タグ:サンコウチョウ ( 24 ) タグの人気記事

回顧(21)シマセンニュウ・シジュウカラ・サンコウチョウ 2009年~2011年

シジュウカラ: 
 桜に:北本市桜公園
c0233349_15155848.jpg

 梅に:北本自然観察公園
  つぼみを食べに来たようです。
c0233349_15160788.jpg

 梅のつぼみを咥えて、下は梅の花びらを
c0233349_15161429.jpg

 雪の日に:北本自然観察公園
 雪の日は葦の中に巣喰う虫さん狙い、葦をはがしています。
c0233349_15162055.jpg

 緑の中で:渋川市
c0233349_15162724.jpg

 幼鳥:渋川市 どことなくあどけないのがかわいい。
c0233349_15163896.jpg


サンコウチョウ:都幾川町
c0233349_15172261.jpg

初めて見て驚きました。青い目と長い尾。
c0233349_15173055.jpg


シマセンニュウとか:川島町
c0233349_15240688.jpg

渡り途中。定かではありませんが、また聞きで。
c0233349_15235554.jpg



by akaiga-bera | 2019-01-14 15:48 | Trackback

サンコウチョウ・・・何度もヒナに餌を

c0233349_07234502.jpg

巣立ち後一週間以上は経っていたかもしれません。

でもまだ同じ森で過ごしていました。

よく撮れていないのですが、しばらく親鳥の行動を見ていると、子どもたちが見つかりました。

サンコウチョウさんは、他の鳥さんより孵化してから巣立ちまでが短く感じます。

とても幼く小さいのに、なんとか飛ぶんですよね、それがまた愛らしくて・・・今年はその巣立ちを見ることができませんでした、残念。
c0233349_07232636.jpg

c0233349_07223914.jpg

この梢の上の方に子どもたちが休んでいました。
c0233349_07225858.jpg

c0233349_07301761.jpg

c0233349_07310917.jpg

c0233349_07304014.jpg

c0233349_07312634.jpg



昨日は、草取りのお手伝いに。
実は・・いろいろなお仕事の中で草取りは大好きなものの一つ。
草と格闘しているとなんだかとても心が落ち着きます。
きれいになった部分を見つめるのも好き。

キュウリとナスとトマトを収穫しました。
黄色のトマトが甘くておいしい。
菜り立てのキュウリはハリハリと歯ごたえが最高です。

国会の閉会中審議を。
どういうわけかテレビ画面が揺れたり映らなくなったりと何が起こったのだろうと。
他の局に回して見ると全く問題なくて・・・。
前川さんの発言の時になるとそうなることが分りました。
最初は被害妄想かなと思ったのですけれど・・・何が起こっているのでしょう。
仕方なくスマホのネット中継で。

何度このような不毛な審議をやっても内閣府は、書類は捨てちゃうし、記憶にはございませんだし・・・あげくには官僚はすでに新ポストについていて出てこない。
形だけやっても意味ありません。
疑惑の中心の安倍さんが出てこないのだから、結局何も解明できない。
安倍さんのなんとしてもあったことを隠したいという気持ちは伝わってきます。
そういう態度を見るたび、この事件が私たちが考えているより根が深く、大きな事件であることが推察されます。
税金で多くの資金が投入され、その一部が安倍さんやその近くの方々・・・個人や建設会社に回っているのではとという事件であると思います。
問題なければ逃げる必要もなく、すべての書類を明らかにし、国民の前に・・・野党が言っていることや国民の皆様が疑っていることは誤りですよと明らかにすれば良いのだ。
常に真実は強い。逃げの姿勢こそ、真実を隠している証拠。

加計学園は「日本私立学校振興共済」から合計52億円の借り入れをしているとか。
 平成27年 24億7000万円
 平成28年 20億8000万円
 平成29年  7億円
このお金は土地建物・修繕費以外には使ってはならないということで貸し出しているもの。

