<   2019年 10月 ( 42 )   > この月の画像一覧

ムギマキ:マユミの実を食べに/閣僚続けて辞任

c0233349_12001261.jpg


色はユモトマユミのように美しいピンクですけれど、葉の形状から通常のマユミだそうです。
10羽ほどいるとお聞きしましたが、この日は数羽。
今日いても明日いるとは限らないのが渡り鳥さん。
出遇いに幸運を感じるのはそれ故。
キビタキさんにも似ていますが、黄色じゃなくてオレンジということ。
通過する季節はキビタキさんが去るころ。
小さな声で連絡し合っていて・・・夏、恋の季節のさえずりはどんななのでしょう?
聞いてみたい。
マユミの熟すのと渡りの季がぴったりでこの出遇いが叶いました。
幸運に感謝。

c0233349_12002206.jpg

c0233349_12022157.jpg

c0233349_12023101.jpg

c0233349_12023931.jpg

c0233349_12024612.jpg

c0233349_12025431.jpg


マユミは日陰にあって、葉はまだ緑でした。
その他の木々はしっかり色づいて。
紅葉は足早に北から南へ、標高の高いところから低いところへと移動していきます。
静かな森は朝の霧はなかったかのようにきれいでした。
神々しい神の森の紅葉です。
c0233349_12030263.jpg




閣僚辞任が止まりません!

河井法相が妻の参議院選挙での公職選挙法違反の疑いで辞任。
この間、菅原一秀経産大臣が辞任したばかり。
二人とも菅官房長官の側近
ほかにも、お金の不正の疑いのありの閣僚ありです。
何でこんなにカネまみれ?
議員になるのにお金を使う、お金を使っても議員になりたい。
単に名誉のためではないだろう。
お金で人の心を買う発想、どこから出てくるんだろう。
きっと使ったお金の何倍ものお金を得られるのだろうね。
議員とは一体何なのだろう?
議員になって欲しい立派な方は議員にはなりたがらない・・・。
議員報酬などよりもっと得るものが大きい。
こういう方々が国民の血税の使い方を決めていることにすでに大きな問題があるのだろうけれど・・・。

今だけ、自分だけの考え方が蔓延中>



病気を理由に逮捕もなしか???

それにしても池袋事故の飯塚某、二人を殺し6名のけが人を出した事故なのに未だに逮捕もなし。
このところ、パーキンソン病症候群という病気だとの発表が。
大切な家族二人を突然に失い、加害者が逮捕もされない。
遺族の無念な気持ちを思うと怒りが湧いてくる。
事故直後の対応も、救急車も呼ばず、みずから息子に電話をしたくらい自分のために動いていた。
現場に内閣府のおえらいさんがわざわざ駆けつけて・・・一体何をしにきたのだ?
病気もその時は言わず、39万筆以上の署名が集って提出された時点での発表。
交通事故だからと言えばその通りだけれど、せめて一旦逮捕は当たり前だった。
ほかの事故では当然なされているだから。
残された遺族のことを考えると、いつまで経っても納得いかない。





by akaiga-bera | 2019-10-31 13:38 | Trackback | Comments(2)

マミチャジナイ:久し振りに近くで

c0233349_12561950.jpg


英語名は『Grey-headed Thrush』灰色頭のツグミさんということです。
以前、名前にはあるけれど、頭部灰色?かしらと思って覚えました。
渡り鳥ですから、春秋と見ることが可能なはずですが、春に出遇ったのは一度だけ。
ほとんどが秋の木の実の熟れるころ。
本を見ましたら、ナナカマドやコシアブラ・ミズキなど木の実を好むそうですが、
小さな昆虫も捕らえることがあるようです。
ここではたくさんあるズミやキハダ・ツルウメモドキ・マユミを食しています。
22センチと大きいのですが、用心深くなかなか近くには来てくれないのですが、
ごちゃごちゃしたズミの木は安全と思うのでしょうか、隠れていてときおり奥の方から出てきてくれました。

c0233349_12562925.jpg

c0233349_12563942.jpg

c0233349_12565433.jpg

c0233349_12570336.jpg

c0233349_12571089.jpg

c0233349_12572578.jpg

c0233349_12573961.jpg


ニシキギでしょうか、葉もきれいに色づきました。
赤い楕円の実も愛らしい。
c0233349_11022995.jpg



ツワブキって秋の光を集めたみたいに美しい黄色ですね。
葉もみずみずしい。
枯れて行く夏の花々、でも菊やツワブキ・サザンカなどがこれからお庭を少し控えめに彩ってくれます。
ご近所の10月ザクラ?フユザクラ?ってお聞きしたか定かではないけれど、見事にお花をつけています。
深緑色の常緑の森を背景にすると、白く見えていたお花が心なしかピンクに。
お正月過ぎまでも咲いていて楽しませてくれます。
まだ、ジョウビタキさんはやって来ません。



