タグ:サンコウチョウ ( 26 ) タグの人気記事

一心に・・・サンコウチョウ♀

c0233349_836456.jpg


カラスの気配がしたり、ヒヨドリさんが巣近くに近づくと、一体どこから見ていたのでしょうと思われる程、瞬間に追いかけて、巣近くから追い払います。

餌運びも巣への気配りも♀の頑張りが目立っていました。

♀も♂には劣りますけれど、美しいブルーのアイリング、そして♀の美しさは赤茶の背の部分かもしれません。

♂はフィフィフィホイホイホイと啼きますけれど、♀も鳴いていました(全く♂とは異なりますが・・・)。

一生懸命な子育ては見ていて頭が下がります。

c0233349_83763.jpg


c0233349_8372796.jpg


c0233349_8374798.jpg


c0233349_8381080.jpg


c0233349_8382615.jpg


c0233349_8385355.jpg


c0233349_10304248.jpg



冷蔵庫に入れないとすぐに食物が傷んでしまう。たいへん。

EU離脱の結果は、多くの専門家や世界の国々も予期せぬことだった。
予想しない結果にみなあたふたと。
それもあって余計に反応が大きかったのかもしれない。

沖縄慰霊の日に安倍さんが地位協定の大幅見直しを要請するという言葉を。しっかり実行してほしい。
今までも米軍がらみの事件・事故が起きる度、同じようなことを言っていたけれど・・・一向に解決しないでここまで来てしまった。
約束は守ってね。言うだけじゃダメ。

作家の諏訪哲史さんが小冊子に寄せた文『「自衛」ということ』、とても胸を打った。

 与党が数にものをいわせて強行採決・施行した安保法、その集団的「自衛」権には、国際法の解釈いかんで「先制攻撃」の可能性も含まれる。
「A国がミサイルを撃つ構えを示したため、B国と協力して発射基地を先制攻撃した。
落命したA国人数十名の冥福は祈るものの、自衛の処置ゆえ致し方なく、我が国に非は一切ない」・・・。
例えば「自衛」とはそんな大量虐殺罪の、都合のよい言い逃れにも使われうる。

 つまり集団的自衛権とは集団的先制攻撃権でもあり、それを各国が振りかざし、殺人の罪をいくらでも自衛と解釈できるのが、この野蛮な現代世界である。
だが、戦争放棄を謳った憲法九条が、戦いの火ぶたを切る「先制殺人」を許すはずがない。

    まだ続きますので、More に。

More
by akaiga-bera | 2016-06-25 09:49 | Trackback

美し、青い目・・・サンコウチョウ♂

c0233349_1640286.jpg


♂のアイリングは鮮やかなシャインブルー。毎年、このアイリングを見る度美しい鳥だなと感心します。

また♂の長い尾は飛ぶときにくねってとても躍動感があります。

サンコウチョウさんを撮るときはいつも暗い森な上に曇りや雨、かなり感度を上げての撮影、シャッター速度が上がりません。

動いたところを撮るには私には至難の技、柔らかな尾の動くさまをお伝えすることができません。

巣立ちまでには様々なことがあったようですが、すでに無事巣立ちました。

お知らせいただきました方々、撮影可能な状態をつくって下さった方々に心からのお礼を申し上げます。

c0233349_16404168.jpg


c0233349_16411858.jpg


c0233349_16414245.jpg

咥えた餌の翅が頭にかかって飛ぶ方向が定まらないようでした。
c0233349_164279.jpg


c0233349_16405317.jpg



雨が続く。
イギリスの国民投票は離脱ということになり、これから世界経済に与える影響は計り知れないようだ。
結果を受けキャメロン首相は辞職すると・・・。
そして残留派の多かったスコットランドは改めて独立を模索するという。
国民投票って恐ろしいのだなと胸が震えた。

大きな犠牲を払った日ロ戦争のあと講和条約に抗議の焼打ち事件が起こったことを思い出した。
感情的な勢いが国のいく末を左右してしまうこともある。
太平洋戦争もそれを許すには国民の積極的ではないけれど肯定があった・・・。
それいけという人々もあり、そうするべきだという空気があったことは否めない。
無関心もそれを許した力となった。
私たち一人一人がしっかり考え、政治の行く方向をしっかりチェックしなけばならないんだなあとつくづく思うイギリス国民投票の結果。

