タグ:キジ ( 12 ) タグの人気記事

キジ・・・レンギョウのお花と

c0233349_125414.jpg


少し時間が経ってしまいました。まだ春のお花さんがたくさん咲いている頃・・・。

もうすぐ子ども連れで現れる頃ですね。

c0233349_1255341.jpg


c0233349_126887.jpg


c0233349_126249.jpg


c0233349_1264437.jpg


c0233349_1265788.jpg


c0233349_127243.jpg


c0233349_1273849.jpg


c0233349_1252720.jpg


c0233349_125095.jpg


c0233349_125141.jpg


昨日はお庭の木の散髪。
持って行きたいものはかなり刈りこんで移動しないとならない。
ヤマボウシの白い花がたくさん咲いていた。
枝を落としたので、花瓶に。

今日は車があったからと、お散歩途中に寄ってくれた。
「結婚して、子供ができるんです。」大きなお腹を抱えて。
しばらく仲間たちの消息などお話しに花が咲いた。
近いうちご主人ともども飲もうねということに。
時間の経つのは本当に早い。もう13年もたつのだ。
一昨日別の卒業生二人の女の子が結婚報告に。
私が年とるのも・・・仕方ない。

沖縄の悲しい事件は腹立たしい。
繰り返される悲劇。
怒りの持って行き先が・・・・ないけど。

昨夜高校時代の友人が、この間取り組んでいた水彩画で賞をもらったと。
ご主人は最近は鳥仲間なのだけれど、いつもその優しさは感じている。
集中して描くのにお食事やその他もろもろ協力してくれたらしい。
二人で獲得した賞だね・・・おめでとう。
必ず見に行くよ。
by akaiga-bera | 2016-05-21 06:07

公園のキジ・・・・

c0233349_19191738.jpg


最近よく見かけるキジさん。この間は悲鳴のような声が聞こえて、見ると♀のキジさん跳んできました、そのあとをオオタカがすごい勢いで。

間一髪、常緑樹の林に。

c0233349_19193513.jpg


c0233349_19194947.jpg


c0233349_19203461.jpg


c0233349_19211020.jpg

by akaiga-bera | 2016-03-15 09:28

キジ・・・幼鳥

c0233349_230526.jpg

いくつかの休耕田がまとまっているこの地には、数家族のキジさんの家族がいるようです。

周囲をぐるりと回ると、3ヶ所で遇いました。かわいい子供、警戒心がないので親鳥の心配は尽きません。

けっこう車も通る場所なのに広めの農道を渡るんですもの、心配・・・・。

c0233349_225950100.jpg


c0233349_2302033.jpg


c0233349_2303320.jpg

左の草叢にほかのヒナもいて早く来ないとという感じで見守っていました。
c0233349_2304689.jpg


c0233349_231136.jpg

ヒナたちが全員渡り終わったのを確認し右手草地に。
c0233349_2312079.jpg

なんでしょうね。群生した田んぼがありました。
c0233349_231385.jpg


急に冷え込んだのでここ数日は寒いって感じました。
10月中旬の気候とか・・・。お山の鳥さん達が里に下りてくるのも早いかもしれませんね。
でも今日は少し暑い日になるようです。朝日が嬉しい。

昨日の参院特別委。
『武力行使新3要件』が満たされれば、集団的自衛権や個別的自衛権を行使する前でも、国連安全保障理事会の決議に基づく集団安全保障での武力行使に参加できると岸田外相。
国際平和を乱す特定の国(たとえばアメリカがイラクを攻撃した湾岸戦争とか)に各国が連携して武力行使を行うときも参加可ということらしい。
あの時は後方支援ということだったが・・・。

今までは、憲法9条により参加には制約があるとの政府の答弁だったけれど・・・日本が自衛権を行使している中で集団的安保措置に切り替わった場合、「後から国連決議が根拠になる場合はあるだろうが、最初に国連決議を根拠とすることはないのか」の維新の質問に「可能性は少ないもののありうる」と答弁。
事後承認とは本当に恐ろしいことではないでしょうか。
やってしまった後では取り返しがつかない。
特定秘密保護法案を盾に国民が知らないうちに時の政権の恣意になってしまう気がします。
憲法を変えず、憲法をないがしろにする法律を作ることは、再び過ちを犯す可能性・リスクが高まることになります。

