<   2019年 06月 ( 46 )   > この月の画像一覧

コジュリン♂:やっと遇えました!

c0233349_16422180.jpg


湿原で遇えなかった頭の真っ黒なコジュリンの♂。

毎年のように遇えていた場所へ行ってみましたが、昨年も不可でした。

サンコウチョウでお会いしたお知り合いが別の場所でお撮りになったと聞いて別の場所へ。

コジュリンさんの好みそうな場所ではありましたが・・・いたのはヒバリ・オオヨシキリ・ホオジロさんのみ。

遠くにオオセッカさんの声が聞こえていました。

オオセッカさんがいるならやはりいる可能性がと、丹念に何周もしてみました。

ホオジロさんに似たさえずりが聞こえました。近づくとなんと頭が真っ黒!

コジュリンさんに遇えて幸せ気分でした。水路際と草地を行ったり来たりしながら、さえずっていました。

c0233349_16423110.jpg

c0233349_16424014.jpg

c0233349_16425166.jpg

c0233349_16430362.jpg

c0233349_17135306.jpg

c0233349_16432330.jpg


ネムノキのお花、フアフアでキレイ。
c0233349_16454471.jpg




梅雨、やはり終日雨の日曜。
それでも時々小雨の時間に芝のお手入れをしました。
ずっと鳴いていたガビチョウさんがびっくりするほど近くを飛び去って行きました。



先ほど、板門店で米韓朝首脳会談と。
物別れに終わっていただけに、こうして話し合いの場が持たれたことは、ありがたい限りです。
米朝の関係が少しでもうまくいくなら、戦いは避けらますもの。



c0233349_17105386.jpg


日本は完全に蚊帳の外でした。本当に残念です。
トランプさんも、安倍さんの足下見て兵器交渉を再び、また買わせることが出来たわけだから・・・今頃ほくそ笑んでいるでしょう。
安倍さん外してたのですね・・・悲しいね。
どこまでもついて行っているのに・・って安倍さんのぼやき聞こえそう、そりゃ無いぜ~。





by akaiga-bera | 2019-06-30 21:52 | Trackback

ルールは、頭のいいヤツが、自分たちの都合のいいようにつくっている!

c0233349_09180871.png



ルールは頭のいいヤツが自分たちの都合のいいようにつくっている!

わざと分かりづらくして、頭の悪いやつらから多くとろうとしているんだ!


劇中で阿部寛さんが語る言葉は、この世の中を的確に捉えている。
もちろん勉強するということが、全て『だまされない』ためとは思わない。
知りたい欲求のためであったり、より深く人の心を理解するためであったり、二度と悲惨な歴史を切り返さないためであったり・・・。
理由は様々だが、阿部さんの台詞に然りと頷いてしまった。

是非、ご覧下さい





厚生年金制度の最初は、戦前という。
時の厚生官僚トップは
『労働者の皆さんが軍需生産に励みこの戦争を勝ち抜けば、老後の生活が年金で保証されるだけでなく、
いろんな福利厚生によって、老後の楽しみを満たすことができる。
年金の積み立て金の一部で1万トン級の豪華客船を数隻造り、南方共栄圏を訪問して、壮大な海の旅を満喫いたしましょう。』と。

翌日の新聞各社は『夢の年金』と大々的に報じ、求める国民の声を背景に『労働者年金』(後に厚生年金に改称)が誕生。
戦費調達が目的だったとされるが、年金資金でアウトバーンや労働者住宅をを建設したヒトラーに倣い創設当初から年金以外の目的に流用することを考えていた。


演説した官僚トップは、回顧録で、
法律ができることになったとき、すぐに考えたのは、この膨大な資金の運用ですね。
この資金があれば一流の銀行だってかなわない。

今でもそうでしょう。
何十兆円もあるから。
基金とか財団とかいうものを作って、その理事長というのは、日銀の総裁ぐらいの力がある。
そうすると、厚生省の連中がOBになったときの勤め口に困らない。
何千人だって大丈夫だと。


私はこの戦前の厚生官僚トップの演説骨子を読み、愕然としました。
戦争でチャラになった年金ですが、戦後も形を変えて存続、今に至ります。

戦前のことではありますが、この演説には庶民からお金を出させるためにまんざらウソでもないかのような夢が語られています。
集めたお金は、最初はほぼ年金に使う部分はなかったでしょうし、そのまま余剰金のような存在でした。
実際には、このお金が厚生官僚の天下り再就職先のために使われ、敗戦で支払ったお金も戻らなかったのです。

