<   2019年 02月 ( 46 )   > この月の画像一覧

衆院予算委・・・2月28日

c0233349_09282577.jpg



厚労省不正データ問題に関して、今日の衆院予算委。


自民党の質問者は、データを不正の再発防止には、専門的な知識を持った職員を増やすべきと。
本当にそれで解決するのだろうか。


文科省:天下り問題
財務省・国交省:公文書改ざん問題:
厚労省:労働法制にまつわる不正データ問題
その他諸々の不祥事・・・・・・
は、一公務員が勝手になせることではありません。

もし、人員が必要ならばアメリカの半分以下の人口に対して2倍の国会議員数をせめて半減したらいい。
数百億円の削減になる。
参院6増を強行し議員年金も再び議論になっている、なんで自分たちの利益しか考えないのだろう。

公明党の質問者は、言葉激しく役人を非難。
非難すべきは、その役人を牛耳っていて、やらせている政権だ。
下に責任押し付けて上は責任を取らない。
そんな会社があったらつぶれるでしょ。
社員のやる気も低下するというものだ。

公明党の政権批判はパフォーマンスだ・・・もう何度もみてきた。
公明党の方々、利権を得ているのはトップだけですよ。
批判を口にしながら政権内に大臣(国交省)を送り、最期には同調して同一行動。
平和・栄光・勝利を意味する三色旗が泣きますね。

そして祖と仰ぐ日蓮聖人『自分の幸福を願うなら、まずは周囲の平和を祈るべき』と述べていますね。
創価学会のホームページでは、『一人一人の幸せのみならず、真の平和・幸福社会の実現を目指している』とも。
戦争できる国へシフトした名のみ『平和安全法制』へ賛成しておいて恥ずかしくないのでしょうか。
辺野古反対の人々の中に『三色旗』がはためいていました。


誰しもみな、働くのは家族のため。
職を失うようなことはしたくない。
上目遣いになるのも否めない。
森友加計問題も含めて大きな力が働き、結果、安倍さんの周りにいる人たちの利益につながっているように感じます。
そして政府の偏った税制度は、富裕層や大企業に恩恵をもたらすもの。

『下々は、国のやることに口をはさむな』という態度がもうむき出しですね。
馬鹿な下々、せいぜい苦しめとでも言うのでしょうか。

4月から、年金また減ります。
が、負担は増加・いろいろな物品の値上げがまっています。

もういい加減にして欲しい。


頭脳明晰な秘書官や官僚の皆さんが、なんとか隠そうとつく嘘が、つじつまが合わなくなっている・・・。
こんなこと政府がやってるようでは・・・国は疲弊して行く・・・。




14:46維新議員 質問
統計問題を、マニヤックでよく分からないと。
維新の議員の発言にはあまり頷くことはないけれど,『難しい』ということはその通りだ。
優秀な官僚が、知恵を集めて、ウソを守ろうとしているのですから話は難解なのです。
小さな数字の違いを重箱の隅をつつくがごとくだ。
国民には分からぬうちにというのは常套手段。数字信奉は根深い。

ですから私たちの代表にその解明をお願いしているのだ。

維新は、利権屋集団だからねえ、解明には役立ちそうもない・・・野党と言って欲しくない政党だなあ。



by akaiga-bera | 2019-02-28 14:50 | Trackback

ホオジロガモ・・・やっと撮れた飛翔

c0233349_14035353.jpg


時々飛ぶのですが、なかなか飛んだ瞬間から写すことが出来ません。

チョコ色に見える♀も羽を広げると白と赤い足が効いていてとても美しいですね。

そして、繁殖期の入り口でしょうか、時々変わった仕草をしたりします。

ここでは子育てはしませんから、出発の時期が近づいているのだと思います。

c0233349_14040250.jpg

c0233349_14041793.jpg

c0233349_14042803.jpg

c0233349_14044186.jpg

c0233349_14045376.jpg



クリスマスローズの背丈が伸び、もうすぐ咲き出しそう。
紅梅も今日は7輪。きれいです。
水を得た木々立ちは、芽を膨らませ続けています。
おひな様が、にっこりお庭を見ています。
明日から3月。いよいよ暖かい季節の到来です。

