タグ:キビタキ ( 79 ) タグの人気記事

表情がかわいい!キビタキ♀

c0233349_05252688.jpg


キビタキさんの女の子、かわいいですね。

1羽でやってきて、ゆっくり浴びて行きました。

お天気も悪くカメラマンも撤収した後、のんきにひとりいると出てきてくれました。

癒やされました!

c0233349_05253569.jpg

c0233349_05254696.jpg

c0233349_05255344.jpg

c0233349_05260210.jpg

c0233349_05261812.jpg


YOSHIKIさんが被災された方々に1000万円を寄付して下さった。
もう何回も、さまざまな被害に対して、1億以上になるそうです。
私たちの寄付は生活費の一部を削ったわずかなもの、たいした役には立ちませんけれど。
売名行為とおっしゃる方々もいますが、心が無いと出来ない行為と思います。
ありがたいことです。

この春、掘り上げて保存していたチュリップの球根を植えました。
来春、かわいい花をつけますように。
ルトベキアとテッポウユリの種を乾かしています。
アガパンサスはもうできあがり、来春蒔きます。

そういえば日本の農作物の多様性を担ってきた『種子法』が今年廃止になり、自家栽培が禁止に。
地方独特の品種もこれからは米国産の遺伝子組み換え種子に凌駕されて行くことでしょうね。
安倍政権はこんなところでも日本を壊している・・・。
水道も保険も森林も漁業も農業も・・・みな同じ道をたどる・・・。
これ、『日本を守る』って言ってる自民党のやってること、皆さん寛容なこころをお持ちです。

せっかくボランティアで楽しい時間を過ごしてきたのに・・・ニュースと国会のこと調べたら、また憂鬱に。



by akaiga-bera | 2019-10-17 05:50 | Trackback | Comments(0)

渡り途中のキビタキほか

キビタキ♂
c0233349_21461225.jpg

c0233349_21461979.jpg

c0233349_21462885.jpg


キビタキ♀
c0233349_21463632.jpg

c0233349_21464629.jpg

c0233349_21465570.jpg


オオルリ若
c0233349_21474841.jpg

c0233349_21475670.jpg

c0233349_21483689.jpg


うまく撮れませんでしたが、近くをミサゴさんが飛びました。
c0233349_21560679.jpg

by akaiga-bera | 2019-09-27 07:42 | Trackback | Comments(0)

水場のセンダイムシクイ・キビタキ♀

センダイムシクイさんの色はきれいですね。

でも、動きがすばやく、何枚も撮ることはできませんでした。
c0233349_23544717.jpg

c0233349_23550033.jpg

c0233349_23551110.jpg


キビタキさんの女の子。表情は愛らしいのですけれど、けっこう戦闘的です。

ジョウビタキさんも女の子の方が強いように思いますし・・・。

そういえば、もう冬鳥さんがやってくる季節が近づいているんですね。
c0233349_23254209.jpg

c0233349_23260106.jpg

c0233349_23261246.jpg

c0233349_23262160.jpg

c0233349_23263031.jpg


何のお花でしょう?少し盛りを過ぎているようです。加筆します。リョウブと教えていただきました。
c0233349_23255041.jpg



今日は、秋の雲がすてきでした。
いつの間にか、さわやかな秋風の季節。
明日は、お墓参りに。
我が家のクロッカス(タマスダレと教えていただきました)も咲いているのできっとお墓も満開のクロッカスで華やいでいることでしょう。


by akaiga-bera | 2019-09-19 23:26 | Trackback | Comments(2)

青い鳥:オオルリ幼鳥

c0233349_17010547.jpg


成鳥も美しいですけれど・・・幼鳥の全部青くないのもいいですね。

この子たちも来年また訪れる頃にはすっかり大人の色になっていることでしょう。

『青い鳥』、遇えるとなぜかうれしい。

小さいとき読んだ本、しっかりすり込まれているのかな?

