タグ:シマセンニュウ ( 8 ) タグの人気記事

回顧(21)シマセンニュウ・シジュウカラ・サンコウチョウ 2009年~2011年

シジュウカラ: 
 桜に:北本市桜公園
c0233349_15155848.jpg

 梅に:北本自然観察公園
  つぼみを食べに来たようです。
c0233349_15160788.jpg

 梅のつぼみを咥えて、下は梅の花びらを
c0233349_15161429.jpg

 雪の日に:北本自然観察公園
 雪の日は葦の中に巣喰う虫さん狙い、葦をはがしています。
c0233349_15162055.jpg

 緑の中で:渋川市
c0233349_15162724.jpg

 幼鳥:渋川市 どことなくあどけないのがかわいい。
c0233349_15163896.jpg


サンコウチョウ:都幾川町
c0233349_15172261.jpg

初めて見て驚きました。青い目と長い尾。
c0233349_15173055.jpg


シマセンニュウとか:川島町
c0233349_15240688.jpg

渡り途中。定かではありませんが、また聞きで。
c0233349_15235554.jpg



by akaiga-bera | 2019-01-14 15:48 | Trackback

北海道編 シマセンニュウ・・・優しい緑に溶けるような色でした!

c0233349_15212490.jpg


唯一お花がらみで撮れた原生花園。天候も悪く、このまま峠に登ろうとみなで決めたのですが・・・

友人が、狭いけれど、以前来たとき、鳥さんもたくさんいたから、一回りして行った方がいいと奨めてくれました。

その言葉の通り、すてきな場所。

シマセンニュウさんの繁殖は国内では北海道のみだそうです。以前、野付半島の先端と釧路の海岸際であったことがありました。

優しい色ゆえ、目が印象的で引き込まれます。
c0233349_15213895.jpg

c0233349_15215660.jpg

c0233349_15220909.jpg

c0233349_15222795.jpg

c0233349_15223687.jpg

c0233349_15224816.jpg



各地で大雨。本当に最近の天気は激しさを増しているように思う。
お知り合いから頂いたカレンダーの7月は、蓮池のヨシゴイさんです。
あ~あ、もう一年の半分も終わったんだ。
時間の経過は速い。
こんな風に日々をなにげに過ごしているうちに終わるのかなあ・・・。

河内晩柑、ホントおいしい。ずっと探していたのに遇えず。
北海道に行く前、友人の家で見つけた。
早速お取り寄せ先をお聞きし、一昨日届いた。
大きさもまちまちのB級品だけれど、食べるに問題ない。
優しい酸味に食が進みます。
皮も捨てたくない、これからマーマレードに使います。


『水道民営化法案』が決まる

現在、市町村単位、あるいは近隣の自治体単位で行われている水道事業。
必ずしも各水道企業団の経営は順調ではありません。
しかし、私たちの生活を支える『命の水』を安全に私たちに供給してきてくれました
私たちには無くてはならない公的運営です。

しかし、今回、ほとんど多くの方々が知らないうちに衆院委員会で可決された『水道民営化法案』。
ほとんど、審議なし。たった二日で採決、もちろん反対の野党も数がないのですんなり決まりました。

この法案をよく読むと、『国家戦略特区法』と同じく、内閣総理大臣主導で、内閣総理大臣が独裁的に水道事業を企業に差し出せる法案
加計・森友問題と同じく、水道事業の権利が特定の業者に独占される可能性が十分に考えられます。
今のところ安全な命の水、公的な力で守るべきものです。

営利を目的とした企業はもうけを追求します。
水道の権利の独占は高い水道料につながるでしょう。
諸外国では、民営化後、貧しい人たちが水を確保することも厳しい状況になり、再び公的サービスとして行うようになった国もあります。

JR北海道や郵政の民営化によって、地方の人々の暮らしは困難を極めています。
私企業は儲からないことはしません。
結果、JR北海道は不振のまま、企業努力だけではどうにもならないし、地方の過疎化で廃止になった局も多々、不便をかこっています。
国債的な水道の企業も狙っている日本の水道事業。
生活の根本を、公的サービスから外すことには反対です。
この間政府が決めてきた法律は、国民のためにならないものが山ほど・・・私たちが日々の生活に追われているうちに、どんどん決まっていきます。
安倍政権の怖さは尋常ではありません。


