タグ:イスカ ( 13 ) タグの人気記事

回顧(6)イスカ・エナガ・オオマシコ 2009年~2011年

イスカ:渋川市にて
c0233349_09270003.jpg

まだ、イスカの名を知りませんでした。
懐かしい。その後もこのように近くでの出遇いはありません。
c0233349_09242986.jpg


エナガ:北本自然観察公園にて
c0233349_09253910.jpg

後にも何回かエナガ団子に遇えましたが初めてのこのときの感激、忘れません。

c0233349_09252114.jpg

天使だなあって思いました。巣立ちしたものの眠くなってしまったり。

c0233349_09253173.jpg

巣作りは大変、カラスにやられた巣を何回か見ました。巣作りからヒナの巣立ちまで、お疲れ様。

c0233349_09290719.jpg

c0233349_09291711.jpg

日光東大植物園にて 
c0233349_09294320.jpg

軽井沢にて:寒いところのエナガさんはぷっくりで愛らしい。
c0233349_09310367.jpg

オオマシコ:嵯峨塩温泉にて  ♂には遇えずでした!
c0233349_09340646.jpg

c0233349_09341518.jpg



土砂投入海域の珊瑚移植ゼロ 安倍首相は『移している』と


日曜討論にて、安倍さんは、『サンゴについては、これは移しております。』と答えました。
しかし、
サンゴ移植するための採捕許可を水産課は出しておらず、安倍さんの発言はおかしいと声が上がっています。
秘密裏にサンゴを移植したなら、沖縄県の漁業調整規則違反となるそうです。
玉城デニー知事は、『それは誰からのレクチャーでしょうか。
現実はそうなっておりません。
だから私達は問題を提起しているのです』
と。


東京新聞によれば『海域全体で7万4000群体の移植が必要だが、やったのは9群体のみ』。わずか0.012%。これはやったと胸を張れる数字なのでしょうか。



辺野古埋め立ては、
環境問題でもあると同時に、
沖縄に新基地をつくっていいのかという問題でもあります。
政府は、では普天間が返らなくていいのかと。
しかし、普天間の全面返還を政府自体が担保していませんのに。

『ウソ』が当たり前になっている現政権を一日も早く終わりにしたいものです。





by akaiga-bera | 2019-01-09 10:00 | Trackback

イスカ・・・求愛給餌?

c0233349_04524909.jpg


餌をあげた男の子。でもなんだか女の子の方が積極的に見えます。

よほどおいしいプレゼントだったのでしょうか。

私も食べ物にはつられます。

イスカさんたちの子育てもみてみたいですけれど・・・静かなのが一番なのかな・・・。

c0233349_04503765.jpg

c0233349_04504894.jpg

c0233349_04505925.jpg

c0233349_04511350.jpg

c0233349_04512439.jpg

c0233349_04521906.jpg


ちょっと郊外(笑・・・ここも田舎でした)に出てみると富士山の美しい姿が。
ほれぼれする美しい裾引き、そしてとにかく真っ白。
昨日は雪の中を歩いてきました。

●交渉を記録したデータを確認せよと言われても、『確認は控えさせていただきたい』と拒み続けた佐川元理財局長。
 今は国税庁長官。
 誰の目にも不自然に映ったと思うのですが、それを『通常の移動であり、まさに適材適所』と言い切り同じ答えを繰り返す安倍さん。
 税金を納めてもらうトップにふさわしいと断言する安倍さんの厚顔さには、もはやあっぱれと言うしかない。
 財務省トップの麻生さんも同じ答え。
 私も「わずかですが、やはり納税は控えさせていただきたい」と申し上げたい。

 昨日も長妻議員が、『昭恵夫人は森友の棟上げ式に行くことになっていたのか?』の質問に。
 安倍さん、「それは突然聞かれても答えようがありません!」
 長妻さん、「通告していますよ。」
 
 安倍さん、うろたえないで答えてください。
 多分のその他の件に関しては、官僚が作文してあったのでしょうけれど、このことは事件に関する重要なことなので、安倍さん本人が答えるべき問題として・・・
 答弁書作成を避けたのかも。
 ちゃんと通告事項はしっかり目を通して欲しい。官僚任せではなく。