青い鳥は、メーテルリンクが貴重な『青い花』を探す本から着想を得たそうです。

確かに青い花は少なく、青いバラはないですものね。

『貴重』=『大切なもの』の意なんでしょうか。

目覚めたヘンゼルとグレーテルが見つけたのは青い鳥の羽、幸せは身近にあるってことでしょうか。

c0233349_17011379.jpg

c0233349_17021875.jpg

c0233349_17022613.jpg

c0233349_17023676.jpg

c0233349_17024376.jpg

c0233349_17025112.jpg



午前中、日差しがなく比較的涼しかったので、冬野菜の種まきと玄関の大きい鉢の寄せ植えを新しくしました。
菜園には、赤カブ(中)・チンゲンサイ・水菜・青菜・ラディッシュ2種、紅芯大根・インゲン・ルッコラ、みな少しずつ。
ブロッコリーの苗4本も植えました。
昨日お買い物に行ったら、キュウリが1本100円もしてびっくり、6本で350円のもあったので、そちらを選びました。
夏、頑張ってくれたキュウリ、全て片付け。
2週間ほど前にお庭に植えたのがやっと食べられるようになったので次回から買わないで済ませそう。
2本のうち1本残ってくれて救われました。



『青い鳥』の物語を思い出しながら、『マッチ売りの少女』を思い出しました。
マッチも売れず、寒さに体を震わせながら売り物のマッチをすって。
ほんのわずかなぬくもりを感じて・・・。
アンデルセンの活躍した時代は、資本主義の産みだした豊かな資本家と貧しい労働者、対局にあるそれぞれが存在していました。
もちろん資本家・富裕層は一部でしたが。

150年以上もたった今も、この問題は解決しておらず、日本でも中流層は消えていき、同じ構図が再び作られつつあるのかも知れません。




by akaiga-bera | 2019-09-05 17:52 | Trackback | Comments(0)

キビタキ:キリリと美しい

c0233349_19332521.jpg


正絹の着物は、どんな色の取り合わせでも美しく感じます。

化繊に染めたくっきりカラーもきれいですけれど、やはり自然に近い絹にはかないません。

レコードとCDの違いのよう。

キビタキさんの色の組み合わせも一見派手ですが、やはり自然のもの・・・緑の中ではしっくりと溶け込んでいるように感じます。

この水場には、いろいろな鳥さんがやってくるので・・・他の鳥さんを牽制して声を出しているようなのですが・・・。
c0233349_19333425.jpg

c0233349_19334541.jpg

c0233349_19335679.jpg

c0233349_19340589.jpg

c0233349_19341461.jpg


高原の花:ツリガネニンジン ベル状がかわいい。
c0233349_19425962.jpg



珍しくHちゃん在宅、お食事に。
明日から合宿に出かける。

昨日、大根を蒔きました。
これから冬野菜を順次。
まだインゲンは大丈夫と聞き明日。
今年の夏はたくさん収穫できてうれしい限り・・・ホントに美味しかった。




米海兵隊は沖縄県知事に、海兵隊のグアム移転を2024年可能と説明。

少しでも危険が軽減されることはありがたいですね。
でも、それなら、新基地は要らないじゃありませんか?
このことは、以前から分かっていた・・・。
なのに多額の費用をかけてまで、なぜ辺野古の工事を続けるのでしょうか。
やはり利権がらみの建設なんですね。
c0233349_21441093.png







by akaiga-bera | 2019-09-02 21:49 | Trackback | Comments(3)