市民グループが公開質問状を出しました。
何か別のところに使われているのではないかと・・・今疑惑が持たれているらしい・・・。
こちらもこれから解明されるでしょう。


今、安倍政権はさなざまな文書を破棄し続けています。
後世、時を経て、今が歴史の1ページになったとき、私たちの子孫が、時代を検証し歴史から学ぶためにも文書の保存は重要です。
それは私たち先人が残せる偉大な教訓であり遺産なのです。
そうなるべき文書を、働いた悪事を隠すために捨ててしまっている・・・。
今生きる私たち国民への背信であるばかりでなく未来を生きる私たちの子孫への裏切りでもあります。
何のための公文書管理法なのでしょう。
その趣旨を初心に返って肝に銘じたいものです。

昨日、前川前事務次官は、「私の役割は終わったと思う。知っていることはすべて話した。これからはまたボランティアを」と。
前川さんは、おそらく真実のみを話した・・・きっぱりと毅然と。
あとは国民の皆さんの力ですよ。どのような国にするのも と言いたかったのかもしれないと思いました。
紳士であられるなあと・・・・・・。

今日、共謀罪が施行に。
いつか子孫がこの年、平成29年7月11日を歴史の一コマとして勉強するときが来るのですね、私たちが大正14年の治安維持法を思い起こすように・・・。
そのときが、また恐ろしい戦争のあととならないことを心より祈ります。
そして、この法律の本来の目的、物言う人たち、時の政府と反対の意見を持つ人々の取り締まりに使われることのないよう、日本の未来が自由に意見を戦わせる国であってほしいと思います。
共謀罪が施行になっても、恐れずに・・・現憲法はこんな法律を許してはいないのだから。

by akaiga-bera | 2017-07-11 08:53 | Trackback

サンコウチョウ・・・巣立ち後、家族はまだ森ですごしていました

c0233349_07053009.jpg


もう巣立ち後一週間以上が経過していました。

まだ近くにいるのか不安でしたが、森をのぞきに。

森に入ると、特徴のある声が聞こえ、まだ近くにいるのが分りました。

少し目が慣れると暗い森ですけれど見つけることができるようになりました。

4羽巣立ちしたと聞きましたが3羽しか確認できません。

1羽は蛇にでもやられてしまったのかと気をもみましたが、家で画像を確認すると4羽、ちゃんと元気に。

安堵。
c0233349_07202850.jpg

c0233349_07174396.jpg

c0233349_07063104.jpg

c0233349_07055096.jpg



仕事を辞めて3ヶ月、毎日緊張する時間がなく、日常のことにのみ頭を使っている日々。
なんだかとても心もとなく、このまま朽ち果ててしまいそうな気分に陥ってしまいます。
まだまだやることはありますけれど、旧宅の処理も終わったら・・・いったい毎日何に心を向けていったら良いのかと思案してしまいます。

そんな中。
卒業生からラインで質問が。
ちょっとうれしい時間。
久々に頭の体操をしました。
なんだかちょっとうれしく、改めてこうして日常に埋没してしまってはいけないと思ったことでした。

都議選の結果を受け、国会では閉会中審査が行われることに。
しかし、そこに主役の登場はありません。
閉会中審査が行われることになっただけでも進歩と言えますけれど、「しっかり説明していく」と述べた安倍さんはまたもや説明責任を果たす気のないことが明らかになりました。
まあ、真っ黒な状況では、本当のことはしゃべれないということでしょうね。

状況的にはすっかり見えている森友・加計問題。他にもたくさんありますけれど.
嘘が通り道理が引っ込むような状況を日本の国民が是とするなら・・・
これで良いという人が多いなら・・・
それは国民全体がどういう道を選択するかという問題ですから、自分の意に反したとしても仕方ないのかなと思います。
太平洋戦争突入時にも、国民の気運は戦争に必ずしも否定的ではなかったのですから・・・。
自分がしっぺを受けるかもしれないというとき、勇気を持って反対意見を表出できるか否かという問題が自らに問われているのだと考えています。
また同じ過ちを繰り返し、家族や友人を失いたくありません。