阿部さんの台詞がストンと腑に落ちます。

頭の良い人たちが自分たちに都合の良いルールを作り、善良な人たちをだます・・・勉強しないとだまされ続けるというのは確かなようです。





by akaiga-bera | 2019-06-30 10:11 | Trackback

婚姻色のアカガシラサギ4

c0233349_18455194.jpg


遠くで見ると、白い羽という印象ですが、今回初めて近くで遇うことができて、白い羽の中に少し黄色味を帯びた部分があることに気付きました。

明かりをともしたように美しいと感じました。

c0233349_18460197.jpg

c0233349_18461104.jpg

c0233349_18462161.jpg

c0233349_18463191.jpg

c0233349_18463962.jpg

c0233349_18464819.jpg

c0233349_18470390.jpg


アガパンサス:一株に10本ほどずつ咲いています。雨にお似合い。
c0233349_18512027.jpg

by akaiga-bera | 2019-06-29 22:47 | Trackback

婚姻色のアカガシラサギ3


c0233349_09561401.jpg


いろいろなサギさんが集って集落をつくっています。
笹の下は空洞になっていて日差しも防げるせいでしょうか。
アカガシラサギさんは、体を休めるとき、笹の下に潜り込んでいるようです。
必要なときだけ表に出てくるのかな?
下にも虫やミミズはいるのか、時々笹の小さな隙間から動きが見えてきます。
やっと出てきてくれたときのものです。

c0233349_09563616.jpg

c0233349_09564771.jpg

c0233349_09571304.jpg

c0233349_09572410.jpg

c0233349_09573254.jpg

c0233349_09574494.jpg

c0233349_09575655.jpg

c0233349_09580944.jpg

c0233349_09582083.jpg


ヤブカンゾウ:これは我が家のではありませんけれど。緑の中に鮮やかです。
最近は開発でヤブカンゾウのいきられる場所が少なくなってしまったそうで、里山近くの方々による保存の努力も伝え聞きます。
私も、裏の水路脇に、移植して増やしています。
キスゲと違い八重咲きなので、とても野辺の花とは思えない豪華さです。
c0233349_10031081.jpg

by akaiga-bera | 2019-06-29 22:40 | Trackback

婚姻色のアカガシラサギ2/上田晋也さん降板

c0233349_18253089.jpg



羽を開くと、美しいですね。心惹かれる美しさです。
c0233349_18254358.jpg

c0233349_18255528.jpg

c0233349_18260943.jpg

c0233349_18262187.jpg

c0233349_18263589.jpg

c0233349_18264988.jpg

c0233349_18265827.jpg

c0233349_18271857.jpg

アリストロメリア:緑にとても映えます。
c0233349_18533034.jpg



今日最終回 TBS上田晋也のサタデージャーナル


残念でなりません。
また一つ消えてしまった・・・。

最終回の今日は、『なぜ忖度は止まらない?』
モリカケ問題をはじめとしてこれまでに取り上げてきたニュースを振り返った。


忖度番組や忖度コメンテーターが幅を利かせる昨今。
思いを素直な言葉に載せていつも語っていました。
選挙に不利だったりマイナスに響く要素も取り上げていた数少ない番組でした。

上田さんが今朝最後に語った言葉、視聴者に向けた最後の言葉、カメラから視線をそらさず、力強い訴えでした。
ありがとう。
いつか上田さんの言葉が皆様の胸に刻まれますこと、心から願いました。


c0233349_22372542.png

今日が最終回ということになりました。
世の中の様々なことについて世の中の皆様にほんの少しでも問題提起ができればいいなという思いで、毎週お送りしてきました。

あくまで私個人の考えになりますけれど、今、世界がいい方向に向かっているとは残念ながら私には思えません。
よりよい世の中にするために、今まで以上に一人一人が問題意識を持ち、考え、そして行動にうつす。
これが非常に重要な時代ではないかと思います。
そして、
今後生まれてくる子どもたちに、『いい時代に生まれてきたね』と言える世の中をつくる使命があると思っています。

私はこの番組において、いつもごくごく当たり前のことを言ってきたつもりです。
しかしながら、
一方では、その当たり前のことを言いづらい世の中になりつつあるのではないかと危惧する部分もあります。
もしそうであるとするならば、それは健全な世の中とは言えないのではないでしょうか。