 森友・加計・スパコン・伊藤志織さんの件など、すでに今までの説明で十分「黒」。 
 黒くなければやらないようなことを、ずっとやり続け、答弁し続けてきている。
 問題は、今までの総理は、こういう事態になったら、もうとっくに辞めているということ。
 ひとえにウソを平気で言い続ける安倍さんの資質の問題だと思う。

●籠池さんの奥さんは、暖房もない独房で家族との接見も禁止され、今は体調が良くないと聞こえてくる。
 安倍さんは、籠池さんにしゃべらせないために、閉じ込めている。
 一刻も早く裁判を開くべき。

by akaiga-bera | 2018-01-30 05:27 | Trackback

イスカ・・・近くで遇えてうれしい

c0233349_09551852.jpg


イスカさんの嘴の交差がよく分かります。この嘴で硬い松の実も大丈夫。

カロリーの高い松の実は、他の鳥さんと異なる時季に子育てができる所以かも知れません。

オオマシコやベニマシコさんとは違った少しオレンジがかったレッド。

メスの淡い黄色がとても綺麗に見えました。
c0233349_09550504.jpg

c0233349_09545417.jpg

c0233349_09552901.jpg

c0233349_09554849.jpg

c0233349_09560510.jpg


昨日は、子どもたちと。
いつもはのんきに過ごしてしまっているのに、出かけるのだと思うと、結構朝から元気に動ける。
ボランティアは人のためではなく自分のためのものだとつくづく思う。

年賀状の当選番号を確認、数通三等が。
お正月に見ているのだけれど、この時期、整理をかねて皆様の賀状を読み直す。
年1回だけれど、ご挨拶だけでなく近況が分かるものはうれしい。
普段はご無沙汰している方もいらっしゃるし、状況を尋ねるのもはばかられるときもある・・・。
年賀状でお元気を確認している、改めて皆様今年もお互い元気で頑張りましょうねと思いながら。

●朝日新聞デジタルで。
 安倍首相、側近に。「維新は利用できるからいい」と
 維新のみなさん、変わり者の方が多いですけれど・・・こんなこと言われて、自らすすんで安倍政権の補完勢力になってる。
 利用して捨てられるって。
 松井さん、足立さん、片山さん、丸山さん・・・皆権力のおこぼれ欲しい人たち。
 吉村大阪市長は、今まで長きにわたり友好関係を築いてきたサンフランシスコとの姉妹都市を解消。
 地方自治の長は、たとえ国と国が不仲でも、草の根ではつながっていて、いざというときにはその関係が役に立つように行動すべきと思うけれど。
 歴史修正主義者集団が維新なのかな。
 多くの方々日本会議に属し、戦争できる憲法にも変えようと意気込んでいるし。
 いろいろな発言に品位のなさが現れている、橋下さんを筆頭に。
 
●少し前の大晦日の午後、山本太郎さんが「余っている毛布はありませんか。緊急に必要です。お持ちになれる方は・・・ヘお願いします。」トツイート。
 彼は毎年大晦日に炊き出しを。
 そういう山本太郎さんに、「パフォーマンスするなよ」と批判する方々が。
 家族と幸せな年末年始を送れる人たちはいい。
 そうはできない方々がせめて暖かい毛布にくるまれて、スープが食道を下りてゆく温かさを提供しようと思って、大晦日の寒空の下、炊き出しをしている彼とその仲
 間たち・・・。
 リッチなホテルで豪奢なディナーを数晩続ける輩とどちらが非難されるべきか。
 パフォーマンスすらできない人よりずっとマシ。
 日本の国のトップが、お正月旅行はバルト三国めぐり・・・もちろん税金つかってお土産にばらまき ではねえ。

 旧宅に戻れば毛布はたくさんあったのに・・・あのツイートを見たとき、行動しなかった自分に拳固です。
 
阪神淡路大震災から23年。2年ほど前、ニシオジロビタキさんの撮影で行った神戸。
 タクシーの運転手さんとの会話、今でも思い出す。
 ハードの部分は復興していても、被災した人々の上に起こったことと心は決して元には戻らない。
 
