タグ:オオセッカ ( 16 ) タグの人気記事

回顧(3)アカゲラ・アカハラ・オオセッカ・コジュリン 2009年~2011年 

アカゲラ
c0233349_10415165.jpg

軽井沢にて:ドラミングの音は森に響き渡ります。
c0233349_10420030.jpg


戦場ヶ原にて:ズミの実が。
c0233349_10420858.jpg





アカハラ


c0233349_10430483.jpg


夏は、高い枝で美しい声でさえずるのを後になって知りました。
カラアカハラカラ
c0233349_10431469.jpg

舳倉島にて


オオセッカ
c0233349_10462911.jpg

下の黒い頭はコジュリン:東庄町にて
c0233349_10463813.jpg

湿地に入って靴が水没でした。
c0233349_10464668.jpg



2011年3月:東日本大震災
たくさんの方の命が揺れと津波で失われました。
福島第一原発事故でメルトダウン。
今もふるさとに帰れない方々がいます。
震災は終わっていません。
今、汚染土は全国の公共工事に使われようとしています。
そして・・・
もう福一の中に溜めおけないほどになった汚染水は、希釈の上、海に流されようとしています。

私が、再度政治のあり方について考えるようになったのはこの震災から。
埼玉アリーナには、双葉町の方々が避難してきて不自由な生活を余儀なくされていました。
ボランティアでこどもたちの学習支援に行きましたが、人災が普通の生活を壊してしまうことを実感。
安倍さんは『アンダーコントロール』と言っていますが、解決にはほど遠い。
あと2ヶ月で7年を迎えます。日本からも世界からも原発は一掃したい。


by akaiga-bera | 2019-01-08 11:22 | Trackback

オオセッカ・・・近くの葦に

c0233349_22084490.jpg

黒い頭のコジュリンさんを探しに行ったのですが、毎年遇えたのに今回は不可でした。
来ていないのか、子育て中で姿を見せないのか・・・不明ですが、例年通り出ないことが心配です。
オオセッカさんはまだ婚活中で、まだ半楕円形の弧をを描きながらさえずっていました。
今回近くで見ることができ、地味ですけれど美しいフォルムだなあと感じました。
c0233349_22075505.jpg

c0233349_22080662.jpg

c0233349_22082961.jpg

c0233349_22085434.jpg

c0233349_22074139.jpg

モズさんの子どものようです。3羽ほどこの木に。
c0233349_22090937.jpg



昨夜、外の方が涼しいと、みんなでお庭に。
昼間の青空を暗くして白い秋の雲があるという感じで美しい夜空だった。
テッポウユリがかすかに香る。
カサブランカや他の百合と違い、清潔そうな優しい香。
昼間より宵により香るそうな。

似た種類でタカサゴユリがあると。
紫の筋が入っていると書いてあったので、近くのを見てみるといくつかはっきり分かるのが。
交雑種もあって分かりづらいそうですけれど、おそらく両方が混じっているように思った。

火星の赤い輝きが雲間に。


午前中、菜園に。
今日は収穫物はほとんど無し。
生ゴミを埋める穴を掘ってもらったので、少しゴミを減らせそうだ。


秋田の金足農業高校を応援。近江高校との準々決勝。
両チームとも、攻守素晴らしく、見応えのある試合。
テレビの前でも甲子園にいるかのごとくだった。
年甲斐もなく熱くなって、キャーキャーの連続。
9回裏、女神がほほえんだような逆転勝利。
感動をいっぱいもらった。
金農の選手が校歌を歌う様がステキ。
吉田投手を中心に仲よさそうですね。
ぜひ準決勝も勝って欲しいなあ。




by akaiga-bera | 2018-08-18 22:50 | Trackback

オオセッカ・・・相変わらずとらえるのは難しい

c0233349_13552579.jpg


まだ、さえずって、半楕円形の軌跡で飛んでいました。
渡る風も朝のうちはさわやか、葦の葉先が、光りながら揺れます。
広々とした空間、コヨシキリ・セッカ・オオセッカさんの声、すてきなBGM、ずっと聞いていたい。
c0233349_13553371.jpg