間違っていても安倍さんに協力した人は出世し、そうでなかった人は左遷。
自分の周りをイエスマンで固めた安倍さんには見えないのでしょうか。
自分が何のマントもつけていないということが。
しかし、後の世、安倍さんがやった政治は決して評価されないと思う、汚名は残せても・

日経新聞に。
2016年昨年の税収が法人税収の減収が主な原因で、リーマンショック以降7年ぶりに前年度実績を下回ることが判明。
安倍政権は税収増を追い風にアベノミクスを推進してきたが、ここでアベノミクスが根底から問われることに。
もはやアベノミクスの果実はなっていないのです。

また株価ですが、
日銀の国債買い入れは日本のGDPを超える額となってもまだやまず。
GPIF年金基金の異常とも思える株買い入れ。
毎日取引終了前、160億円の買い入れが入っているそうです、それがなんとGPIFの資金。
独立機関と言いながら、私たちの年金資金は、安倍政権によって自由に使われ、政権延命のために株価が2万円を切らないようにしていると言えます。
大丈夫なのか、年金資金。

税制も18年度から控除額が38万円から22万円になるとか。
お友達にはたくさんの税金を使う便宜を働き、一般の国民には厳しく取り立てる、こんな勝手なことが許されるとは思いません。
財務省では、新たな増税手段を検討中とか。

税収減の中、安倍政権が、今年度予算で増やした3つ。
●防衛費
●土木作業費
●社会保障費 
社会保障費の多くは年金。
老齢人口が増加していくので仕方がないのかもしれませんが、その他は使い方を考えてほしいものです。

北朝鮮の脅威を強調しただけで、G20に出かけていった首相。
本当に危険なら、日本に残って対処してほしいですね。
いなくても大丈夫ということでしょう。



by akaiga-bera | 2017-07-06 06:07 | Trackback

サンコウチョウ・・・巣作り中でした!

c0233349_08372318.jpg

こんな状態の時に行く予定ではなかったのですけれど、やはり巣は見つけておかないとと。

放棄してしまったら、かわいいヒナを見ることはできません。少しの時間だけと決めて。

あとでお聞きしましたら、このまま作って定着したということです。 よかった。

今は静かに。ヒナが孵ってえさ運びをするようになったらまた。

巣は半分ほどまで。こけや蜘蛛の糸をくっつけて作っています。

このシーン、とってきた巣材を体で押しつけて密着させていました。

そうそう重い体とは思えませんけれど、一生懸命にこの作業を繰り返します。

雨にも負けない巣が完成したでしょうか。

c0233349_08370378.jpg

c0233349_08353169.jpg

c0233349_08351766.jpg

c0233349_08374063.jpg

c0233349_08355832.jpg

c0233349_09103125.jpg

久しぶりに会う夢多くんは、私が帰ってきてうれしいのか、興奮気味で、夜半ずっと鳴き続けていました。
まだまだ、落ち着いたとは言えません。
だれでも新しい環境に慣れるのは大変。猫ちゃんも同じですね。

ガビチョウさんの声が聞こえます。朝はホオジロさんが桜の木のてっぺんで。
お庭のあじさいが色づき始め、毎日眺めるのが楽しみ。

宇野首相がわずか数ヶ月で女性問題で辞めたときのことを思い出します。
マスコミこぞって叩いていましたね。
女性問題は、首相の品性の問題は問われるとしても、男女間で解決すべき問題。
そのことで日本国民に大きな被害を及ぼしたとは思いません。

今、安倍首相がやっていることは、首相周辺の人たちに利益供与という形で、国民の財産や市民の財産を食いつぶしています。
さらにこれからの日本を、戦前のように権力を持つ側に強大な力を持たせ、監視しあう息苦しい社会に導いてしまうことでしょう。
それをしっかり追求もせず、説明をせず・・・。
外国からも国連からも注意を受けるような法を作ってしまって・・・。
もうとっくにやめてもしかるべきです。