 まだ、福島の自宅に帰れない人々がいる現状も忘れてはならない。

 まだ続けるのか、原発推進。
 震災の数年前、指摘されたにもかかわらず「全電源喪失は絶対無い」となんの対策もしなかった安倍さんはなぜ許されているのか。
 官邸の民主党政権による圧力があってメルトダウンを認めなかったと虚偽発言の当時の清水東電社長、
 この方の発言と自己保身が、国民から事実を隠し、その後の政権選択にも陰を落としたことを考えるとき、あまりに罪深い。
 

※国会に証人として喚問された籠池氏。虚偽発言は法的罰則がある、だから事実を述べたのだろう。
 国会にも出ず、未だにその気もない人たちは許されて・・・事実を話し、逃げも隠れもしない籠池夫妻の保釈を認めないのか。
 安倍さんは真っ黒なんですね。
 保釈すると話されるのが怖いんだ、なんという自分ファースト。こんな人に国の舵取りを任せている・・・不安で仕方ない。
 安倍支持の方々は、怖くないのだろうか。
 安倍さん、あなたが胸をはって、関わっていないと言えるなら籠池夫妻を保釈せよ! 

by akaiga-bera | 2018-01-17 11:17 | Trackback

イスカ・・・今年も遇えたね

c0233349_18533993.jpg


今回は比較的近くで遇うことができました。

すっきりしているように見えますけれど、やはり、小枝がたくさんありました。

イスカさんは近くで見ると意外に可愛いです。特に女の子は愛らしい。

この場所で子育てをするそうです。もう求愛給餌をしていました。

集団が去ったあと、やってくるのはカップルらしきつがい・・・ヒナにもあってみたい。

c0233349_18542606.jpg

c0233349_18544421.jpg

c0233349_18552805.jpg

c0233349_18550200.jpg

c0233349_18553929.jpg

c0233349_18555690.jpg

c0233349_18561156.jpg

c0233349_18563271.jpg


お野菜が本当に高い。
産地を見ると、日本だけでなく外国からのものも多く見かけるようになった昨今。
中国からもたくさんのものが。
険悪な状態になったら、日本の食卓は、その日から干上がってしまうかも知れない。
資源のない国が戦争するなんて自殺行為。
すでに70年前に実証済みでは無いか。
あんなばかげた戦争をやるかも知れないと考える政権の愚かさ、恐ろしいと感じた。

やはり近くの外国とはなかよくしていきたいものだ。

安倍さんは、本当に海外旅行がお好き。
 バルト三国・ルーマニア・セルビア・ブルガリアを訪問中。
 世界の多くの国が、北朝鮮と国交をを持っている。
 持っていない国の方が少ないのだ。
 これらの国に行っても北朝鮮の脅威を訴え続けている。
 おみやげつきでお出かけ。
 どの国も表面上は歓迎だけれど、尊敬はされそうにない。
 バルト三国の新聞にも 安倍擁護の伊東志織さんをレイプした山口元TBS社員が逮捕直前、政治介入で免れた件が載った。
 本当に恥ずかしい限りだ。

 それよりなんでこの時期外遊なのか。
 横田めぐみさんのお母様は、もうやるべきことはやり尽くしたと・・・。
 拉致被害者家族の皆様はみな同じ思いだろう。
 生きて再会できるよう、北朝鮮と話をするべき、5年ずっと放りっぱなし。こころは痛まないのか。
 歯がゆくて見ていられない。みんなが声を上げれば・・・。声が集れば・・・もしかしたら自分の家族だったかも知れないのだ。

 ノーベル平和賞を受賞したI CANの代表者が首相との面会を求めたが、政府はNO
 理由は、時間の調整がつかないと。
 都合の悪い人にはどうも会いたくないらしい。
 あまり重要にも思われない外遊をこなす安倍夫妻。
 そのために通常国会も例年より遅くなっている。
 よほど国会に出たくないらしい。
 よほど日本にいたくないらしい。
 どこで丁寧な説明をなさるのでしょうね。

