackback

タカブシギ・・・今年も遇えました!

c0233349_14080256.jpg


水鳥さんたちが集う「夏水田んぼ」、みな忙しく水の中にくちばしを突っ込み、お食事。

シギさんは見分けもつかず、分からないと決め込んでいました。

少しずつ特徴と名前を覚えて、あらためて観察すると、奥深そう。

ほんのわずかの水の場所を好むもの、少し深めの水がお気に入りのもの・・・何を食べるかによって田んぼの選び方も異なるよう。

勉強していく必要がありそうです。

シギやチドリさんの目は概して優しい。

大きなものが餌となっていないからでしょうか?

タカブシギさん、白く長い眉斑とうろこ状に見える体が特徴的、中程度の大きさのシギさんです。

c0233349_14081437.jpg

c0233349_14082394.jpg

c0233349_14083552.jpg

c0233349_14085117.jpg


「夏水田んぼ」で思い出したのですが、以前、宮城県の伊豆沼と蕪栗沼にマガンやヒシクイさんのねぐらだちとねぐら入りを見に行ったことがあります。
迷って地元の方にお聞きすると、このあたりは「冬水田んぼ」といって、渡り鳥さんたちの水場を作っているんですよ  と。
あちこちに鳥さんを守る人々がいらっしゃる。
鳥さんが生きていかれない自然は人間にとってもいつか・・・・。
お互い共生する・・・大切なことなんですね。

お庭で採れたブルーベリー、熟れたものを毎日少しずつですが冷凍ストックして置いたのを今日ジャムに。
少し生のままでいただいたりもしましたが、一パック・・・こんなに採れるなんて思いもよりませんでした。
少し前、いつも行かないスーパーで見つけたペクチン。
ジャム作りには欠かせなくて・・・料理用につかえるものを探していました。
早速使ってみると、やはりジャムらしくなって大満足。
我が家産のミニトマト、少し飽きてきているようで消費しきれません。
これならトマトもジャムにしちゃおう。

昨夜のサッカーW杯オーストラリア戦
若い力の台頭を感じました。
オーストラリアの選手も、湿気の多いなか、本当につらいようでした。
決勝トーナメント出場、おめでたいです。

●いつも政治の世界は汚い。
 権力者に富が集まるシステムを作ってしまうのだから。
 正直者の庶民はだまされっぱなし。
 次年度の各省庁の概算要求は100兆円にものぼるという。
 実際にはそれぞれもう少し削減予算になると思いますが、それでも35兆円ほどは借金で回すことになるという。
 防衛省は5兆2000億円と過去最大。
 島しょ防衛用のミサイル研究費に100億円。
 一方社会保障費は1300億円削減。
 北朝鮮危機で国民の不安を煽り、防衛予算は安倍政権になってから毎年増加。
 真に国民を守るとは武器をそろえるのが仕事ではありません。
 絶対に再び国民を戦争に巻き込まないでと切に願います。

今治の加計学園の設計図が流出。
 建物は国家戦略特区として新分野の研究ができる建物になっていず、安普請という。
 とてもBSL3の研究ができるしろものとは言えないそうだ。
 普通に建てれば坪単価150万円は超豪華なもになるとのこと。
 概略でも50ないし60億のもお金がごまかされているのではないかと。
 要するに補助金詐欺事件。
 今治や愛媛県の議会で、この問題が追及されています。
 いずれ解明されるでしょう。

胸キュンでした
 今日は防災の日。関東大震災の日です。
 地震国である日本にとって対策こそがいざというときの助けになります。
 地震のたびに原発大丈夫かなと考える日々を無くしたいです。

 2学期が始まる今日は「心の防災の日」にしたいですね。

 ※上の動物園公式HPより
  学校に行きたくないと思い悩んでいるみなさんへ
 
 アメリカバクは敵から逃げるときは、一目散に水の中に飛び込みます。
 逃げるときに誰かの許可はいりません。
 脇目も振らず逃げてください。
 もし逃げ場所がなければ、動物園にいらっしゃい。
 人間社会なんぞに縛られないたくさんの生物があなたをまっていますから。
 
 

by akaiga-bera | 2017-09-01 14:38 | Trackback

旅人たち3・・・タカブシギ

c0233349_22173563.jpg


全長23センチ、一羽での旅。くっきりした眉斑が特徴でしょうか。大陸のタイガ近くの湿地で子育てをするそうです。

c0233349_22265688.jpg


c0233349_22271859.jpg


c0233349_22274490.jpg


c0233349_2228183.jpg

ソリハシシギさんと。
c0233349_22283746.jpg

色の抜けたコチドリさん、何か別の鳥さんのよう・・・。
c0233349_237214.jpg



農産物直売所を訪れると、もう栗がでていました。
今年も栗の渋皮煮を作ろうと思うけれど、大きいのがなかったので、次の機会に。
渋皮煮は剥くだけで本当に大変な作業なので、この時だけは良いものを求めます。
梨やブドウも並んで、秋の味覚もそろい踏み、もうりんごも。
楽しみと共に食べすぎが心配。


地震や津波だけでも大変なことですけれど、復興は遅れてはいるものの少しずつ進んでいるようです。
一方原発事故で全域避難となった方々は今も帰れない方々だがいらっしゃいます。
楢葉町は5日全域避難解除ちとなったもののすぐに帰還できる住民は1割にも満たないとのこと。

原発事故の影響はあまりに大きい。
地方を訪れると、その地域の方たちの繋がりの強さに深く感動させられる事が多い。
今は帰れないこの地域の方々にもそんな平安な時間が流れていたのだ。
楽しい集まりがあり、祭りもあった。
帰れることになっても、放射線への不安や病院などの問題から帰ってそこで子育てする環境にはなっていない。
原発事故によって破壊されたのは、地域のつながりと地域の文化の継承。
同じ悲しみを再び起こさないためにも、原発からの脱却を目指さなければいけないと思います。

昨日、日本テレビに3:00~安倍首相が出演。
短い時間で、安保法案を語り尽くすことはできないと思いますけれど、反対の意見の人がいないような番組にしか出ないんだなあと改めて感じました。
周辺の環境が変わったことを重点的に述べていましたけれど・・・結局、国会での答弁と同じ。
日本テレビに出るなら他の主要な局にも出てほしい。

新国立競技場も白紙で見直しになったし、エンブレムも撤回されました。
安保法案も世論調査では今国会でぜひという方の方が少ないのですし、白紙撤回、再度見直ししたらどうなのでしょうか。
新国立やエンブレムにはすでにたくさんの税金が違約金等で使われている・・・、安保法案は取り下げても税金の負担はありません。
by akaiga-bera | 2015-09-06 07:33 | Trackback