米国は、日本にアメリカの肩代わりを望んでいます。
米国の威信や利益のために、日本国民の命をかけたくないです。
米国が戦後行った戦争が世界に評価されたのでしょうか、否でしょう。
かえって多くのテロを生んできたのではないでしょうか。
私たちは、米国とは別のやり方で、隣国とも草の根で交流し親しい関係をつくり、武力ではない方法で平和を続けたい・・・。

どこの国の、どんな民族も、どんな宗教を信じる人も、このキジさんのように、子供は愛しく、家族は大切です。
by akaiga-bera | 2015-08-27 06:50

幌打ち・・・キジ

この時期、あちこちで聞こえるケンケン(ミントさんの旦那様ではありません!)の声。キジさんの恋の季節ですね。

50メートルおきくらいに♂が住んでいるのかと思うくらい頻繁に見かける場所もあります。

この日は小雨模様でしたが、アピールは休めません。日本の国鳥・・・そう日本男児のカッコいいところあますことなくね・・・近くで可愛い女の子が見てくれているといいですね。

「幌打ち」・・・以前は「頬打ち」だと思ってました、「頬打ち」は痛いなあ。ナズナ、きれいですね。

c0233349_8205262.jpg


c0233349_821610.jpg


c0233349_8211879.jpg


c0233349_8213020.jpg


c0233349_821439.jpg


c0233349_8215886.jpg



若いころ・・・選挙権の移り変わりを勉強した時、今普通に権利として認められている選挙権が多くの先人たちの努力の賜であり、太平洋戦争での300万人という多くの犠牲の上に獲得できた権利だと知ったとき、決意したことがある。
それはどんなことがあっても選挙には行こう ということ。
私たちが政治に対して意見を表示する機会は選挙をおいてほとんどないのだもの。
小さな意見も集まれば大きな力となる。
今は期日前投票もでき、行かない理由はさらになくなった・・・投票率を見ると悲しい。
by akaiga-bera | 2015-04-14 06:30

キジ・・・お相手はまだ

林でホトトギスさんが鳴いている頃、近くの田んぼではまだキジさんが婚活中。

鳥さんの世界も婚活はたいへん。ガールフレンドはなかなか見つからないしライバルはいっぱい。

かわいい女の子が見てくれているといいね。今頃はきっとヒナが誕生しているかも。今度は子連れで遇いましょう。

c0233349_18105512.jpg


c0233349_18111447.jpg


c0233349_18113076.jpg


c0233349_18115170.jpg


c0233349_18121588.jpg


c0233349_18123276.jpg


c0233349_18124717.jpg


c0233349_1813482.jpg



大雪で傷んだ壁とカーポートの修理。
前日とり壊す時は複数でしたが、建てる時はお一人。まだ若い青年。
朝8時半夜8時過ぎまで。
「頑張りますね。」
「明日は別の場所が・・・。」
「図面を見ながらこうして造っちゃうんだ・・・みなそれぞれ違うでしょうに・・・すごいねえ。ちょっと感動しちゃう。逆立ちしても私にはできない・・・。」
「いやー、プラモデルの手順書と同じなんです。」
「まあ、プラモデルと同じなんですか?」
こう聞けば子供時代の遊びも無駄ではないんだと思いました。
しっかりお掃除してペンキ屋さんのための養生をして、丁寧に色々注意してくれて終了。
「お疲れ様、これビールとおつまみ、家で飲んでね。」
いい青年でした。お仕事発展するといいね。
by akaiga-bera | 2014-07-05 06:30