オオルリ幼鳥とキビタキ♂・・・

c0233349_09260007.jpg


埼玉ではお山と言えば、榛名山や赤城山・浅間山等ですが、こちらに来て、なかなか埼玉拠点のお山に行くのは大変になりました。

まずは都内を越えるのがとても大変。戻りも大変。

少しずつ富士山方面を開拓中です。この水場は、以前から有名で埼玉にいるときにも数度行ったことがありました。

早朝は別の場所で、探鳥。何も遇わずでさっさと諦め、この水場に向かいました。

到着するも、ちょうど鳥さんのお休みタイムになっていたようで、キビタキさんの幼鳥ぐらいしか出てきません。

あと30分と決めて待っていたとき、オオルリさんの青がみえました。

幼鳥です!もう産毛のうろこ状はありませんでしたが、きれい。

水場に降りたところにキビタキの♂成鳥が。バトルがあるかしらと思ったのですが、意外に仲良くゆっくり浴びて行きました。

青と黄、2羽一緒に遇えて、うれしいお出かけとなりました。

c0233349_09261504.jpg

c0233349_09263652.jpg

c0233349_09270035.jpg

c0233349_09271442.jpg

c0233349_09273356.jpg

c0233349_09254419.jpg


韓国の国花はムクゲだそうです。花の色・形も様々で、どれもそれぞれに美しいですね。
しかし、韓国併合時代、日の丸に似た花ということで、広められたという歴史もあるそうです。
でも、今は韓国の方々には、国民の花として広く愛されているそうです。
日本の国花さくらも美しいですけれど、ムクゲも。
久し振りの水場、迷ってしまったらと思い、行きはタクシーで。帰りは別荘地の中をなんとか迷わずに歩いて帰りました。
途中たくさんのムクゲを植えられている家が。ちょうど真夏に咲く花なんですね。
どのお花も美しい、どちらもいいねと、仲良くいきたい・・・。

c0233349_13123059.jpg




九州北部・西日本、毎年のように豪雨。
心配です。



元お隣さんのところの愛犬クーちゃんが亡くなった。
ツタの紅葉のなかのエナガさんの絵はがきを旅先で見つけて、季節先取りでお手紙を書いたお返事に。
息子さんの友人が海外出張で飼えなくなったクーちゃんをお預かり、いつしか家族の一員になっていました。
伺う度、人なつっこくお膝にも上がるほど。
叱られるとシュンとして隠れてしまったり、でもまたまたいつのまにか話に参加している風で、本当にかわいい存在でした。
あっという間に最期のときが・・・と。
寂しくなってしまっただろうな、ご主人もかわいがっていた・・・。
お葬式も終わって今は祭壇にと・・・。
悲しいですね、大切なものとの別れ・・・いやものじゃない・・・。






by akaiga-bera | 2019-08-28 15:10 | Trackback | Comments(0)

キビタキ:幼鳥の水浴び

c0233349_20530137.jpg


キビタキさんの若者、何度も何度も水浴びに。

カメラマンもみな鳥さんの心境です。あまりに暑いので。

だんだん大胆になって、大丈夫って分かったのでしょうね。

c0233349_20531049.jpg

c0233349_20531995.jpg

c0233349_20532913.jpg

c0233349_20533881.jpg

c0233349_20535333.jpg

c0233349_20540202.jpg

お庭のオミナエシ。
c0233349_20541879.jpg

センニンソウ、近くの森で。
c0233349_20581321.jpg





林横浜市長、カジノ誘致表明


選挙の時は白紙って言ってました。
いずれあるとは思っていましたが、やはり。
c0233349_21173480.png

かなり厳しい記者会見のあと。
よほど悔しかったのか、曇りガラスの向こうで会見資料を投げつけてました。
94%の方がカジノには反対してます。
いらだつのは当たり前かな。
市長選の折、このことにはほとんど触れずで、みなの関心事であったのに・・・。
それにしても、曇りガラスって素通しじゃないっていうだけですね、よく見えました。




ちゃんと交渉したのか?????



安倍政権は日本の畜産業を破壊するつもりなんでしょうか。
牛肉の輸入関税38.5%→ 9%,
もちろんすぐにではありませんが、段階的に。
日本の畜産業は、生き残れるでしょうか。



by akaiga-bera | 2019-08-26 09:59 | Trackback | Comments(2)

キビタキ幼鳥:水浴びに

c0233349_18231549.jpg


猛禽のいない森の水場、無防備な幼鳥も安心して水浴びが可能です。

表情がまだあどけなく、頼りない感じ、それがまた愛くるしい。

いつの間にか、小鳥さんたちも恋の季節から、子育て、巣立ち、独り立ちの季節になっているのですね。

これからの季節は、幼鳥さんに遇えるすてきな季節です。幸せな出遇いがありますように。

c0233349_18232560.jpg

c0233349_18233397.jpg

c0233349_18234593.jpg

c0233349_18235551.jpg

c0233349_18240858.jpg


小さな池にはヤマカガシが。きれいですけれど猛毒とか。
c0233349_18265119.jpg

c0233349_18270171.jpg



蒸し暑く、まだ慣れない暑さに閉口。
収穫したメロンとスイカ、さわやか(と言えば聞こえがいいのですが、甘みが足りないかな)・サッパリで・・・一応暑さ対策にはなります。
火曜日には、子どもたちに持って行こうと思うので試食。不安。