●加計学園は、系列大学のほとんどで応募者が激減とか。
 ますます補助金が必要な状況。
 税金当てにしないでしっかり教育に邁進すれば、生徒も集まるのではないでしょうか。
 安倍さんがいなかったらとっくに学校破産してます。


by akaiga-bera | 2018-01-15 20:12 | Trackback

イスカ・・・初めての場所で

c0233349_15081547.jpg


イスカさんが来ているとお聞きし、初めての公園に行ってきました。

前日も一度とお聞きしていたので、うまくいけばとあまり期待せずに待ちました。

公園の方が水場近くに餌をたくさん置いてくださるのですけれど、そこにやってくるのは、ヤマガラさんのみ。

おそらく食べ物の松の実の所に違いないと場所替え、本当に短い時間・・・あっという間に飛び去りました。

数羽いたようなのですけれど、一羽この子のみしか目に入りませんでした。

その後は声は聞こえたものの姿は見ることはなく、その上せっかくの出遇いも逆光・空抜け・・・ちょっと残念。

ご一緒の皆様、残念でしたが、愉しい一日でした、ありがとうございました。

c0233349_15083292.jpg

c0233349_15084394.jpg

c0233349_15085694.jpg

c0233349_15091505.jpg

c0233349_15092866.jpg



朝から午後2時半までずっと外に立っていたのと長い運転で疲れてしまって、ブログを更新する時間が無かった。
夢多くんは、このところ一時の心配は杞憂に終わったようで、すっかり家での生活に慣れきっている。
窓の外を覗くのが日課。
外に近所のネコちゃんが通ると大変、びっくりするようなうなり声で威嚇する。
しっぽをリスさんのように膨らませて・・・立ち去った後も興奮冷めやらぬ様子。
後は疲れてぐっすり、威嚇しているように見えて怖いのかもしれないなあ。

近くで仰ぐ富士山は、一昨晩の雪で白い衣装を纏ったよう。
朝日を浴びた大きな富士、もちろん素晴らしい景色だけれど、埼玉の平野から見る富士もいいものだと思った。
広がりを感じる遠景に富士が裾を引いて・・・やはり埼玉が好きなんだって自覚。
そりゃそうだ、生まれてからつい最近までずっと埼玉で過ごして来たのだもの。

●今年の国会は終わり、来年の通常国会が待たれる。

北朝鮮を訪問した国連事務次長が警告。『一つの判断ミスが戦争の引き金に』と
 果たしてトランプ大統領は正常な判断ができるのか。
 そういうトランプさんをほとんどの国がいさめているのに、トランプさんをいさめない安倍首相。
 どこまでトランプ追随なのだろう。
 日本国民を守るというなら、戦争を回避するために行動するのが筋だ。
 安倍さんが首相でいる限り、米国の戦争に巻き込まれる危険性は消えない。

●安倍政権、『民主党時代とGDP比べてみて』という。
 安倍政権になってGDPの計算方法を変えて、いままでの推計方式を見直し変えた
 研究開発費だけで12.9兆円上振れ。
 特許使用料の加算が3.1兆円。
 不動産仲介手数料の加算が0.9兆円。
 15年度の名目GDP併せて31兆円のかさ上げ。
 ルールを変えたので、比較はできないこと意味ないことは言わない。数字のみ先走る。
 こういうのを『まやかし』という。
 GDPが伸び悩んでいたので変えちゃったの?・・・ちゃんと伝えてほしいものだ。

年収300万世帯では、控除が減ることや様々な負担増があることで、約1ヶ月分の収入が飛んでしまう
 ことになる

 生活保護費の見直し案。約2.5万円の減額。
 国民年金は満額でも6.5万円。夫婦で13万円。
 生活保護を受けている家庭のほうが豊かというのはまずいという。
 そうじゃないでしょ。
 生活保護家庭より収入が少ない家庭があることの方が問題なのではないか。
 そしてその減った中からまた消費税の増額分を支払わなければならない。
 
 法人税は減額のまま。たくさんの剰余金を持っている企業。
 その中から自民党に献金。自民党は潤う。
 それ以外にも安倍さん、あまり来ないと思われる朝のお食事会で7000万円弱の収入。
 あるとこにはあるんじゃのう。
 苦しんでるのは庶民ばかり。
 どこかの獣医学部には土地建物135億以上、これから毎年た~くさんの補助金がかかる・・・。
 議員年金も復活という方向。
 自分たちだけ良ければという方々、政治には関わって欲しくないものだ。

by akaiga-bera | 2017-12-10 16:28 | Trackback

霧の中のイスカ・・・

c0233349_9372051.jpg


現地に暗いうちに到着。しかし、10時ころまでは霧が晴れませんでした。

上二枚は、霧が晴れてからのもの。

霧の中では全く色が分からない状態、少し直しましたが・・・。

1月に撮ったものです。

c0233349_9373758.jpg


c0233349_174352100.jpg


c0233349_17442614.jpg


c0233349_1746331.jpg


c0233349_1746405.jpg



若者達がやって来てはおしゃべりしていくので、まだ仕事をやっているみたい・・・。
昨日は複数学年が一緒になってしまって・・・。
明るい色の組み合わせの花束、気持ちも明るくなる・・・。
色紙に書いてある文章に涙をこぼしてしまった。