首里城焼失

琉球王国の歴史を物語る首里城。
炎をあげて燃えさかる火に、心を切り裂かれたような沖縄の方々も多数いらっしゃったことでしょう。
お見舞致します。
何度かの火災にも関わらず再建されてきた首里城、それは沖縄の方々のよりどころでもあるからですよね。
薩摩藩に支配されるまで・・・琉球は交易によって栄えていたのです。
観光客も増加し、沖縄は基地ではなく、美しい海によって観光立県として、これから未来が開けるところでした。
そのシンボル的な首里のお城が・・・残念です。
応援しないと・・・。




by akaiga-bera | 2019-10-31 11:52 | Trackback | Comments(0)

ムギマキ:間一髪


c0233349_07404486.jpg


麦を蒔く頃にやってくるから『ムギマキ』だそうな。なんて素直なネーミング。
ノゴマさんがお山から平地へ下りて通過していく。
その後やってくるのはムギマキさんやマミチャジナイさんなどのツグミ類。
そして次はルリビタキさん、この場所にたくさん集っているのに出遇ったことがありました。
さらに、マヒワやベニヒワさんはそのあと。
今、日本海側の島に行くと遇えると聞きました。
春から夏に咲いた花々は、秋には実を結び、小鳥さんたちの大切な食料となります。
ですからこの高原は渡りの鳥さんたちの重要な通過地点になっています。

6年前、初めてこの地で偶然に見かけたムギマキさん、その後今回で4回目の出遇い。
4回ともそれぞれ少し離れた別の場所でした。
何よりかわいらしいマユミの実と一緒に撮れてとてもうれしい。
数日前からいたようですが、撮った翌々日にはもういなかったそうです。
間一髪だったと。


c0233349_07411484.jpg

c0233349_07412709.jpg

c0233349_07423385.jpg

c0233349_07414524.jpg

c0233349_07420380.jpg

c0233349_07421984.jpg

c0233349_07424168.jpg


森の中は、華やいでいました。
きらめく光を受けた葉が風に踊り出来る明暗がとても美しい。
鳥も大切ですけれど、美しい自然には心が癒やされます。

c0233349_12055665.jpg




昨日は、落花生とサツマイモ掘りをしました
落花生は初めて栽培、まだほんの一部ですが、たくさんの収穫。
カラを向くのは大変ですが、塩ゆでして頂く取りたて落花生は栽培した人の特権です。
サツマイモはお隣の菜園から頂いたのは巨大、今回我が家のは、私に似て?????ほっそりでした。
来年は追肥を考えないといけませんね。

お庭は紫のメキシカンセージと今まで日陰になっていたウインターコスモスが元気に
ウインターコスモスは、他のお花の陰でかわいそうでしたので、少し早めに他のお花を切りました。
太陽と空気の通りが大切なようです。

キアゲハの幼虫、三つ葉を茎だけにして、ぷっくりしていますが、今は2匹だけ。
その2匹、今朝はイタリアンパセリに移動していました。
オーノーですけれど、今はキアゲハさんに差し上げましょう。
いなくなった10匹はどこに行ったのでしょう?
蛹になるためでしょうからと少し乾いた場所や雨のかからない場所を探しています。

チクリと被災者の方に申し分けないと胸を痛めながらも、ムギマキさんに遇いたくて出かけてしまいました
途中、大きな河川の上・中流域を通ると、怪獣が荒らしていったのかと思うほど。
水はもう少なくなっていましたが、激しい水量が流れたことが推察できます。
また、小さな道路でも土が流れ込んでいたり、大木が倒れていたりと。
木道も水に押し流されフアフア浮いてしまって通れないとのことでした。
数年前、いつもは出来ない湿原に水がたまり、湖になったことがありました。
今回ももしかしたらしばらく水が引かないとあり得るのかなと思いました。




by akaiga-bera | 2019-10-29 12:27 | Trackback | Comments(0)