c0233349_13554165.jpg

c0233349_13560071.jpg

c0233349_13560894.jpg

c0233349_13551642.jpg

モズさんもやってきました。
c0233349_13554967.jpg


昨日は湖近くの水場に。
お弁当作りがないので。
誰もいない静かな水場。
涼しい半日をのんきに。

前日、すてきなスマホケースを見つけゲット。
細いカラフルな紐を編み込んだもの、汚れも目立たなそうだし頑丈そう。
そのお店で、小鳥のお飾りを見つけた娘、私はいらなかったけれど娘はどうしてもという。
少しずつ小鳥のかわいさ分かってくれてきているのかな?

そのお店で、フラミンゴの親子も売っていたのだけれど、少しお高く結局私は買わずじまい。
でも、帰ってきてから後悔しきり。
その朝JAFの毎回の冊子の表紙にフラミンゴの親子のシルエットの画が載っていたのだ。
次回あるかな?


大きな悪は見逃して、小さな悪を罰する、検察とマスコミ

官庁・会社いたるところで様々な不正が。
へえ、こんなことがまかり通るのかという驚きがある。
だから地検もやってる感はある。
しかし、大きな不正は見逃したままだ。
これからの国民生活・国民の未来に関わる大きな不正は、被害者が国民そのものなのだから、被害の額は甚大しわ寄せは最終的には国民に。

戦争はその最たるものだった。
73年前、昭和20年の今を思い起こせば、多くの兵隊が飢え死にし、殺されていた。
全国津々浦々の主要都市が空襲にさらされ逃げ惑っていた。
戦局はもう戦えないほど負けがこんでいたのに、国民は正しくその状況を伝えられることもなかった。

第二次世界が始まる頃、各国とも自分の国のことのみ考えていた。
次々と自国ファーストの指導者が生まれたいった。
そして行き着いた先は戦争だ。
今の世界も似たところが見える。心配だね。

松本サリン事件被害者河野さんの言葉・・・あまりに重い


オウムの引き起こした松本サリン事件。
奥様は大きな痛手を負い癒えぬまま10年前にお亡くなりになり、自分自身は関与を疑われマスコミに叩かれた。
二重にも三重にもオウムの被害者である河野さんの言葉。
死刑執行された。悲しい出来事。そんな思いがします。

河野さんは、事件の真実を知りたいと今回死刑になった6人のうち4人の死刑囚と面会したそうな。
『事件の真相はその人に聞かないと分からない。
会ったときの彼らのオーラはとても清らかな。
話してみると、真面目であるし、会うことによって友達ではないが、親しみのある人になる。
そういう人たちがいなくなってしまったので、少し寂しいとか悲しいという感情はそこから出ていると思う。』
温厚かつ冷静沈着な方とお見受けしていたけれど・・・あらためてすごい方と思った。