戦後71年、平和はナショナリズムを生むのかなと日本の現状の空気も含めて思った。

日本の財政再建もますます見えなくなってきてしまったかと思う。


こんな大きなニュースのときに不謹慎かもしれないが。
サンコウチョウさんの撮影中、♂のあくびを撮られた方がいらして、サンコウチョウさんのお口の中が緑色なことを知った。
緑をいっぱい食べたような美しい緑色、いつか撮ってみたいなあ。
by akaiga-bera | 2016-06-24 17:08 | Trackback

サンコウチョウ・・・お母さん

お父さんに比べると地味ですが、ヒナを見つめる目やかいがいしく糞を運びだす姿にヒナへの愛情があふれていますね。

なかなかきれいに撮れないのですが、雌の背中は美しい少し深い色の赤茶。時々日に当たると、本当にきれいだなと・・・・。

子育て、順調かなあ。

c0233349_15542947.jpg


c0233349_15544641.jpg


c0233349_1555519.jpg


c0233349_15554015.jpg


c0233349_15555863.jpg

もうこれ以上はというほど長く首を伸ばしておねだり。
c0233349_15561597.jpg

コアジサイ・・・自分を花にたとえれば強じんな雑草かな、日陰が好みの消え入りそうな花に惹かれるのは自分には無いものを持っているからかも・・・。
c0233349_1714585.jpg



ずっと雨模様の日がが続いたので待ち焦がれていた太陽。
でも贅沢なもので急に高温や直射日光にさらされて…いくじのないこと!長くお外にはいられない。
お洗濯ものはスッキリ乾き久々にパリパリシーツ。

娘との話も中3になった孫娘のことが多く話題に上る。
両家でたった一人の孫娘、健康で明るく優しい子に育ってくれることが一番とみな思っているので、だれもプレッシャーをかける人がいない。
そんなわけで「私くらいかけてもいいでしょ」と娘。
「でも、みんな使いきってしまって、もう伸びしろがなくなったゴムみたいになっちゃってももねえ」
子育ては難しい・・・・・。

参院選挙の違憲になっている選挙区の定数是正のために行われる「合区」。
国会議員の身分に及ぶ話なので歯切れが悪い。
こういうところに、議員は本当に国民のためにって思っているのかなあって感じてしまう・・・。
今の自民党のやり方では参議院はあってなきに等しいのだから・・・数はぐんと減らして…国会議員は各地方ののことではなく「国のあり方」をになってほしい。
お国が地方に多くの部分を任せて省庁がもっている大きな権限を委譲して中央集権を少し変えればいいのにね。
地方は地方で地域住民のために頑張れるし生活密着なら少しは予算の無駄使いもなくなるかも・・・。
そうすれば国政選挙は全国一区とし、衆議院参議院とも比例代表にして、死票を失くして、党も国民のためにと頑張るかもしれない・・・・いい方法はないものかな。
by akaiga-bera | 2015-07-11 08:13 | Trackback

サンコウチョウ・・・巣立ち

昨年は初めて巣立ちの場面を見ることができましたが、早朝、暗いスギ林の高い位置、画像は全て消去。

今年は比較的明るい場所、それも巣立ちは日中、おかげで巣立ったヒナを見ることができました。感謝です。

この日、親鳥は巣立ちを促すように、餌をもたずに来ることもしばしば・・・ヒナたちは、巣の縁に乗ったり羽ばたいてみたりで今にもという感じでしたが、それでもなかなか飛び立ちません。

一羽が右手に飛びだしました。下にいたお友達は巣を蹴る場面と離れる瞬間を撮ることができたのですが、私は2mほど離れた枝に飛び付いたところでシャーターをきることができました。

新しい世界に自分の力で、すてきな瞬間、心がざわざわと・・・。

一羽の巣立ちのあとしばらく待ちましたが帰宅しなければならない時間、後ろ髪を引かれる思いで撤収・・・この日残りの3羽も巣立ちしたそうです。

c0233349_6322065.jpg


c0233349_6323646.jpg


c0233349_6325649.jpg


巣に餌を運ぶ親鳥、何度も何度も。長い尾の動きが柔らかな線でとてもきれい。
c0233349_6412859.jpg


c0233349_6361519.jpg


c0233349_6363572.jpg


c0233349_6371281.jpg


c0233349_6372957.jpg

近くのお宅に、オミナエシが色づき始めていました。
c0233349_6385239.jpg



昨日は、久しぶりに歌舞伎に。
雨なので野鳥撮影については諦めなのですが、雨の中集会をやっていらっしゃる方々もいるんだろうなと思うと少し心にチクリと痛みを感じながらのお出かけ。
「四代目 中村鴈治郎襲名披露」
姉や友人たちはずいぶん以前から何度も見ているようで、色々知っていましたが、娘は2度目、私は4度目、イヤホンガイドの助けがなかったら、恐らく???だったことでしょう。
新装なった歌舞伎座ではなく「パルテノン多摩」
襲名披露の口上を聞くのは初めて。最後の「連獅子」は以前も見たことがあるのですが、踊り手によって違うものですね。
17歳の虎之助の舞は若者らしく躍動感にあふれ、とてもすばらしかった・・・。