張り切って・・・キジ 3

昨日の続きです。

♀の姿を確認したのでしょうか。再び激しくアピールします。何だか嬉しそうですね。

c0233349_2234545.jpg


c0233349_2242339.jpg


c0233349_2244623.jpg


c0233349_225101.jpg


c0233349_2253844.jpg


c0233349_226951.jpg


c0233349_2263827.jpg

by akaiga-bera | 2014-04-23 16:49

頑張るけれど・・・キジ  4

何だかワクワクです。来てくれるかな。

畑一枚隔たっていましたけれど・・・来てくれました!  体全体に喜びが満ちているよう・・・。

♀も喜んでこれはめでたしめでたしかしらと見ていますと・・・・・。

♂は♀の前に行って・・・尾羽を広げますけれど・・・♀はよけて行きます。

こんな場面を何度も繰り返し♂は一生懸命口説いていたようなのですが・・・♀は小走りに・・・とうとう・・・♂の思いは伝わらなかったようでした。

畑一枚隔てて別の♂もいましたので・・・キジさんの世界も婚活は大変なんですね。

c0233349_22354641.jpg


c0233349_22361627.jpg


c0233349_22364211.jpg


c0233349_2237517.jpg


c0233349_22373542.jpg


c0233349_2238488.jpg


c0233349_22383443.jpg


c0233349_22385592.jpg


c0233349_22393358.jpg


c0233349_22401084.jpg


白いお花が色々咲いて嬉しい。
シロヤマブキ・ヒメウツギ・白いチューリップ・ナニワノイバラ・シラユキゲシ・シャガ。
あなたはこんなすてきな季節を見て逝くことができたのね。
楽しくて自信いっぱいに過ごしていたよね。
そう思わないと辛い季・・・・。

今日は可愛いトラフズクさんのヒナにあってきました。
by akaiga-bera | 2014-04-23 16:46 | Comments(2)

キジ・・・幌うち  1

野原は春・春・春・・・。

菜の花の近くにいた♂のキジさん。菜の花の中にいるらしい♀にアピール。幌うちを始めました。

立ち位置がなくて菜の花の間から見えるのを。

キジは日本の国鳥。繁殖期は特に美しいですね。   ♀に続きます。

c0233349_2423963.jpg


c0233349_243784.jpg


c0233349_2433060.jpg


c0233349_2435325.jpg


c0233349_2442840.jpg


c0233349_2445892.jpg


c0233349_2452325.jpg


c0233349_2454680.jpg


c0233349_2461024.jpg



田んぼに水が入り始めて・・・渡り途中のシギやチドリのご休憩所となっています。
今日は、耕されて水を張ったばかりの田にムナグロが17羽採餌中。

その田んぼの後、少し小さめの田をトラクターが耕したのですが、その間わずか16分。
トラクターは2往復しただけ・・・機会の力ってすごいんですね。

そういえば・・・コミミさんのいた堤防の下は麦畑でした。
農家の方と話す機会があり聞きますと、堤防から眼下に見えた畑の持ち主とのこと・・・。
「この前の散水機はすごかったですね、北海道みたいでした!」と申し上げると・・・。
散水機ではなく消毒をしていたんだそうです。中の雑草が生えるのを抑えると・・・
そして畑際の菜の花を抜いていらした・・・。
「大きな機械で費用も大変ですね。」
すでに農業法人にしてあるから、自分ができなくなっても誰かが後を継ぐだろう・・・無駄にはならないと。
日本の農業も変わりつつある。
by akaiga-bera | 2014-04-22 13:43

キジ・・・♀   2

幌うちの様子をどこにいて察知したのでしょう。♀は♂から200メートルは離れていたと思うのですけれど・・・。

どんどん近付いてきます。カメラマンから15メートルほどのところを通って・・・♂のいる
田んぼへ。

ちょっと♂の声にでも反応しているのでしょうか、尾羽を膨らませていますね。

c0233349_2534912.jpg


c0233349_2544438.jpg


c0233349_255990.jpg


c0233349_2553977.jpg


c0233349_256462.jpg


c0233349_256318.jpg

目がとてもきれいでしたのでトリミングしてみました。
c0233349_2595736.jpg

by akaiga-bera | 2014-04-22 13:42

キジ・・・家族

ヒナたち、だいぶ大きく成長しているのですね。全部で6羽いたように思ったのですが・・・5羽しか写っていませんでした。

久しぶりに訪れると入り口の辺りでくつろいでいました。草の中なので、時々頭をもたげるときしか写せません。

もう少ししたら家族もばらばらになるのでしょうか。

c0233349_15435965.jpg


c0233349_15441417.jpg


c0233349_1547574.jpg


c0233349_154893.jpg


モズさんの縄張りを宣する声が聞こえる季節になりました。この子はまだ幼鳥のよう・・・どことなく動作が鈍くドジな感じです。
でもひと冬を過ごせばもう立派に小さな猛禽でしょうね。
c0233349_15561837.jpg


c0233349_15563785.jpg

あらら、○○だって可愛いもんですね。
c0233349_1556504.jpg


こむらさき♀。♂はそれは美しい紫の翅。いつかあってみたいですね。
c0233349_1761647.jpg



明日からは少しお天気がよさそうですね。
すっかり秋になったようです。
林や野原には渡り途中の可愛いお客様たちがお顔を見せてくれているようですね。
by akaiga-bera | 2013-09-26 10:37