毎日使っていたコピー機、長く使っていた印刷機を引き上げに来てもらった。
15年ほどの付き合いの事務機屋さん。
買い取りしたものなのに無料でいいと。
取引が始まったころ、彼はまだ会社を立ち上げたばかりだった。
機械のことはよくわからないので困ってしまうこともあったけれどいつも面倒見てくださった。
「長い間、お疲れ様でした!」。
仕事はそううまくは行っていないと。

「私もいろいろありましたよ、45年の間には。
お家は競売になるし・・・。
いいときも悪い時もあるのが商売だから・・・Uさん、面倒見いいから分かってもらえますよ、きっと。
めげない疲れないですよ。」
息子の年齢に少し+したくらいかな。
彼の仕事がうまく行きますように!念じつつ見送った。

事務室は大きな二つがなくなると何だかポカンと穴があいたようだ。
こうして一つずつ「サヨナラ」をしていくのだ。


高浜原発3・4号機にかんして。
大津地裁が出した運転差し止めの仮処分の取り消しという判決を大阪高裁 山下郁夫裁判長が出しました。
新基準に適合しているから大丈夫だというのです。
このように上級の裁判所に行くほど行政側に有利な判決になることが当たり前、本当に安全?
また!が繰り返されることのありませんよう・・・。

この1月末に二人の最高裁判事が定年となり、補充が行われました。
最高裁判事は15人で構成され、
裁判官枠→6名
弁護士枠→4名
検察官枠→2名
行政官枠→2名
法学者枠→1名
となっているのだそうですが、二人のうち一名は弁護士枠ということで日弁連が推薦者名簿を出していたらしいのですが、日弁連推薦ではない数人がつけ加えられ、結果、学者である山口厚氏に決定したそうな。

政権に寄りそった考えの裁判官を選べば、政権寄りの判決が言い渡される・・・。
下級の裁判所の判決が上級審で覆されるのはそのため。
安倍政権になり、官僚の人事は『内閣人事局』がになうため、官僚は出世を念頭におけば内閣に背いた発言はできません。
こうして裁判所も官僚組織も安倍政権のやりたいことを補完する形に変えられて行きつつあります。
昨年の安保法制の審議時の内閣法制局の応答もおのずと頷けてしまいます。

特定秘密保護法・そして今準備されているテロ等準備罪も為政者の「やりやすい政治」に寄与することに。
国民は知る権利を侵され、見張られ、公平に裁かれず・・・本当に怖い未来が待っているかもしれないと心寒くなります。


追記
今日3月31日、松野文科大臣は官報で、小・中学校の新学習指導要領と幼稚園の新指導要領を告示。
細かくは色々あるのですが、中学校で学ぶ武道の中に銃剣術が盛り込まれました。
本当に驚きです。
銃剣術はそのまま戦争の記憶につながります。
なぜこんな学習を指導要領に盛り込むのでしょう。
他の部分も読んでみると、塚本幼稚園で行われている教育を笑うことができません。

上記、安倍政権は、やりやすい政治を目指し、さまざまな角度から変えようとしています。
そして今度は子どもたちの教育も。
誰が銃剣術を学校で教えてもらいたいと思うのでしょうか。
北朝鮮を笑えません。
中国を笑えません。
さすがに教育勅語はありませんけれど・・・びっくりするような変化が幼稚園まで・・・
学習指導要領は公教育の根幹をなすもので、子どもたちがどのような方向に教育されていくのか心配。
見えないような小さな変化がこの国を変えていくのです。
それも幼い幼稚園児から・・・。