最後に、また当たり前のことを言わせていただこうと思いますが、
私は政治、そして世の中を変えるのは政治家だとは思っていません。
政治、世の中を変えるのは、我々一人一人の意識だと思っています。

みなさま、どうもありがとうございました。

安倍政権になり、官邸が官僚の人事を思うままにすることの出来る内閣人事局を設置し、
内閣の思うが儘に業種・業者を決定でき、助成金や補助金を配れる国家戦略特区法、この2つで大きく日本は変わりました。
内閣の力が増し、官僚が公文書を開示せず、改ざんまでする、
不利なデータは作り替えられ、虚偽のデータがまかり通る今。

国民の生活より軍事を優先し、外国へのばらまきをし続けている。
自分たちの失策で、年金資金も大変な状況なのに、選挙後にしらせるという・・・。
問題山積なのに、113日も予算委員会を開かずに通常国会も終えた。
要するに、そういうことは人間として恥だとの思いがない方々が政治をやっているのかな。
マスコミも本当のことが書けない。
隠すということは国民の批判を恐れているからでしょう。


この状況を変えるには、批判票を増やすしかありません。
参院選の投票には必ず行きましょう。
一票の力は小さいですけれど、みんなで変えて行きましょう。

全ての事が自己責任なら政府は必要ありません。


by akaiga-bera | 2019-06-29 22:39 | Trackback

婚姻色のアカガシラサギ

c0233349_21140984.jpg


サギさんのコロニーには、チュウサギやコサギ・アマサギ・ゴイサギが子育て中でした。

その中に一羽、アカガシラサギさんが今年も来ているとお聞きし、別の鳥さんで近くまで行ったので立ち寄ってみました。

アカガシラサギさんは、頭部の濃い赤紫そして黒い蓑のような飾り羽、白い体躯・・・とても美しいです。

羽を広げると美しい白い翼がすてきです。

今回は嘴が青く変色、婚姻色になっていました。

伴侶は?と地元の方にお聞きすると、やはり同種の♀はいないそうで、別のサギさんと交尾していたと聞きました。

こうして交雑種は生まれるんですね。

c0233349_21141953.jpg

c0233349_21145354.jpg

c0233349_21152091.jpg

c0233349_21153289.jpg

c0233349_21154285.jpg

c0233349_21160342.jpg

c0233349_21161294.jpg



菜園の草引き、あっという間に伸びて・・・3時間頑張りましたがまだ終わりません。
インゲン・トマト・ナス・ピーマン・春菊を収穫。
ヤマモモ、今年は我が家の木にも。
ヒヨドリさんとメジロさんが熟れたのを見逃さずやってきます。
c0233349_21342850.jpg




闇社会とのつながり、どちらが重いのかな?


今、吉本の芸人さんが、会社を通さず暴力団関係者のパーティーなどで闇営業をやってたことをうけて、
会社から処分が。
売れないうちはホントに雀の涙とも言えないほどの低賃金と聞きます。
なんだかブラックな企業のにおいがしますね。
お金を稼がないと日々食い扶持も確保できない人にとってはどうしたらいいのかしらね。
いくら何でも最低賃金は保障すべきと思いますけれど・・・。
以前、吉本の大御所Sさん、今は辞めてらっしゃるけれど、暴力団との関係が取りざたされていました。
食べられない時代からのつながりなんでしょうか。
売れても関係を断つことができなかったのかも知れません。
根っこは深そう。

安倍首相も、自分の子飼いの方が選挙に出たとき、その反対候補に対して、暴力団関係者に中傷するビラなど選挙妨害を依頼。
しかし、その暴力団関係者への報酬をけちって、下関の自宅や事務所5箇所に火炎瓶を投げ込まれたのです。
この暴力団関係者は、逮捕され、すでに実刑をくらって、今は出所。
裁判では、安倍さんの事務所が荷担していたことが念書を通じて証拠採用されました。
安倍事務所と佐山氏が交わした3通の文書。
安倍事務所が選挙妨害工作を依頼していた事実や、
安倍首相自身が佐山氏と会ったこと、選挙妨害工作の見返りについて話しあった事を示唆する記述もありました。

苦しい生活のために闇営業した芸人と・・・
選挙妨害のために暴力団を利用した人と・・・
どちらも良くないけれど・・・芸人たちは批判を受けているのに安倍さんは無傷でいられるって変。
罪の重さで言えば、安倍さんの方がどう見ても重いよね。
それより政治家って暴力団関係者を使い走りに出来るほど何だということの方がびっくり。
表面上はそのようなつきあいはよろしくないってしてるのに。
私たちの回りには暴力団関係者に何かお願いできる?関係にある人ってほぼいません。