Moreに続きます。

More
by akaiga-bera | 2015-07-06 07:13 | Trackback

サンコウチョウ・・・巣立ち前日

青いアイリング、長い尾・・・何度見ても美しい鳥さん、さらに「月・日・星 ホイホイホイ」と聞きなしされている声にも惹かれます。

本でしか見たことのなかったサンコウチョウさんに初めて遇った時のことは今でも忘れません。

山道の真上に巣作りしているのを見て、多分放棄してしまうだろうなと思っていたのに、元気なヒナが4羽。

成長も早く、予定ではもう3日ほどあとと思っていたのですが、この成長ぶりを見て、皆様多分明日だなと。本当に翌日、巣立ちしたのでした。

親鳥のヒナを見る目やしぐさがとても愛情深い感じ、家族の風景・・・いいですね。

c0233349_160756.jpg


c0233349_1602265.jpg

餌はどの子にも公平に。親には微妙な違いがちゃんと分かるんですね。全身でアピールするヒナ、ほんとかわいい!
c0233349_161663.jpg


c0233349_1612298.jpg


c0233349_1614187.jpg


c0233349_162352.jpg

山道を少し下った開けたところにビワが熟れていました。ビワを見ると思いだす小学校の音楽の本のぺージ。
ビワが熟れ、リスが数匹、ハンモックに赤ちゃんがすやすや・・・「ゆりかごーのうたをカナリヤがうたうよー」・・・。
c0233349_1622254.jpg



例や体験を踏まえての話は説得力がある。
一方、抽象的言葉の羅列は、言葉だけが先走りしてして・・・。
昨夜のNHKスペシャルでの各党の意見、1時間半だったけれど、短くてなかなか本質には近づけなかった感あり。

Moreに続きます。

More
by akaiga-bera | 2015-07-05 06:37 | Trackback

サンコウチョウ・・・巣立ちヒナに餌運び

この2羽の他に、上の枝に1羽、下の枝に1羽。ごちゃごちゃの杉の木はかっこうの隠れ場所に。

「おかあさん」「おとうさん」「おなかすいたよ~」
c0233349_15561298.jpg

おとうさん。
c0233349_15562524.jpg


c0233349_1621742.jpg


c0233349_1623418.jpg


c0233349_15584670.jpg


c0233349_15572890.jpg

おかあさん
c0233349_1632726.jpg



今日からさまざまなものが値上がりするそうだ。25ヶ月、実質賃金は減り続けている。
そしてそのしわ寄せは勿論年金以外に収入のなくなっている老人に。
実際に国民年金だけでは生活が成り立たない。
大家族で暮らす場合はなんとかなるだろうが、核家族化が進み老人のみの世帯、一人だけの世帯も増加している。
国民年金を払い続けていても生活保護費よりも少ない支給額なのだから・・・。
安倍さんがやるべきは軍事費増額ではないと思うのだが・・・。
国民の多くは実質的な生活レベルが下がっていることを実感している。


Moreに続きます。

More
by akaiga-bera | 2015-07-01 13:39 | Trackback

サンコウチョウ・・・羽づくろい

巣立ちヒナを撮りたいと4度目。自信はありませんでしたがカメラマンもまだ14・5人。

もしかしたら遇えるかも・・・。しばらく待ちましたが、親鳥たちがヒナに餌を運ぶのでおおよその位置は分かりますが見つかりません。

やはり難しいんだと諦め帰ろうとすると、「ヒナが2羽まとまってる!」との声。すぐ近くだったのでレンズをのぞかせていただくと…おお、かわいいヒナが。

自分でレンズを向けてもなかなか分かりません、何度も教えて頂きやっと。おかげで初めて巣立ちビナを撮ることができました。お名前もうかがわずでしたが、ありがとうございました。