世界の国会議員の年間報酬

日本   :2281万円
アメリカ :1357万円
ドイツ  : 947万円
フランス : 877万円
イギリス : 802万円

日本では、他国にはない文書交通費や公設秘書事務費もありますし、政務調査費も無料の交通機関パスも。
さらに、共産党以外の政党は、税金から莫大な政党交付金をもらっています。



by akaiga-bera | 2019-02-28 14:45 | Trackback

ホオジロガモ・・・着水

c0233349_14271990.jpg


川上からたくさんのホオジロガモさんが飛んで来ました。

流れの音で気がつくのが遅れてしまいました。600~700㍍上流からでしたの、

気がつけばこちらに向かって飛んで来るところが撮れたのになあとちょっとがっかり。

水浴びとくつろぎのために移動したようです。

c0233349_14272867.jpg

c0233349_14273767.jpg

c0233349_14274811.jpg

c0233349_14282273.jpg

c0233349_14283089.jpg

c0233349_14283812.jpg

c0233349_14284693.jpg

c0233349_14285617.jpg

c0233349_14290537.jpg



必死で違うと言うけれど、日本はアジアの中で信頼を置かれる国にはなれないようです。

安倍さんは、拉致被害者の依頼を電話で他所の大統領に頼み、北朝鮮に派遣するのも官僚だけ。
まだ、トランプさんは、会談結果について発表していないけれど、トランプさんは自分のことで頭いっぱいのように見受けられます。

それにしても『寄り添う』や『真摯に』という言葉は、定義を変えないといけないようです。





by akaiga-bera | 2019-02-28 14:43 | Trackback

ミヤマホオジロ・・・やはり♂きれいです!

c0233349_20431667.jpg

c0233349_20434816.jpg

竹藪からこっそり餌のある湿地に降りる機会を狙っていました。
しっかり隠れているつもりでしょうか。

c0233349_20432760.jpg

c0233349_20433832.jpg


♀は優しい感じ。日陰のみ残りの雪が。今年はもうないかも知れません。
c0233349_17073803.jpg

c0233349_17075503.jpg

c0233349_17081366.jpg



気まぐれ姫さんの所の孫娘も無事大学に合格。
みな、心配していたので、ホッと。
こういうときに疲れが出るように思います。

今日は海辺まで。
お弁当つくりはおさぼり。
河津桜と菜の花を見てきました。



by akaiga-bera | 2019-02-27 17:14 | Trackback

辺野古基地建設NO! 住民投票結果

沖縄辺野古新基地に関する住民投票2日前の午後8時のNHKニュースの中で、
「県民の分断を望まないから自分は棄権する」という方を大きく取り上げて、あたかもそのような考え方が見識ある態度のようにあつかっていました。
選挙も住民投票も出来るだけ多くの人に参加を呼びかけるのが公共放送の役割ではないか?????と思うのですが。
一部の週刊誌では、3択になり『どちらでもない』が大勢を占めるだろうと。
『NO』を牽制する発言や記事が見られました。
しかし、結果は、
c0233349_12040875.png

どちらでもないは、少数でした。
43万4273名もの方が反対。
c0233349_12025000.png


結果が出てからも『反対、半数達せず』『反対した人は訳の分からないまま投票した』と自民維新の議員発言、結果を矮小化するものだと思いますけれど。

それは投票した方への冒とくでしょう。
理由は、それぞれ違うかも知れません。
米国軍の駐留自体に反対。
辺野古新基地に反対。
自然環境の破壊に反対。
新基地つくる前に普天間なんとかしての願い。

もちろん自民・公明党支持者の中にも
c0233349_12032215.png

そして、右翼ですが、いや真の右翼だから、新基地反対を訴え続けてきた花瑛塾はこんなツイート
c0233349_12132274.png



辺野古の海は県民投票の結果に関係なく、埋め立てが続けられています。
もうすでにこんな状態。赤土で汚された海は取り戻せません。
しかし、
安倍総理の、安倍政権の『沖縄に寄り添う』『真摯に受け止める』という発言の欺瞞に気づくきっかけになるかも知れません。
沖縄の問題は、他人事ではないです。いずれ私たちにも降りかかるものです。
私たちは長期政権のやりたい放題を許してはいけないと思います。
花瑛塾の主張に心から賛同します。

c0233349_12034615.png



辺野古新基地建設、いろいろ問題が噴出しています。
軟弱地盤は前から分かっていたのに工事をすすめていた。
成分の異なる土砂を投入を続ける沖縄防衛局、防衛大臣は答えず。
工事費は沖縄県試算では、2兆5550億円。
福1の汚染水処理に回せ。
国レベルで試算も工事の期間も出せないなんてなんて杜撰なんだろう。