国外の新聞の多くは安倍政権を極右と評し、ヨーロッパ各国の極右政党と同じに思われているのです。
ナショナリズム・レイシズムは時により国と国のぶつかり合いにも発展します。
恐ろしいことです。
by akaiga-bera | 2017-03-31 06:38 | Trackback

イスカ・・・父子

c0233349_09344814.jpg


右の子はお腹の部分に縦縞があって子どもであることが分かります。

つい2週間ほど前には、親から餌をもらっていました。

もう自力で採餌できるほどに。

歩き始めて30分もしないうちに、他の鳥さんを撮っていると、頭上を鳴きながら後方へ。

振り向くと、道路わきの枝に留まって・・・慌てて。

朝の光で逆光。順光だったらなあ、もうちょっと光があればなあと欲深い思いに。

このグループ4羽の家族。お母さんを見つけることができず残念。




c0233349_09342985.jpg





c0233349_09340308.jpg





c0233349_09331814.jpg





c0233349_09330112.jpg





c0233349_09322958.jpg





c0233349_10033320.jpg



沖縄県の副知事が、教員採用試験結果に口利きしていたとの報道。
残念なこと、みな権力の場にいると、その力を利用してしまうのだろうか。
辞任は当然と思う。
でも目を転じれば、元教育長はなぜ口利きを頼まれた時(恫喝されたとか)、なぜ拒否しなかったのだろう。
教育長というからにはおそらく教員の経験もお持ちだろう。
悪事に手を貸した自らはどのように罰するのだろう。
なぜお辞めになっている今の告発なのだろう。
真にこの方が、在任中やってはならぬことをしたなら、すぐにでも告発すべきだった。

世の中、コネ入社・コネ合格・コネ交通違反の取り消しなどなど時々耳にする。
おそらくそういうことが行われているのは事実なのだろう。
なぜ、今の告発なのか、他の人からは口利きを以依頼されなかったのか、その時が初めてだったのか・・・たぶん翁長下ろしの一環なのだろう。
翁長知事周辺の弱いところを突いて、打撃を与えようとしている気配がする・・・。

最近、ずっと読ませていただいている経済アナリスト植草一秀氏のブログ。
小泉政権下、小泉批判の急先鋒だった氏、痴漢行為の現行犯(本当にそういう行為があったか今は疑問視されているけれど・・・)で逮捕され、テレビにほとんど出なくなった。
今はたくさんの経済本を次々と著し、ブログでもその考えを述べている。
理詰めの文章は、ふんふんと疑問を解決してくれる。
必要以上の叩きがあったようにも今は思う。
氏と小学校6年間同じクラス、中学校はクラスは違ったけれど同窓生という方があの事件後ブログを立ち上げ、氏の人柄について書かれている。
彼女の文を読み、冤罪を感じるようになった。

田中角栄さんも似たような・・それははるかに大きな事件であったけれど・・・。
裏には多くの政敵のあるいは某国の力が働いていたかも。
要するに権力闘争は泥沼で仁義なき争いということなのだろう。




by akaiga-bera | 2017-01-25 07:38 | Trackback

イスカ2・・・心温まるシーン

c0233349_08561392.jpg

深い雪は歩みを阻み疲れも激しいですけれど、目標の鳥さんに遇えてとてもうれしく思いました。

虫を獲っていた♂がちょっと移動したかなと思いましたら、♀がさっと現れ、餌を受け取りました。

素敵なツーショットでしたが、小枝があって・・・気づいて少し移動して、上の画像に。

c0233349_08565445.jpg


c0233349_08563463.jpg

餌をもらうことは愛情の証しなんですね、足りない分は自分で調達なのでしょうか。

c0233349_08555501.jpg

餌をあげた後、♂はホッとしたのでしょうか、羽づくろいを。

c0233349_08553494.jpg


c0233349_09071769.jpg



昨日は楽しい日だった。
遠くの県からお見えになった方にいろいろ知りたいことを教えていただいた。
本当に感謝。熱いコーヒーまでごちそうになった。
いい画が撮れてお帰りになったかしら?