こういう方もいらっしゃるのだ・・・自分は恥じ入るばかり。

力で抑えるだけでは、このような事件を根絶することはできない。
優秀で真面目な若者たちが、人を殺してもいいと思って行動しまったのはなぜなのか
本当に知りたい。

 一枚のビラが
 一冊の本が
 本の中の一文が
 耳にした一言が
 なにげに見た映画やドラマが
 人との出会いが

岐路に立ったときの選択に大きな影響を与える・・・。
どこにたどり着くかは分からない・・・。
だからこそ知りたい。
人生はあみだくじであってはならないもの・・・。




by akaiga-bera | 2018-07-27 15:29 | Trackback

オオセッカ・・・みどりに染まりそう

c0233349_14024830.jpg

綺麗な緑、そして風、葦原の勢いは止まりません。

だいぶ伸びてきてもう下は見ることができないほどに。

伴侶捜しから子育ての時期に入っていることでしょう。

c0233349_14025809.jpg

c0233349_14030939.jpg

c0233349_14031721.jpg

c0233349_14032686.jpg

c0233349_14033774.jpg

by akaiga-bera | 2018-06-01 06:04 | Trackback

オオセッカ・・・惹かれますね

c0233349_13595527.jpg

なぜかなと考えると、一つはあの鳴き声、もう一つは半円形に飛ぶ様でしょうか。

なかなか近くには来てくれません。

でもずいぶん長くさえずっていますよね、伴侶がなかなか見つからないのでしょうか。

絶滅危惧種とお聞きしていますけれど、この葦腹にはたくさん生息しています。

あちこちから不思議な鳴き声が聞こえるすてきな原っぱと通り抜ける風。
c0233349_14000727.jpg

c0233349_14001605.jpg

c0233349_14002576.jpg

c0233349_14003407.jpg

c0233349_14004315.jpg

c0233349_14005103.jpg


今日は忙しい。
お庭の花にミツバチやいろいろな昆虫が来ている。マーガレットとペンステモン、美しい。


お友達が台湾から帰国して、いろいろな鳥さんを撮影したと。
鳥さんのみ目的ではないとのことですが、何度も行かれているので撮影ポイントご存知なのかな。
中に『ヤマムスメ』と。
名前に惹かれ調べてみるとなんとも美しい鳥さん。
こんな綺麗な鳥さんがいるのか~、行ってみたいなあ。

『横山大観展』を見に竹橋まで。
待ち合わせ場所をまたまた間違えて、1時間も合うのが遅れた。
それでもみたいみたいと思っていた作品、その量にも質にもちょっと感激。
昭和33年89歳没。
展示も明治・大正・昭和と、年齢を重ね、その画風も少しずつ変化して行く過程がよく分かった。
絵を描くにしても、スポーツにしても、秀でた人たちはみな頭脳も優秀なんだなと感じた。
やはりそうは簡単に一流にはなれないのだ・・・。

もちろん絵は素晴らしかったが・・・中に描かれている鳥に目が行ってしまった。
ツル(ほとんど今は見られないけれど当時はいたのかな)・オナガ・カモ・セキレイなど。
たくさんの展示に感謝。

その後新宿に回り、カメラ屋さんへ。
これから先は軽くないと動けない、色々教えていただいた。
これから先の自分を考えて選ぼうと思っている。

東戸塚でみなと待ち合わせして、夕食は外で・・・足棒のよう。







by akaiga-bera | 2018-05-18 09:26 | Trackback

オオセッカ・・・飛翔

c0233349_12475951.jpg

所々にミソハギが咲いていましたが・・・なかなかその近くには留まってくれませんし飛んでくれません。

さえずりながら半円形に飛ぶオオセッカさん。その半円をイメージしてカメラを振るのですがやはり難しい。
c0233349_12483490.jpg

c0233349_12485404.jpg

c0233349_12491080.jpg

c0233349_12492927.jpg

c0233349_12500642.jpg

c0233349_12481762.jpg

帰ろうと車を動かすと道路の脇に。きっとぬれていたのでひなたぼっこかな。かわいいヒナをつれていました。
c0233349_12495209.jpg


旧宅の外周り、あっという間に草がいっぱいに。
この時期本当に草の伸びるのが早い。
久しぶりに友人とお庭にいすを出しておしゃべり。
たわいもない会話が愉しい。

お知り合いのお宅へ。
今改装工事をしていらっしゃる。
なんと120年前の建物とか。
梁には太い丸のままの材木が使われているし、壁はわらを刻んで練り込んだ土壁。
その中は竹が組まれている、その竹を結んでいる紐、材料は何だろう、触ってみたけれど全く劣化していない・・・昔の材料ってすごいんですね。
1000年も前の木造建築もこんなのかなあと思いながら。
古いってすてき。
その古さを上手に生かして中は最新式の住居になるとか。
みんながゆっくり集うことのできる場所にと考えていると・・・。

古い道具も片付けたとのことだったので、舟はないの?と伺うと「田舟」があるというのでそれも見せていただきました。
古い農耕具も捨ててしまうのはもったいない、貴重なものですもの。
糸巻きがたくさんあったので、洗ってきれいにして吹き抜けにアレンジしたらすてきじゃない?と。