野菜畑のノビタキ2

c0233349_10172656.jpg


毎年お立ち寄りしてくれるこの場所、今年も遇うことができてうれしい。
秋色のノビタキさん、私の大好きな色でもありますので。
冬はどこで過ごすのでしょうね。

c0233349_10173597.jpg


お散歩の方が通っても大丈夫?こんな何気ない畑地に留ってくれます。
c0233349_10174333.jpg

c0233349_10175162.jpg

c0233349_10175961.jpg

c0233349_10180707.jpg


ミツバの葉っぱを凄い勢いで食べてどんどん大きくなる幼虫。
蛹になるために少しずつ減っていく。
どこに行くのでしょう。
近くには見当たりません。

自然観察センターで、食草の本を教えてもらいました。
ミツバを好むのはキアゲハの幼虫だそうです。
ミツバは情けない茎ばかりになってしまいましたが・・・。
またチョウになって訪ねてくれることでしょう。



by akaiga-bera | 2019-10-27 10:18 | Trackback | Comments(2)

キンクロハジロ・・・羽ばたき

c0233349_11322971.jpg


近くの公園の池にキンクロハジロさんがもう到着していました。
早いですね。
一冬、仲良くねとカルガモさんも言ってるようです。


c0233349_11324173.jpg

c0233349_11325265.jpg

c0233349_11330265.jpg

c0233349_11331313.jpg

c0233349_11332774.jpg

c0233349_11334315.jpg

c0233349_11335842.jpg



芸人の方の脱税や韓国の法相辞任については、徹底的に追究するマスコミ。
現政権の問題には甘いですね。
政治家は税金使っているのですから、本来なら政治家が清潔でないことのほうが大問題だと思うのですが。

トヨタやソフトバンクが法人税を免れるのに触れません。
国家戦略特区を使って、安倍政権がやりたい放題やってることを追究すべきでしょ。


by akaiga-bera | 2019-10-27 06:35 | Trackback

オオソリハシシギ:風に煽られて

c0233349_09150909.jpg


一本足になって体を休めていたオオソリハシシギさん。
風と波で羽を開いてバランスをとりました。
潮が引いてやっとお食事になったシギやチドリさんたち、浜辺の波打ち際は、鳥さんたちの憩いの場でした。

c0233349_09151842.jpg

c0233349_09152586.jpg

c0233349_09153580.jpg

c0233349_09154277.jpg

c0233349_09155430.jpg

c0233349_09160353.jpg


ミヤコドリさんたちは少し離れて群れで過ごしていました。
c0233349_09161399.jpg

by akaiga-bera | 2019-10-26 09:17 | Trackback | Comments(2)

ことばの重み


『即位礼正殿の儀』の天皇のことば



さきに
日本国憲法及び皇室典範特例法の定めるところにより皇位をを継承いたしました。
ここに「即位礼正殿の儀」を行い、即位を内外に宣明いたします。

上皇陛下が三十年以上にわたる御在位の‘間、
常に国民の幸せと世界の平和を願われ、
いかなる時も国民と苦楽を共にされながら、
その御心を御自身の姿でお示しになってきたことに、
改めて深く思いを致し、
ここに、国民の幸せと世界の平和を常に願い、
国民に寄り添いながら、
憲法にのっとり、
日本国民及び日本国民統合の象徴としてつとめを果すことを誓います。

国民の叡智とたゆみない努力によって、
我が国が一層の発展を遂げ、
国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを切に希望いたします。



人の発することばの信憑性は、その人の行動によって示されます。
私は、天皇制そのものも果たして存続すべきかと思いますし、
昭和天皇の戦争責任は免れぬものと思っています。
しかし、戦争に至る過程で天皇を隠れ蓑に跋扈した軍部・企業・官僚・・・の存在を考えれば、
天皇一人にその責任を負わすのは適当ではないと思う気持ちにもなります。

しかし、上皇と上皇后の長くとられて来た行動は、負の歴史を踏まえた真摯なものでした。
そのことで昭和天皇の戦争責任が軽減されるようなことがあってはならないものと思いますけれど、
上皇・上皇后の言動は、
周辺諸国、かつて植民地としていた国々、戦争で家族を失った人々、
本土の防壁として島民の多くを失った沖縄の人々、まだ帰らぬ遺骨に・・・寄り添うものでした。