未公開映画『Flow』・・・水の大切さを教えてくれます。

米国在住の映画評論家 町山智宏さんおすすめ。長いですけれど、身が引き締まりました。









by akaiga-bera | 2018-07-05 15:23 | Trackback

シマセンニュウ・・・北海道後篇

北の花園のシシウドには、たくさんの虫が集まってくるようです。そんなシシウドの群生する場所でシマセンニュウさんに遇いました。

まだ囀っているので子育てはこれからなんですね。シシウドのうしろや周りはエゾカンゾウやノハナショウブが点々と。

c0233349_21501912.jpg


c0233349_21503535.jpg


c0233349_21505228.jpg


c0233349_215279.jpg


c0233349_21522499.jpg

遠くのエゾカンゾウの中 ノビタキさんかな。
c0233349_9563733.jpg


c0233349_9421616.jpg

by akaiga-bera | 2014-07-30 07:14 | Trackback

シマセンニュウ…北海道後篇

ノビタキさんが♂♀で追いかけっこをしています。あわてて移動すると、草むらから出てきて、ノビタキさんに怒っていたのはシマセンニュウさんでした。

たぶん近くに巣があったのでしょう。威嚇しているのですけれど…とてもかわいくて思わずにっこりです。

特徴的な尾羽もしっかり見せてくれて…ありがとう。♂♀は分かりません。   ノビタキに続きます。

c0233349_21571444.jpg


c0233349_21574982.jpg


c0233349_21582684.jpg


c0233349_21591953.jpg


c0233349_2236544.jpg


c0233349_22361831.jpg


c0233349_22373193.jpg


c0233349_22375994.jpg


c0233349_22382738.jpg


c0233349_2241964.jpg

by akaiga-bera | 2014-07-27 05:58 | Trackback

シマセンニュウ・・・北海道後篇

半島の先端は来る途中よりはお花は少なかったのですが、小鳥はたくさんいたように思います。

カワラヒワ・オオジュリン・シマセンニュウ・コヨシキリなど。

あちこち動き回って囀っていましたが、良く見ているとお気に入りの木があるのですね。

美しい海岸にいるだけでも楽しいのにたくさんのさえずりに浸ることができて・・・。幸せな時間でした。

c0233349_22442366.jpg


c0233349_2232914.jpg


c0233349_22325329.jpg


c0233349_22332091.jpg


c0233349_22335933.jpg


c0233349_2245768.jpg


c0233349_22454845.jpg


c0233349_22462036.jpg


c0233349_94732.jpg



北海道から帰った翌日、色々な荷物が届き、忙しい日だわと思いながら対応していると、○○さんですか、毎日新聞ですが・・・と。
なんと私の財布を拾ったと。
バッグの中を調べると、確かにない、そして手にされていらしたのは紛れもない私の財布。

先に気がついていたらきっと相当に慌てたことでしょう。
免許証も・さまざまなカードも・・・そして思い出の品も。
きっとタクシーを降りたときに落としたのでしょう。
深く深く感謝。

それにしてもハンカチでもすぐになくして戻ってこないものもあるのに、古くてもう飽いているのにずっと離れないものもあります。
もしかしたらこの財布もそうかな、大切にしよう。

それにしても拾って届けてくださった方に再び最敬礼。
by akaiga-bera | 2014-07-21 09:57 | Trackback

シマセンニュウ・・・北海道にて8

コヨシキリさんとシマセンニュウさんはとても見分けが難しい。

区別するとしたら囀る声の違い、住んでいる場所の違いでしょうか。

この時も少し離れたところでコヨシキリさんを撮っていましたが、違う鳴き声がするので車を進めると・・・。

葦だけでなく灌木と混じったような場所、葦原なら少し丈の低い他の木も混じった場所にいるように思います。

c0233349_5485035.jpg


c0233349_5491827.jpg


c0233349_5501665.jpg


c0233349_5504052.jpg

前の記事で触れましたが、霧に閉ざされた春国岱、声だけが存在を知らせます。近づくと・・・やっと確認できました。
c0233349_601451.jpg


c0233349_603132.jpg

雨の中、植物たちもぐっしょり。
c0233349_68392.jpg

道東の海岸線はいつも霧がたちこめるのか、こんな風景も。
c0233349_5562563.jpg

by akaiga-bera | 2014-07-04 07:00 | Trackback

北海道にて・・・シマセンニュウ?

北海道からはもうすぐ紅葉の便りも届くころになってしまいました。

まだ、少し放っておいてある画像ももう賞味期限がきれてしまいます。

シマセンニュウでしょうか。可愛い優しい感じの小鳥さんでした。

c0233349_10101611.jpg


c0233349_10103910.jpg


c0233349_10111562.jpg


c0233349_10141233.jpg


c0233349_10115176.jpg

by akaiga-bera | 2013-08-31 09:45 | Trackback | Comments(10)

海辺の草地・・・シマセンニュウ・ノビタキ

太平洋に続く浜辺。こちらでは通過するだけの小鳥さん達が、揃って子育てをしている・・・。

草叢からはオオジシギさんの奇妙な声が・・・。声が動くので動き回っているのが分かる・・・。

黄色のセンダイハギと紫のアヤメ?ノショウブかな?・・・アカツメグサやマーガレットも・・・。

同行の方がアリスイさんを撮ってらした・・・。

少し先に歩を進めると、草叢から顔を出したのは、シマセンニュウさん。やわらかな優しい色がとてもさわやかな感じでした。一度だけの出遇い・・・。

c0233349_21115953.jpg


c0233349_21123472.jpg


c0233349_21131793.jpg


ノビタキの若者がまだ危なっかしそうに・・・。若者とは今年初めて。
c0233349_21191293.jpg


c0233349_21193383.jpg


こちらのお山の湿原と道東はちょうど同じくらいの気候なんですね。レンゲツツジがところどころに。センダイハギも群生すると一段と・・・。
c0233349_21145238.jpg


c0233349_2117462.jpg


一枚のはがき・・・。
事務連絡だが・・・ふっと感慨深く受け取った・・・。
大きな事実を含んだ手紙・・・。
捨てられるはがきだけれど・・・。

中3の時の同窓会が9月にと別のはがき・・・。
丸5年・・・あいたけれど・・・みな元気のはずだ・・・・。
懐かしい顔に会いに行こう。
by akaiga-bera | 2013-07-05 07:48 | Trackback