男性の21.2%、女性55.3%が非正規だそうです。
女性の場合、ご主人が正社員で補助的収入であればいいですけれど、非正規のみの収入で暮らすのは大変。
正社員と変わらぬ仕事をしていても低賃金という場合もあります。
真面目に働いたら、ちゃんと食ってけるだけの給料を払って欲しいですね。



by akaiga-bera | 2019-07-27 18:46 | Trackback | Comments(2)

水場のキビタキ

c0233349_15001093.jpg


今年はお山に出かける回数も減って・・・キビちゃんとの出遇いも少なかった・・・。
年々、動きは悪くなる感じ。
初めての水場でしたが、また行ってみたい楽しい場所でした。

c0233349_19325846.jpg

c0233349_19345800.jpg

c0233349_14594614.jpg

c0233349_15105131.jpg

c0233349_15134246.jpg

近くの公園のトラフシジミ
 珍しいと思っていたのですが、その後あちこちで。
c0233349_19373113.jpg



夢多くんを抱いて外に。
星は見えませんが、満開のカサブランカからいい香りが。
癒やされます。

夢多くんとユリ、今夜は癒やされて眠って、明日からまた、書いていきます。










by akaiga-bera | 2019-07-21 21:45 | Trackback

お山の出遇い:キビタキ・キセキレイ/全ての原発を廃止に!

c0233349_09065662.jpg


緑の中で、♂の山吹色は目立つのかと思いきや、意外に溶け込んでしまうようです。

暗い場所での出遇いでした。餌探し中だったのかも知れません。

c0233349_09073551.jpg

c0233349_09074607.jpg



キセキレイさんは伴侶捜し中のよう。
c0233349_09075644.jpg

c0233349_09080330.jpg


ウグイスカグラ・・・かわいいお花です。
c0233349_09081331.jpg


エンゴサク・・・左の紫に見えるのは先に咲いたものでしょうか。
c0233349_09082161.jpg


アズマイチゲ・・・優しい佇まいですね。
c0233349_09083243.jpg





c0233349_22012335.png


友人の絵を見てから浦和へ。
蓮池透さんの講演を聴きに
蓮池さんは、拉致被害者でお戻りになられた蓮池薫さんのお兄様で元拉致被害者家族会の副会長だった方。
しかし、その日の講演のテーマは『日本で原発を再稼働してはいけない三つの理由』
元東電社員で原子力部門で32年間働いておられた。
福島第一原発事故前にすでに退職されてはいましたが、原子力の現場からの告発の声。
つい最近上梓された『告発』にもお書きになっていましたが
①核のゴミの最終処分場がない。
②世界一厳しい規制基準はウソ。
③住民の避難計画が出来ていない

三つが全て揃った場合、再稼働してはならないということではなく、どの一つが当てはまっても再稼働は危険きわまりないという。
専門家ですので、難しい部分もありましたけれど、わかりやすくかみ砕いて説明してくださり、理解が深まりました。

そして、今日その『告発』を読了。
今、震える思いで、原発の危険性をかみしめています。
未来の子どもたちのために、絶対に再稼働を認めてはならない。
世界の趨勢は原発から再生可能なエネルギーへとシフト。
日本の原発輸出はことごとく頓挫しています。
当たり前と言えば当たり前、危険を承知で、事故対策に莫大な費用がかかる原発を進めようとはしないのが普通だ。


翌日、フランス、ヴェオリア社(水道民営化の受け皿になっている、麻生財務大臣の娘婿が経営陣)が世界中の低レベル放射線を含む核のゴミを日本で処理する事業を行うとのニュースが。
政府がいう基準は、外国から見れば甘いのだということが証明されたことになる・・・。

そして一方こういう機関には多くのお金が舞い込むのです。
一体誰のために原子力政策は続けられるのか?
c0233349_22013335.jpg



ましてや隣国と緊張関係を煽っている安倍政権。
トランプ大統領は長距離はアメリカに届くけれど短距離ミサイルは関係ない。
同盟国とは名ばかりの自国さえ良ければの姿勢ではないか。
地震や津波でなくとも、
核弾頭を積んだミサイルでなくとも、
一発普通のミサイルを撃ち込まれれば、日本中の被害は計り知れない。




by akaiga-bera | 2019-06-03 22:52 | Trackback