新天皇は、上皇・上皇后の気持ちを引き継ぎ、現憲法にのっとり、行動されることを誓いました。

平易な言葉の中に意志を感じさせてくれる宣明でした。
人の言葉は、それまでの行動に裏打ちされるもの、
新天皇は、即位礼正殿の儀に、
沖縄戦の慰霊祭のとき、平和を望む詩を読んで、今は高校生となった相良倫子さんや
核兵器廃絶を目指す被爆者サーロー節子さん(安倍さんはこの方に会おうともしませんでした)らを招待しました。
新天皇のことばを裏付ける招待客です。

c0233349_08303119.jpg




一方、安倍さんがいう『美しい国』という言葉にが上っ面だけと思うのは私だけでしょうか。
今回の即位に関しても、安倍夫妻の目立とうという気持ちが表れていました。
安倍さんの回りにはお金にまつわる話が山ほど。
税金で行う『桜を見る会』の招待客も、極右な方々ばかり・・・。

c0233349_18124028.jpg


美しい言葉や多くの修飾語に纏われた言葉には誠意を感じることができません。
この7年、大多数の国民には寄り添わず、金持ちをさらに富ませ、大企業によかれの政治をし、
原発利権も辺野古利権も手放しません。
菅原経産大臣で9人目となる大臣辞任を
『任命責任は私にある』とはいうものの自分自身がその責任をとることはありません。
ずっとうわべだけの言葉で行動しないか逆の行動であったりしました。

今、安倍さんは憲法に『緊急事態条項』を付加し、
海外への自衛隊派遣を正当化し、
アメリカの尖兵の役割を果そうと9条改憲を目指している・・・。
米国への協力が安倍政権延命の手立てだからです。
今まで、米国に立ち向かった政権はことごとくやられているます。
田中角栄さん然り。
ロッキード以上のお金が今も動いているというのに。
マスコミの怠慢で国民には知らせません。


自民党の方々の中にも、
官僚の中にも
安倍さんのやりように、心を痛めている方々もいるでしょう。
もうこのまま放っておいてはいけません。
せめて以前の自民党に。
白い人も灰色の人も真っ黒な人もいた自民党に戻さないと日本は壊れてしまいます・・・
かつては『発展途上国』といっていた国々に負けていくでしょう。
いやもうすでに負けています。
このまま安倍政権が続けば、
加速度をつけて少子化が進み、国民の多くは購買力を失い、
貧しい人と豊かな人の差はますます開くでしょう。
なんとかしないと・・・。

新天皇は、明らかに現憲法を守らない安倍政権とは一線を画していく所存のようですね。












by akaiga-bera | 2019-10-26 06:03 | Trackback | Comments(0)

ヤマガラ:エゴの実の頃

c0233349_09324148.jpg


ヤマガラさんだけが食べるエゴの実。お腹がいっぱいになると近くでは食べず運んでいきます。
どこに蓄えておくのでしょう。
仲間同志、もめることもあるようで、エゴの実はよほど美味しいのでしょうか。

c0233349_09324885.jpg

c0233349_09325970.jpg

c0233349_09330881.jpg

c0233349_09331989.jpg

c0233349_09333643.jpg

c0233349_09334516.jpg



ひどい雨、駅まで孫娘を送ったあとお買い物に。
ほとんど人もいない。
道路の低いところはかなりの水が流れている。
被災地は、寒いし、片付けも出来ず、あらたな災害の心配もしなくてはなりません。
どうか早く雨がやみますように。



菅原経産大臣辞任



昨日まで国会で説明すると言ってました。
でも、病気になるか辞任かと思っていましたが、辞任でしたね。
こういうのを敵前逃亡というのじゃないかしら?
公選法違反なのに大臣辞めるだけで済ますって、おかしい。
選挙違反したのですから議員を辞めるというのが責任の取り方。

経産省には、電力会社の監督義務があります。
今日、経産委員会は流会だそうです。
自分たちに都合のいい方々を選んで『第三者委員会』とは?
どんな結果になるか予め想像がつくような内部調査に等しいのに、『第三者』に意味、通産官僚も関電もごぞ存知ないのかしら?