先ほどちょっと疲れ気味で帰宅。
数日いなかったのでキュウリが巨大になっていました。
たくさんのオクラとブルーベリーも収穫しました。



by akaiga-bera | 2017-07-28 12:50 | Trackback

オオセッカ・・・ご教授をいただいたのですが

c0233349_10294690.jpg

息抜きにコヨシキリさんとオオセッカさんに遇いに行ってみました。

オオセッカさんはある距離よりは近くに来ません。

でも飛んだところを撮るにはまあまあの距離かなと飛ぶところに特化して撮ってみました。

なかなかうまくいきません。

お知り合いが近くで観察していたらしく、しばらくお話。素晴らしい飛翔写真を見せていただきました。

教えていただいたのですが・・・やはり難しいオオセッカさんの飛翔写真。

まだまだ練習が足りないようです。
c0233349_10281877.jpg

c0233349_10283079.jpg

c0233349_10284246.jpg

c0233349_10285742.jpg



行くときは第二東名。
東名より山際を走るのでトンネルがたくさん。
帰路は古い東名を通ることに。
途中風景の良さそうなSAに止めて休みながら美しい景色を楽しんできました。
浜名湖は、新幹線で通過したのと三ヶ日訪問の時、低い位置から見ただけでしたので、見下ろすような景色は初めて。
さわやかな風に吹かれて疲れを癒やしました。
以前、琵琶湖湖東の寺々を訪れたときもわくわくでしたが、戦国の歴史に登場する様様な場所があって・・いつかゆっくり歩いてみたいものと感じました。
関ヶ原まで一般道を選択。
関ヶ原の古戦場ももっともっと広い場所と思っていたので少し意外でした。
皆様が猛禽を撮りににらっしゃる伊吹山も脇に見て。

輪島の時は、姉たちも乗っていたのですが、今回は一人。
心配されながらのお出かけ。
でもちょっと自信ががついてしまって。
家族の善意の拘束、ありがたいけれど窮屈に感じてしまうこともまたありそうな。

都議選敗北の夕、フランス料理店で。
安倍・麻生・管さんの輪に加わったのは甘利さん。
もうご病気も癒えて、胃に負担のありそうなお料理も堪能できるようになったのですね。

都議選、食事中に敗戦確認できたと思いますけれど、どんな総括をしたのでしょうか。
その後、聞こえてくるのは甘利さんを次回、党の要職に据えるらしいこと。

あの方、司法がしっかり動けば斡旋利得罪で有罪になってもおかしくない方ですのにね。
すぐに病院にお隠れになってしまって・・・。
また復活ですか。
安倍政権下では、悪事を働いてシャバにいられなくなると雲隠れの場所は病院なんですね!
まあトップがもっとひどいことをやっているのですから、甘利さんは超微罪?あるいは口利きとお金の受け渡しは日常化していて悪いことと感じていないのでしょうか。

内閣改造で、問題の大臣をすげ替えたとしても、森友・加計問題の中心は安倍さん自身ですから・・・表面的な反省や内閣改造で逃げ切ってしまおうというのはあまりに国民を馬鹿にした話だと思います。
国民の財産を不当に安くしたり友人に有利な展開をしたり、疑獄事件だとの認識が必要と思います。
今の検察は上向きな方々ばかりなのでしょうかしら?

安倍さんは、パーティ以外にも朝食会なるものをやっていてその会食費が5万円強。
年3回1207人が出席。年間6700万円を集めていると。
5万円もする朝食とはどんなものか。
朝食券は買ってもほとんど参加しないので、食事も立食で、形だけ用意するらしい。
要するに政治資金の調達方法の一つなのですね。