これはそのあと、お席を譲って帰ろうとしたとき、♂が水の方へ。しばらく待つと近くに。初めてです。落ち着いて設定し直せばもう少しきれいに撮れたかなとせっかくの場面に・・・反省しきり。

c0233349_9404510.jpg


c0233349_941037.jpg


c0233349_9411326.jpg


c0233349_9413229.jpg


c0233349_9415397.jpg


c0233349_9421056.jpg

子育てを終わるころ、ブルーのアイリングも色覚めて、長い尾も無くなるそう・・・旅にはこの優雅な尾は邪魔ですものね。
c0233349_9422640.jpg

梅干しは大の苦手ですが、梅酒も梅ジュースも梅ジャムも大好きです。おいしそうでしょ。
c0233349_9474867.jpg



ウインブルドンの季節、寝不足になります。
昨夜の錦織選手、勝ちましたけれど今後の試合心配。
中二日、ゆっくり体を休めてほしいですね。

報道も個人も自分たちの立場・考えを気がねなく述べられる社会があってこその民主主義。
どこかの国では言いたいことを言ったら命の危険がある・・・。
上に立つ者の考えが絶対正義だなんてそんな国にはなりたくない。
戦争中も戦争反対を表だって表明したら捕えられたり、非国民とパージされたり・・・。
賛成も反対もあってそれぞれがぶつかり合い、より良い方向が決まっていく、時間がかかってもその過程が大切だと思う。

Moreに続きます。

More
by akaiga-bera | 2015-06-30 07:33 | Trackback

サンコウチョウ・・・今年もうまくいきませんでした!

サンコウチョウさんには毎年のように遇えているのですが、いまだかつてまともなものは撮れていません。

暗いところだともうお手上げですし・・・場面もしかり。

いつか長い♂の尾をきれいに撮ってみたいです。

また、今年は巣立ちの場面にも遇うことが叶ったのですが・・・薄暗い場所・時間帯・・・一枚も載せることができるようなものがありませんでした。

やはり根気よく通わないとダメなのですね。来年こそ・・・撮れますように。

サンコウチョウさんを撮るには何より情報がないと・・・自分では探せません。今年も色々な方にお世話になりました。ありがとうございます。

c0233349_12123824.jpg


c0233349_1224661.jpg


c0233349_1212215.jpg


c0233349_12161028.jpg


こちらは別の場所。尻尾の短い♂。ここだけかと思いましたら・・・時々あるようですね。
c0233349_12213154.jpg


c0233349_1221537.jpg

同じ場所なのですけれど、卵を抱いている♀のところにやってきた別の尾の長い♂。この時も場所が悪るく尻尾が分断されて。
c0233349_122932.jpg

by akaiga-bera | 2014-08-19 07:01 | Trackback

サンコウチョウ・・・子育て中

ここの♂は尻尾が短い。でも子育ては一生懸命でした。

しばらくして行ってみると、ヒナはもうだいぶ大きくなっていました。

与えるえさももうなんでもよさそうですね。

c0233349_2133036.jpg


c0233349_2131272.jpg


c0233349_2135719.jpg


c0233349_2135558.jpg


c0233349_2142078.jpg


c0233349_2151059.jpg



お仕事が一段落して・・若者達とお食事のあと花火。
昨年も同時期だからほぼ一年ぶり。
華々しいのもいいけれど線香花火はささやか・・・いいものですね。
お片付けもしっかりしてくれて・・・ありがとう。
by akaiga-bera | 2014-08-19 07:00 | Trackback

サンコウチョウ・・・交代

新しい画像も底をついています。夏の在庫でしばらくつながないと・・・。

サンコウチョウさんももう移動が始まったようですね。今は長い尾も捨てブルーのアイリングも鈍色に変わり、長旅のスタートです。

日本で繁殖した個体の多くは中国南部やインドネシアのスマトラ島などで冬を過ごすとのこと・・・遠いところまで・・・あまりの距離に旅の無事を祈ってしまいます。

暑さ寒さも彼岸まで・・・もう賞味期限切れかな。忘れちゃっていたサンコウチョウさんの♂♀交代の場面、ぶれてますけれど・・・。

c0233349_631487.jpg


c0233349_632466.jpg


c0233349_6324022.jpg


c0233349_633062.jpg


c0233349_6331946.jpg


c0233349_6333462.jpg


c0233349_6335115.jpg


c0233349_6341252.jpg


c0233349_6342799.jpg



週末は台風が・・・。
敬老の日のお祝いをしていただく側になって・・・なんだか複雑な気分。
まだまだ元気ですけれど。
by akaiga-bera | 2013-09-14 06:40 | Trackback