この事件を調べていて出所後の方と連絡を取っていたジャーナリスト山岡氏が地下へ降りる階段で背中を押され転倒し大けがをしたり・・・
国会では全く審議されない『特別会計』を調査していた民主党石井議員が自宅駐車場で殺されたことなど・・・
怖いことが起こる政治の世界。
権力の汁はよほど甘いのかな、邪魔な人を抹殺しようとするほど・・・。



政治家って、けっこう危ない方々なんですね。br>



by akaiga-bera | 2019-06-28 22:23 | Trackback

ギシギシに留まったセッカ

c0233349_13192922.jpg


休耕田は草が生い茂る季節。

セッカさんが、足場の良いギシギシに留まってさえずっていました。

一心不乱、伴侶探しに懸命なのですね。

私は、冬羽のセッカさんが大好き、夏は一寸白っぽくなってしまって残念・・・でもやっぱり可愛い。

セッカさんの♂のお口の中は真っ黒。

サンコウチョウさんは、青い目と同じく青色。

オオヨシキリやコヨシキリさんは黄色ですね。

今度は他の鳥さんも注意してみて見ましょう。
c0233349_13193823.jpg

c0233349_13194644.jpg

c0233349_13195494.jpg

c0233349_13200275.jpg

c0233349_13201023.jpg

c0233349_13201865.jpg

c0233349_13202631.jpg










by akaiga-bera | 2019-06-27 14:01 | Trackback

オオヨシキリとキジ

c0233349_13230002.jpg


休耕田の草丈も伸びに伸びて、クズなど田んぼにとっては致命的な蔓草もはびこっています。

鳥さんや虫たちにとって、そんな場所も必要ですけれど、もう耕作放棄地となっている田もありますね。

セッカさんと同じ場所に、オオヨシキリさんが。

葦の中ではさえずっていたのですが、道路に近いので警戒しているのでしょうか。

c0233349_13221533.jpg

c0233349_13222376.jpg

c0233349_13223154.jpg

c0233349_13223987.jpg

c0233349_13224986.jpg


葦の叢からのっそり出てきたキジさん、キレイでした。

もう繁殖期も終わりでしょうか、幌打ちもしません。
c0233349_13231161.jpg

c0233349_13232238.jpg




このところひんぱんに地震が起こっていて、やはり大きな地震の心配をせずにはいられません。
準備は万端整えているつもりですけれど・・・。
やはり心配なのは、原発。
御前崎にある浜岡原発。一旦何かあれば、太平洋ベルトは寸断されてしまいます。
茨城東海村の東海第2原発。東京に最も近い、何かあれば被害の大きさは尋常では無いでしょう。

アカショウビンさんを撮りに行って、青森・秋田県の日本海側を何回か往復しました。
すでに設置された風力発電用の大きなファン。
新たに数基、工事中でした。
この地方の冬の北西風の勢いはすざましく海岸線の樹木はみなかしいでいます。
原発に頼らない自然に優しいエネルギーの確保、とても重要に思います。
建設にはもちろんお金が掛かると思いますけれど、再生可能なエネルギーの供給地として
地方の力を見直すきっかけになればいいのになと思いながらファンを仰ぎ見ました。



前の新潟県知事の米山隆一さんのツイートを偶然見かけ、最近は関心をもって読ませて頂いています。
おやめになった理由は、SNS で知り合った女性と・・・。
でもその女性をお好きになってしまったっていってましたね。
本当は純な方なのではとその時思っていました。
自分も良くないことをしているのに週刊誌にぶちまけていたんでした。
女性を見る目がなかったのは残念でしたが・・・、なにかイヤな後味の記事でした。
米山さん失脚を意図した記事でしたもの。

米山さんは原発には不賛成で、米所新潟の種子を新たな種子法から護ろうと様々な手立てをしていました。
今、新しい知事は新潟の方ではありませんし、安倍政権の意向を汲んだ方、新潟の種子も危ういことに。
原発も再稼働ありきです、