権力と金・・・その魅力には勝てないのでしょうか。







by akaiga-bera | 2017-07-09 11:08 | Trackback

オオセッカ・・・再び

c0233349_22563936.jpg


なんとか近くに来た時を狙いたいと思っているのですけれど、本当にこの鳥さんには苦労をしています。

半円形の弧を描き啼きながら飛ぶオオセッカさん、葦原に降りるときは、葦の上ではないのでとても撮りづらいのです。

そして留まった葦を上にするすると登って再び飛び立ちます。

いつか、近くに来たオオセッカさんをきれいに撮ってみたい・・・。

c0233349_22565863.jpg


c0233349_22574056.jpg


c0233349_22575311.jpg

遠くでしたが、遠いから撮れた・・・。
c0233349_1343169.jpg


c0233349_1344636.jpg


c0233349_13444225.jpg

クリンソウ・・・緑に映える色ですね。お山で。少し前の画像です。
c0233349_2315048.jpg



今、木の花と言えば、ネム・モチなど。みな優しい感じの花、夾竹桃の花の色もいろいろありますけれどやはり白かな。
韓国の国花というムクゲもさまざま種類があって美しい花。
そこここに色とりどりのアジサイ、白いハマユウも涼しげ。
そうだ、ノウゼンカズラのオレンジも初夏の色。
昔はなかったけれど、最近良く見られるのはアガパンサス、薄紫の花が長い茎の先に・・・いかにも涼しそう。

お花もいいけれどやはり食べ物。
ご近所から頂いた小さなラッキョウの塩漬け。
こんな小さいのを一つ一つ手を入れて袋一杯にするのってどんなに大変だろう。
その場面を想像しただけでおいしさは倍増、ラッキョウ漬は私も作るけれど甘酢づけ、頂いたラッキョウはシンプルな塩味・・・それがなんともいえず美味、ラッキョウそのものの味が濃い。
ビールで頂いたけれど、これには冷酒だなあと。
夏野菜がお安く手に入るようになり、食べることが楽しみ。痩せるはずない!


自民党 改正憲法草案 まずは前文を見てみると・・・・・

 日本国民は、自らの意思と決意に基づき、主権者として、ここに新しい憲法を制定する。
 象徴天皇制は、これを維持する。また、国民主権と民主主義、自由主義と基本的人権の尊重及び平和主義と国際協調主義の基本原則は、不変の価値として継承する。
 日本国民は、帰属する国や社会を愛情と責任感と気概をもって自ら支え守る責務を共有し、自由かつ公正で活力ある社会の発展と国民福祉の充実を図り、教育の振興と文化の創造及び地方自治の発展を重視する。
 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に願い、他国とともにその実現のため、協力し合う。国際社会において、価値観の多様性を認めつつ、圧政や人権侵害を根絶させるため、不断の努力を行う。
 日本国民は、自然との共生を信条に、自国のみならずかけがえのない地球の環境を守るため、力を尽くす。

 
続きはMoreに。

More
by akaiga-bera | 2016-06-28 08:06 | Trackback

オオセッカ・・・なかなか近くには

c0233349_930399.jpg


半円の弧を描いて鳴きながら飛ぶオオセッカさん。絶滅危惧種だそうです。

なかなか近くには来てくれませんけれど、集中してシャッターををおす・・・なんとか見られるものが。

初めていらしたというお二方が、ここは鳥の鳴き声が凄いですねと。

確かに、オオヨシキリ・セッカ・コヨシキリ・ホオジロ・ヒバリさんの声画入り混じって、かなりのにぎやかさ。

焼かれた葦はらはもうそんな時のあったことを忘れさせるほど勢いよくて、葦の力強い成長の生気がみなぎっていました。

c0233349_9305324.jpg


c0233349_931385.jpg

チガヤの白が伸び始めた葦原を涼しそうにしていました。
c0233349_9383581.jpg


c0233349_9385064.jpg


c0233349_939631.jpg



ここ数日は良いお天気だとか・・・・。
遠出の気持ちは萎れていて、昨日は近場で過ごした後、お着替えして久々デパートへ。
2割引きセール、見逃せない。
普段はほとんど食料品以外は買い物をしないけれど、この時とばかり、必要グッズを手に入れる。
優しい娘婿に、よいボールペンが欲しいと言っていたのに、クリスマスに間にあわず・・・やっとこれならずっと持てるなという素敵なのを見つけることができた。
ものをとても稚拙に扱ってくれるのでプレゼントのしがいがある。
大物は買えないけれど・・・。
亡き息子に代わっていつも気遣ってくれる・・・もう一人の我が息子に感謝しつつ。