宇野さんの時と異なることは何なのだろうかと考えてみました。
 一つはマスコミの論調です。
NHKは「共謀罪」法案の審議も中継せず。私はネットで見ていますけれど、みんなが見られるわけではありません。
編集されたニュースで見えない事実が多々あります。
そして、読売・産経新聞、日本テレビ・フジテレビ、そして、論理が通らない官邸用語を繰り返すコメンテーター・司会者、本当にひどい。
国会の真の姿を伝えてません。

もう一つは、現政権のウソも恥ずかしくない姿勢です。
ウソはウソを生みます。
文科省からなかったという文書が出されましたが「限定的に」「限り」と付け加え、京産大を排除した文書、言っていないと官邸側萩生田さんは即刻否定しましたけれど、今治市の文書の中からそうは言い逃れできない内容が出てきています。

さらに、国民の従順さ。
安倍さんが「美しい国」といっても誰にとってかもどんなも目的かもはっきりしない言葉に感動するんでしょうか。
「共謀罪」成立後、安倍さんは会見で「国民の生命・財産を守る」ことができると言っていました。
国民の財産を乱用しているのは安倍さんとその周辺にいる人たち、まさにこの人たちの「共謀」こそ刑事事件に値します。
検察も動きません。

私たちはこの?????マークいっぱいの加計問題・森友国有地不当払い下げ問題、その他羅列すれば書き切れないほどの不正を絶対このままで終わりにしてはならないと思います。
閉会中でも、この問題に限る委員会をやるようまだまだ声を上げて行かなければ・・うやむやのまま終わりにすれば再び・三度繰り返されるかもしれないのですから。



by akaiga-bera | 2017-06-16 08:38 | Trackback

サンコウチョウ・・・暗い森も外は強い陽差しでした!

c0233349_10152464.jpg


前回は早朝に出かけて暗い森に悩まされましたので、今回は少し遅い時間に。

今度は森の外の強い日差しが・・・難しい撮影になってしまいました。

巣作りをしながら、恋も進行しているようで、このときはさえずってアピールしている様子。

今年も静かに無事に子育てが終わってくれるといいと思います。しばらくはもうそっとしておかなければ・・・大事なときです。

c0233349_10144544.jpg

c0233349_10142284.jpg

c0233349_10133045.jpg

c0233349_10130005.jpg

c0233349_10154486.jpg

女の子も待っていますよ。
c0233349_10160489.jpg


大方の荷物も片付き、捨ててもよい最低限の生活必需品だけを残して、後はきれいに清掃するだけ。
昨日はあっという間に伸びたお庭の草取りを。
勢いのよい今、なかなか追いつかない・・・草の勢いに押され気味。

アクアラインは何度も通ったことがあるけれど、先週木曜日初めて自分で運転して通った。
アクアラインよりもその前の高速の方が気になったが、特に問題なく・・・。
近かったあ。
目的の鳥さんは前日までいたようだったがとうとう現れることはなく残念だったけれど、セイタカシギさんの愛情あふれるシーンを撮ることができて大満足だった。

大正14年 1925年に制定された「治安維持法」
金曜日衆院法務委員会で強行採決された「共謀罪」法案。
この法律がどんなに大変なものか、歴史が証明している。
30時間なんて短い時間で国民に説明しきれるものではない。

今、多くの人たちは「テロを取り締まるのだから」「悪い人たちを取り締まるのだから」とそう重くは考えていないかもしれない。
しかし、この法律が対象とする犯罪の羅列を見れば、いずれ誰もがその対象になるかもしれない恐ろしい法律だということが分かる。
五輪を円滑に運営するためと大義名分を振りかざし、いままで歴代の内閣もずっと二の足を踏んできた憲法に違反する法律なのだ。