まあ菅原さんに始まったことではありませんよね。
小渕さんはハードディスクをドリルで壊したり・・・
甘利さんは説明すると言ったまま、睡眠障害で雲隠れ・・・。
稲田防衛大臣も
桜田五輪担当大臣も
塚田国交副大臣も・・・挙げれば切りがない。
松島法務大臣
高市総務大臣(このかた、ゾンビのように現政権に復帰してますよね。)
片山地方創生大臣
まだいましたね。

そして決まり文句は安倍さん、第二次安倍政権発足以来9人目なのに、
『任命責任は私にあります。』
なら、辞めてお詫びして下さいな。
今回も口だけですか。









by akaiga-bera | 2019-10-25 14:55 | Trackback | Comments(0)

野菜畑のノビタキ

c0233349_10302528.jpg


草が尾にかかって具合悪いのでしょうか、ちょんと尾羽を上げて・・・かわいい!
c0233349_10303287.jpg

c0233349_10304236.jpg

c0233349_10305620.jpg

c0233349_10310574.jpg

c0233349_10311506.jpg


まだヒガンバナが咲いているころでした。
c0233349_10312708.jpg

c0233349_10313666.jpg


シオンの薄紫、きれいです。
c0233349_10323152.jpg




熱いコーヒーの湯気が恋しい季節になりました。



被災地の皆様にまた雨が。
もういい加減にしてと言いたいです。
これから毎年大きな台風に見舞われるのでしょうか。
『国土強靱化』をいうなら災害対策ですね。
『治水』は時の為政者がもっとも力を入れないといけない点、どのような政権であっても、
国家は国民を守るためにあります。
税金は、災害対策に使って欲しいです。
防衛費にまわされてしまっています。

c0233349_17403733.jpg



自信のなかった男の子、昨日はがんばりました。
式の変形、誰も出来ない問題を解きました。
本人もうれしい。
私も。
だれも置いていかない。
ゆっくりしっかりを肝に銘じて。
ボランティア、楽しい、こんなおばあちゃんでも役に立ってうれしい。



by akaiga-bera | 2019-10-24 17:49 | Trackback | Comments(0)

以前の発言、核心を突いていました!


人って変わるんですね、
野党だった河野太郎さんの震災直後の夏の発言




玉川さん:
この夏、ずっと原発なしで乗り切れてしまったら困る人、いるんですか?
どういう人が困って、なぜ困るのですか?

c0233349_05140158.png



c0233349_05130181.png


c0233349_05131505.png


c0233349_05132968.png




c0233349_05141993.png


c0233349_05143098.png


c0233349_05145058.png


c0233349_05151415.png


c0233349_05152382.png


c0233349_05242101.png


c0233349_05243870.png


c0233349_05245559.png


c0233349_05250418.png


c0233349_05251560.png

躍起になります。


玉川さん:
この夏はもうしょうがないんじゃないかと思います。
本当に原発が必要かという国民的議論は、
この夏を乗り越えた後、
まさに冷静に選択肢も増えた中でやれば、
誰もが原発要らないってということでもないと思うんですよ。
あえて下手にやっているようにしか見えない、これは何なのですか?
c0233349_05411171.png


c0233349_05412032.png


c0233349_05413092.png


c0233349_05413894.png



原子力政策そのものが、
政治家の資金源となり、
官僚の天下り先となり、
原発関連企業の利益となり、
地元の一部の方々の利益になっている ということなんですね。



この河野さん、現在は外務大臣から防衛大臣に。
発言は、3.11後の夏、まだ民主党政権で、自民党は野党でした。
自由に発言し、核心を突いています。
今、河野さんの口からは一言も聞こえません。
事実はまさに河野さんの言っている通りなんでしょう。

このような発言を繰り返していた河野さん、政権に取り込まれ、大きく変わりました。
外務大臣時の歴史認識も防衛大臣としての現在の発言も・・・。



『権力の味は蜜の味』

容易に人の心を変えるのでしょうか。
以前と全く違った言動になったこの方を見ていると・・・もともと持っていたのかも知れませんけれど。
権力を持ったときの人間の姿、とても恐ろしく感じます。
公明党も以前の平和を希求し庶民に優しいという感じ全く見えません。
うわべだけの庶民の味方???
小泉環境大臣も然り。

出世という人参を目の前にぶら下げられて、みな降参しちゃうんだ・・・・・。
そのためならいくらでも忖度します!
嘘もつきます!
お気に入りの判決も出します!
苦しむ人がいたってかまわない。
多少世間に叩かれてもかまわない。
少しの間我慢すればいいだけだから・・・。

『権力とお金は蜜の味』



追記:
『女性自身』で、嫌いな男性のアンケートをとったら、ダントツ安倍さんがトップとか。
女性の感性は鋭い、理屈じゃない、顔の善し悪しじゃない、何か感じるうさんくささに反応してるんです。








by akaiga-bera | 2019-10-24 17:30 | Trackback | Comments(2)