米山さんのツイートを見ていると、誠実な人柄が伝わってきます。
弁護士資格も医師の資格もお持ちとか。優秀な方。
何より大事なのは新潟を大切に思っていたこと。
このところ元気を取り戻しているコメント拝見して、いつかまた新潟のために頑張って下さいねと思いました。

by akaiga-bera | 2019-06-27 13:42 | Trackback

コムクドリ

c0233349_13315646.jpg


湿原脇の高い木や電線に留っていました。

コムクドリさんの、優しい色合い、好きです。

きれいな緑の中で撮りたかったですけれど、こんなところにしか留りません。

田んぼにも降りずで残念。

c0233349_13320582.jpg

c0233349_13321506.jpg

c0233349_13322415.jpg

c0233349_13323511.jpg

c0233349_13324443.jpg

c0233349_13325429.jpg

c0233349_13330265.jpg

c0233349_13331594.jpg




先週、めまいがしてお休みしてしまったボランティア。
2週間ぶりに会った子どもたちの元気なこと!
今日は、ケアプラザの畠で育ったジャガイモをゆでていただきました。
『皮も美味しいよね』なんて言うこもいて、笑ってしまいました。
また元気で続けられることに感謝です。

by akaiga-bera | 2019-06-25 21:09 | Trackback

慰霊の日:再び繰り返してはならない

昨日、『沖縄全戦没者追悼式』が行われました。
国の違いをこえ、軍人も一般の人々も分け隔てなく・・・戦争の犠牲になられた方々の全ての御霊を追悼するため『全』と名付けられたそうです。
日本で唯一市街戦が行われた沖縄。
一般の人々はさまざまな形でかり出されました。
沖縄が日本の防波堤となり、多くの犠牲者を出したのです。
島民の約4分の1が亡くなられたそうです。
その後も米軍に統治され、日本に返された後も日本にある米軍基地の約7割が沖縄にあります。
米軍や米軍関係者による事件・事故も多く発生してきました。
基地負担軽減は、沖縄の方々の心からの切なる願いではないでしょうか。。
沖縄の方々に辛い傷を負わせた本土の私たちは、我が身に起こったらと考えれば、自ずと沖縄の方々への共感が生まれます。

c0233349_21310157.png


初めて沖縄を訪れたのは40年ほど前の職員旅行でした。
快晴の摩文仁の丘は、海も空も真っ青、崖下には白波が寄せて・・・美しい場所!と思いました。
その浮き世離れした美しい岬の崖から身を投げた方もいらしたと聞いたとき、
こんなに美しい場所でそんな出来事がと胸が震える思いに。
追悼式は、その摩文仁で。昨日は小雨で、青い空も海も見えませんでした。

ひめゆりの塔にも。
女子学生たちがひそんだ壕に、米軍の火炎放射器が容赦なくおそったと聞いたとき、胸が締めつけられそうでした。
c0233349_21304970.png

c0233349_21312318.png

c0233349_21313811.png

c0233349_21315285.png

c0233349_21324036.png

c0233349_21331931.png


画像やそこに刻まれた表情だけで、その悲惨を想像できます。
本土に疎開に向かう対馬丸が攻撃され、多くの子どもたちが亡くなったことも、沖縄の方々にとっては辛い事だったでしょう。

玉城デニー知事は、その沖縄の歴史を、一身に背負って生まれお育ちになりました。
平和への願いは、さらにお強いことでしょう。
すばらしい平和宣言でした。
c0233349_21332809.png

c0233349_21334205.png


若者たちの未来に、沖縄戦のような不幸があってはなりません。私たち大人の責任として、それだけは防がないと。
c0233349_22190304.png



安倍さんが言葉を述べたとき、ヤジが怒号のようにおこりました。
民意を無視し、この日だけ沖縄にやってきて義務をこなしていくというような態度に誠意を感じられないからではないでしょうか。
この追悼式の最中も辺野古の埋め立ては続けられていたのですから。
追悼式にヤジはないだろうという方々もいますが、沖縄戦の犠牲になった方々、今声を上げることが出来ない人々にかわって上げる声です。
ヤジは安倍首相の態度に対してのもの。きちんと受け止めて頂きたい声です。

c0233349_22402560.png

今また危ない事が起きつつあります。
島しょ部に配備される弾薬庫、配備されるかも知れないミサイル、またまた沖縄の方々に危険を背負わせるのでしょうか。
隣国とは仲良く、平和への道は、話し合いだけが解決手段と思います。

c0233349_22404050.png

住民置き去りですね。怒らない方がおかしい。




by akaiga-bera | 2019-06-24 22:45 | Trackback