安倍政権は、国民にその本質を隠している。
法相だけでなく官僚たちの答弁も論理が破綻している。
隠そうとすればするほど、ますますいい加減に答えるしかなくなっている。
だからこそ一刻も早く採決してしまいたかったのだ。
あまりに国民を馬鹿にした話だ。

現代版「治安維持法」といわれる「共謀罪」法案。
歴史をひもとけば鳥肌が立つほど怖い。

大正末に「治安維持法」が施行された後、世の中はどうなっていったのか。
その3年後
1928年 昭和3年 特高警察が作られた(治安維持法が作られたとき、一般人は関係ないと言っていたのも今と同じ)
 世界恐慌
1931年 昭和 6年 満州事変
1932年 昭和 7年 五・一五事件
1936年 昭和11年 二・二六事件
1937年 昭和12年 日中戦争
1938年 昭和13年 国家総動員法
 第二次世界大戦勃発
1941年 昭和16年 太平洋戦争突入

大きな動きだけを並べてみても、「治安維持法」が時の政府や軍に反対する人々を押さえつける役目をしたことだけは明らかだ。
今、国会を通過するかもしれない・・いいえ数から言えば通過してしまう「共謀罪」法案。
本当にこのまま通ってよいのか考えなければならない。

世界的にナショナリズムが台頭し、自国だけがよければの風潮が見られる。
第二次大戦前の状況とよく似たところもあるのだ。

二度と繰り返してはならない、自分たちが意見を言うことのできない時代を作ってはならないと思う。
金曜、国会前で、6時間を過ごした。
怒りで満ちていた国会前。
特に維新・公明の議員たちが果たした役割、あまりにひどく、権力の座に少しでも近づきたいと思う方々の考えることは皆同じだと思った。

by akaiga-bera | 2017-05-21 12:21 | Trackback

サンコウチョウ♂・・・

c0233349_1123098.jpg


今頃、お子たちも大きくなって、やっと子育てから解放されているかもしれませんね。

飛ぶとき、美しい優雅な曲線を描くこの尾はまだ抜け落ちずに付いているかしら、それとも、もう抜けたかしら?

c0233349_11232535.jpg


c0233349_1123417.jpg


c0233349_1124834.jpg


c0233349_11244359.jpg

アフリカハマユウ・・・少し緑がかった白が涼しそう。そういえばシルクの白布を染めてお花をつくるのを習っていたときがあったのですが、お花のベースに必ず薄めた緑や黄緑を塗りました。
とても自然な色に仕上がって・・・人工のものを作るのにも気配りがあるんだなあと。
c0233349_842356.jpg



昨日、参院選の期日前投票に行ってきた。
最近はこの方法を利用する人が多くなっているように思う。
私達が現在の選挙権を手に入れるまでには様々な過去の時代の方々の努力があった。
絶対に無駄にしないことがまずは大切だろう。
期日前投票にもかなりの費用がかかる。
色々な意味で、無駄にしてはならない。

改憲勢力が3分の2を超えそうだと言う記事が出ていた。
与党に投票する人たちがみな改憲を望んでいるのだろうか。
前回の衆院選でも消費税が争点だと言い、今回も消費税、アベノミクスをこのまま力強く進めるか否かが争点だと言う。
衆院選後、安倍政権は数の力で、やりたい放題。
説明すると言いながら説明をすることなく、今回も憲法については脇に置いておいて・・・参院選後数がそろえば改憲発議ということになるのだろう。

自民党の憲法草案を見れば、余りに現憲法と異なる視点に驚き、恐怖を感じるけれど、みなそう変わってよいのだろうか。
少しは突き進む自民・公明のやり方を弱めるためにも、野党の力は強めねばならない。
国民そのものが右傾化して、戦争も辞さないという考え方なのかしら。
憲法は国の規範を変えるもの、多くの意見をたたかわして良い案を時間をかけて作り出していくべきだ。