別のところに移動してもまた。
息子と同じ年齢と思しき年齢の方がお隣に。
少し風のしみる時間帯になり寒そうにしていると、温かいお茶と真新しい軍手を下さった。
リックを忘れて手袋がなかったので本当に助かった。
年上の私をどう呼称するか思案したことだろう、結果「お母さん、どうぞ。」と。
彼は意識して使ったのではないのでしょうが、息子の年齢の男の方に「お母さん」と呼ばれて、ドキッとした。
嬉しかったな。
名刺も持っていかなかったので、感謝の気持ち伝えようはないけれど・・・川口のMさん、ありがとうございます。



by akaiga-bera | 2017-01-12 09:26 | Trackback

イスカ・・・知らないことがたくさんありました!

c0233349_22280507.jpg


この寒い時季に、求愛給餌も交尾も。

カワガラスやミソサザイさんの繁殖の時季が他の鳥さんより早いことは知っていました。

しかし、お知り合いが交尾のシーンを目撃したり、私自身も求愛給餌の場面を見たりと、さえずりこそありませんけれど、もう繁殖の季節なのですね。

とても驚きました。

また、イスカさんは子育てもこの地でと。夏には少しは高いところに移動があるのかもしれませんけれど、渡り鳥ではないのだそうです。

もやが晴れて、やっとあたたかに。古い枝に巣食う虫を獲っていました。



c0233349_22274499.jpg




c0233349_22271586.jpg



c0233349_22265047.jpg



c0233349_22262731.jpg

一夜にして30センチ近くも積もった雪、ここでは全ての植物が霧氷状態に。
イスカさんがもやの中ではなく見られるようになったころにはとけてしまいました。

c0233349_00172722.jpg






「行ってらっしゃい!」と送り出した娘が、何やら外で<変な格好しているので、何をしているのか見ていると、どうも霜柱を踏んでいるらしい。
一日だけかと思ったら、このところ毎日やっている、大丈夫かしらと娘。
「だって霜柱、踏んだら面白いでしょ、サクサク、音がするし・・・やりたい気持ちよくわかるわ~」と答えた。

日光の水羊羹を頂いた。
日光では冬でも水羊羹を売っている。
若者のお母さんは宇都宮の出身だということでおいしい羊羹屋さんをご存知だ。
20センチ×30センチほどの大きなもの。
食べきれないのでみんなで頂こうと聞いてみたら、羊羹キライという子がほとんどだった。
これにもまたびっくり。
今の子は餡はあまり好まないようだ。






by akaiga-bera | 2017-01-11 06:24 | Trackback

イスカ♀・・・取り残されて

c0233349_14262952.jpg


3羽の♂がいなくなってしまったのに小さな声が聞こえます。

よく見ると、黄色い女の子でした。

♂を探しているのでしょうか。何度もこの細い枝でキョロキョロ、羽を動かします。

嘴の先に何か咥えているのかなと思いましたら交差した嘴が光って見えているのでした。

c0233349_14254820.jpg


c0233349_14271598.jpg


c0233349_14273425.jpg


c0233349_1428868.jpg



栃木の方では、冬でも水羊羹を頂くという。
実家が日光近くという方から水羊羹をたくさんいただいた。
私も奥日光に行くと、帰り有料道路に乗らず、駅近くのお店で水羊羹を求めてくる。
冬にも食べているのは知らなかった。
私が立ち寄る店とは違っていたけれど、お箸で持っても壊れないのに口に入れると柔らかく溶けていく。
若者に「食べる?と聞くと、「あんこ嫌い」なのが半数近くもいた。
聞くと、お汁粉も食べないそうだ。
若者の嗜好、変わってきているのかなあ。


スンニ派のサウジでシーア派の指導者を処刑したことから、イランでサウジ大使館の襲撃が起こった。
サウジはイランとの国交を断絶し周辺近くの国もそれぞれの宗派を支持するかたちになっている。
この間、石油価格は下がり続けている。
モノカルチャー経済の国にとって、大きな収入の大黒柱が弱ったら、国の経済に大きく影響してしまう。
サウジも石油を王家が持ち、その収入で国民の生活が成り立っている。
経済的に行き詰まり感があれば王家の力は弱まっていく。

一体中東はどうなっていくのだろう。
中東の石油に多くを頼っている日本には中東の平和は重要だ。
長く石油に絡み欧米諸国の利権に巻き込まれてきた中東の国々。
もう大国の思惑に翻弄されるのには辟易していることだろう。
おおきな紛争にならないことを祈ろう。
by akaiga-bera | 2016-01-06 09:57 | Trackback