ドイツ ハイデルベルグ大学の研究グループが、STAP細胞に関連する論文を発表。
STAP細胞の再現実験を行っての「修正STAP条件によってJurkatT細胞の運命が多様性と細胞死の間で二極分化する」と題して。

小保方さんがネイチャーで発表した方法ではうまくいかず、独自に修正した酸性ストレスを与える方法でやってみたところ、多くは死ぬが、生き残った細胞が多能性反応を示しているという。
実験はその他さまざまな条件で変わってしまうので、さらに今後の研究を進めていくということのようだ。
つまり小保方さんの「STAP細胞はあります!」は事実と。
それもこれからの人類に大きな福音をもたらす端緒の発見だった。
理研も早稲田大学もマスコミも・・・おおきな発見を葬ってしまってはならない。
by akaiga-bera | 2016-05-19 06:22 | Trackback

オオセッカ・・・

オオセッカさんは絶滅危惧種なんだそうですが、この葦原ではたくさんのオオセッカさんが子育てをします。

6月に比べるとさえずりながら半円形に飛ぶ姿も少なくなってきました。

葦原の比較的葦の薄い場所には今ミゾハギがたくさん咲いています。

いつかミゾハギに留まるオオセッカさんを撮ってみたいと思っていましたが、久しぶりに寄った炎天下の葦原を見つめていると・・・もしかしたらという場面が。

傘をさしての撮影でしたが1時間と少しで、あまりの暑さに撤収。ミゾハギに留まることはありませんでした。

遠くにしか留まらないので豆粒のようになってしまいました。

c0233349_7583792.jpg


c0233349_759991.jpg


c0233349_7592068.jpg


c0233349_7585164.jpg


c0233349_7593623.jpg


c0233349_7594841.jpg


夕立ちでもいいから一雨降ってほしい。


安倍さんは確信犯なのですね。
現憲法の前文も変える気でずっと過ごしてきたようです。
もちろん現憲法は無条件降伏した後、米国の駐留軍のの意向を強く汲んで作られたものであることは確かです。
戦勝国も敗戦国もみなたくさんの命を失い、戦争は世界を疲弊させるものだとの体験が作らせた憲法ともいえます。
前文では、国際紛争は武力によって解決してはならないと説いています。
自民党の改憲案・・・よく読めば戦争へと歩く方向へ国民を引っ張っていくものです。

私は今回の安保関連法案を「平和・安全法案」とは間違っても言いたくありません。
実態は世界のどこへでも戦争しに行ける法案だと思うからです。
昨日も参議院の審議を聞きました。

色々な質問に対してきちんと答えない、すりかえる、決めつける安倍さんの相も変わらぬ姿勢。
そして、答えが厳しくなると、これ以上は安全上言えないと。特定秘密保護法を盾にとって。
さらに「そういう細かな事はその時の状況で判断・決断することだ」と言いきります。
ついでに「日本を取り巻く状況の変化」をお墨付きのように。
聞けば聞くほどこの法案が恐ろしい法律であること、憲法を否定するものであることが分かります。

昨日の公明党の午後の質問、北朝鮮のミサイルに積めるにものについて、原爆・毒ガス・生物兵器などといっていました。
だからこそ、戦争という狂気を始めさせない外交努力が必要なのではないでしょうか。
いつから公明党はしっかり自民党を支える集団になったのでしょう。
今や自民党にそっくり、いやそれ以上か。例の引き方も同じ、国民にさあどうだと恫喝するような例・・・。
下からもかなり反対の声が上がり始めているという・・・。
「庶民の味方」「平和の党」という表看板も変える時が来ているようですね。
by akaiga-bera | 2015-08-05 12:43 | Trackback