数が整えば必ずすぐにでも改憲に着手するだろう。
by akaiga-bera | 2016-07-06 09:27 | Trackback

サンコウチョウ♀・・・巣立ちを促しますが

c0233349_10243364.jpg


巣からのぞく部分も大きくなりました。皆様の期待を裏切り、巣立ちの予想は可成りずれ込みました。

今年は尾が長い♂でしたが、残念ながらヒナは2羽です。

多分、卵は普通3・4個だと思うので・・・何かあったのでしょうね。

こんなに細い枝先なので、危ないのはカラスだけかと思いましたら、ヘビは高いところでも細いところでもどこでも登ってきて襲うそうです。

一人前に育つまでには、本当に苦労が絶えないのですね。

c0233349_10244811.jpg


c0233349_10245979.jpg


c0233349_10251336.jpg


c0233349_1045559.jpg


c0233349_10252513.jpg


c0233349_2322142.jpg

父の命日にみなの用事が重なって兄一人に墓参をお願いしていたのだけれど、やっと昨日。
姉の家庭菜園は、きちんと整備されていて、そこで育つお野菜は本当に立派。
新鮮なのをお土産に頂いた。
墓参中、兄が来て、家のヤマモモがたくさんなっていてちょうど熟れごろだからもいでいったらと。
6キロほども、蚊に刺されながら。ジャムは少しゴソッとするので、ヤマモモ酒にすることにした。


現行憲法の前文の一部

政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。』

現憲法では、国民の権利に主眼を置いているけれど、自民党案では『日本国民は、帰属する国や社会を愛情と責任感と気概をもって自ら支え守る責務を共有し』となる。
大きな違いがある、権利から国への義務を謳っているのだ。
国民を統治しやすい憲法といっても言い過ぎではない。
前文だけでも気になるところが山ほどある・・・。

追ってその他の条文についても見ていきたいと思う。
by akaiga-bera | 2016-07-01 06:25 | Trackback

サンコウチョウ♂・・・もう少しで巣立ちです

c0233349_1010264.jpg


最初に訪れたときは、巣から頭が出るのはほんの時々、それも嘴は見えないくらいでした。

親は一生懸命に餌を運び、糞をかたずけるなど、立派なイクメンぶり、ママにはかなわないようでしたが。

それにしても日差しも雨もよけることができる安定のよい場所に巣を作るものだと感心しますね。

お近くの方が、♂の長い尻尾は落として旅立つようなので、拾ってみたいなあと言っていましたが、みな同じ思いのようです。

c0233349_10104136.jpg


c0233349_10105340.jpg


c0233349_1011428.jpg


c0233349_10111524.jpg


c0233349_10171597.jpg



あっという間に一年の後半に、明日から7月。
何かを夢中にやっていないと不安というのもちょっと病気かもしれないと思ったりする。
心配や不安がある方がいいのかも。
心配事が少しずつなくなる・・・というより・・・心配しなくていい立場になっていくということなのかな。
それでいいのに、何だか落ちつかない。

65歳以上が国民の4分の1を越えたとの記事。
国自体も活気がなくなっていくのもいたしかたないことなのかな。
by akaiga-bera | 2016-06-30 09:03 | Trackback

一心に・・・サンコウチョウ♀

c0233349_836456.jpg


カラスの気配がしたり、ヒヨドリさんが巣近くに近づくと、一体どこから見ていたのでしょうと思われる程、瞬間に追いかけて、巣近くから追い払います。

餌運びも巣への気配りも♀の頑張りが目立っていました。

♀も♂には劣りますけれど、美しいブルーのアイリング、そして♀の美しさは赤茶の背の部分かもしれません。

♂はフィフィフィホイホイホイと啼きますけれど、♀も鳴いていました(全く♂とは異なりますが・・・)。

一生懸命な子育ては見ていて頭が下がります。

c0233349_83763.jpg


c0233349_8372796.jpg


c0233349_8374798.jpg


c0233349_8381080.jpg


c0233349_8382615.jpg


c0233349_8385355.jpg


c0233349_10304248.jpg



冷蔵庫に入れないとすぐに食物が傷んでしまう。たいへん。

EU離脱の結果は、多くの専門家や世界の国々も予期せぬことだった。
予想しない結果にみなあたふたと。
それもあって余計に反応が大きかったのかもしれない。

沖縄慰霊の日に安倍さんが地位協定の大幅見直しを要請するという言葉を。しっかり実行してほしい。
今までも米軍がらみの事件・事故が起きる度、同じようなことを言っていたけれど・・・一向に解決しないでここまで来てしまった。
約束は守ってね。言うだけじゃダメ。

作家の諏訪哲史さんが小冊子に寄せた文『「自衛」ということ』、とても胸を打った。

 与党が数にものをいわせて強行採決・施行した安保法、その集団的「自衛」権には、国際法の解釈いかんで「先制攻撃」の可能性も含まれる。
「A国がミサイルを撃つ構えを示したため、B国と協力して発射基地を先制攻撃した。
落命したA国人数十名の冥福は祈るものの、自衛の処置ゆえ致し方なく、我が国に非は一切ない」・・・。
例えば「自衛」とはそんな大量虐殺罪の、都合のよい言い逃れにも使われうる。

 つまり集団的自衛権とは集団的先制攻撃権でもあり、それを各国が振りかざし、殺人の罪をいくらでも自衛と解釈できるのが、この野蛮な現代世界である。
だが、戦争放棄を謳った憲法九条が、戦いの火ぶたを切る「先制殺人」を許すはずがない。

    まだ続きますので、More に。

More
by akaiga-bera | 2016-06-25 09:49 | Trackback

美し、青い目・・・サンコウチョウ♂

c0233349_1640286.jpg


♂のアイリングは鮮やかなシャインブルー。毎年、このアイリングを見る度美しい鳥だなと感心します。

また♂の長い尾は飛ぶときにくねってとても躍動感があります。

サンコウチョウさんを撮るときはいつも暗い森な上に曇りや雨、かなり感度を上げての撮影、シャッター速度が上がりません。

動いたところを撮るには私には至難の技、柔らかな尾の動くさまをお伝えすることができません。

巣立ちまでには様々なことがあったようですが、すでに無事巣立ちました。

お知らせいただきました方々、撮影可能な状態をつくって下さった方々に心からのお礼を申し上げます。

c0233349_16404168.jpg


c0233349_16411858.jpg


c0233349_16414245.jpg

咥えた餌の翅が頭にかかって飛ぶ方向が定まらないようでした。
c0233349_164279.jpg


c0233349_16405317.jpg



雨が続く。
イギリスの国民投票は離脱ということになり、これから世界経済に与える影響は計り知れないようだ。
結果を受けキャメロン首相は辞職すると・・・。
そして残留派の多かったスコットランドは改めて独立を模索するという。
国民投票って恐ろしいのだなと胸が震えた。

大きな犠牲を払った日ロ戦争のあと講和条約に抗議の焼打ち事件が起こったことを思い出した。
感情的な勢いが国のいく末を左右してしまうこともある。
太平洋戦争もそれを許すには国民の積極的ではないけれど肯定があった・・・。
それいけという人々もあり、そうするべきだという空気があったことは否めない。
無関心もそれを許した力となった。
私たち一人一人がしっかり考え、政治の行く方向をしっかりチェックしなけばならないんだなあとつくづく思うイギリス国民投票の結果。

戦後71年、平和はナショナリズムを生むのかなと日本の現状の空気も含めて思った。

日本の財政再建もますます見えなくなってきてしまったかと思う。


こんな大きなニュースのときに不謹慎かもしれないが。
サンコウチョウさんの撮影中、♂のあくびを撮られた方がいらして、サンコウチョウさんのお口の中が緑色なことを知った。
緑をいっぱい食べたような美しい緑色、いつか撮ってみたいなあ。
by akaiga-bera | 2016-06-24 17:08 | Trackback