心から政権の交代を望みます。


by akaiga-bera | 2019-02-26 12:38 | Trackback

メジロ・・・水浴び

c0233349_10232364.jpg


今年は雨量が少なく、知っている水場も、ほとんど涸れています。

小鳥たちにとって水浴びは必須。今季、水場探しはとても大変でしょうね。

ですから、いろいろな鳥さんたちがやってくるようです。

小さな流れの奥の方ではヒヨドリやオナガさんが。

外の小鳥さん待ちでしたが、あまりかわいらしいので、たくさん撮ってしまいました。

c0233349_10233134.jpg

c0233349_10233882.jpg

c0233349_10234901.jpg

c0233349_10235854.jpg

c0233349_10240668.jpg

c0233349_10241915.jpg

c0233349_10231495.jpg




飼われていたコミミズクさんが、亡くなっていたとの報。
お父さんはまだ飼い主の所に。
飛び出してしまったのは、ここのお宅で生まれた子どもだとか。
道の傍らで見つかったそうです。
車にぶつかるなどの事故にあったのではないかと。
初めて外に出て、自由だったけれど、危険そのものなんですね。
痛ましく・・・辛いですね。
かわいそう・・・。
あのオレンジの目が思い出されます。合掌。




by akaiga-bera | 2019-02-26 11:49 | Trackback

タシギ・・・遅い光を浴びて/やりたい放題だね

c0233349_10384734.jpg


ここにはわき水があります。

気づいたのはつい最近。草がたくさんあるときは分からなかったのですが、ぶくぶくと勢いよく湧いています。

だから年を通して緑色の場所となっているんですね。

この場所は整備されずに残っています。大切な生き物たちの宝物です。

c0233349_10385920.jpg

c0233349_10390879.jpg

この子、羽の一部が欠損していました。自然治癒しかないのがもどかしい、でも大丈夫そう,強いね。
c0233349_10392487.jpg

c0233349_10393237.jpg

c0233349_10394724.jpg

日が陰ると、こんなに暗くなってしまいます。冬寒の感じが、でも網空気は緩んでいるのですが。
c0233349_10395637.jpg

c0233349_10400763.jpg


日曜は、3家族で、お食事に。
Hちゃんに入学のお祝いを頂いたお返し。
彼女の決意表明?大丈夫かな?
みなでおしゃべりしながらの楽しい時間でした。



沖縄新基地NO!

c0233349_11222392.png


読売の異常さが際立っています。今や読売新聞は、報道機関とは言えないようです。
宅配の新聞のみ消費税8%に据え置き。また戦前の轍を踏もうと言うのか。

私は週刊誌、とくに週刊現代が好きだな。ほんとのこと言ってる。
週刊誌は官邸にはお呼ばれしないし、桜を見る会にも招待されないし、ましてや官邸機密費から美味しいごちそうをされることもない。と言うわけで自由である
c0233349_11422402.png

官僚や国会議員、大臣も、本来なら国民の税金で雇われているのだから、国民に背くことは恥じるべきなのにね。
自分のお金のように、いや自分の懐傷める訳じゃないから使えるのか、湯水のごとく、まるで底の抜けバケツだね。
c0233349_11342458.png

そして弱い人から巻き上げるンだね、


by akaiga-bera | 2019-02-26 11:41 | Trackback

在位30年記念式典での天皇のお言葉  

ともどもに平らけき代を築かむと諸人のことば国うちに允つ 皇后

c0233349_16003009.jpg

谷戸のネギ。近くにもネギはありますけれど・・・乾燥していてこの色にはなりません。
谷戸は湿気も多いのでしょうか。風の影響も少なく、気温もすごく寒くなったりはしないのかも知れません。
色鮮やかな緑の美しさに思わずフェンス越しに撮ってしまいました。



天皇のお言葉を、もちろん動画で見ることも可能ですが・・・。
込められたお二方のお心を深く読み取りたく、文字おこししてみました。



平成の30年間、
日本は国民の平和を希求する強い意志に支えられ、
近現代において初めて戦争を経験せぬ時代を持ちましたが、
それはまた、
決して平坦な時代ではなく、
多くの予想せぬ困難に直面した時代でもありました。


世界は気候変動の周期に入り、
我が国も多くの自然災害に襲われ、
また、高齢化、少子化による人口構造の変化から、
過去に経験のない多くの社会現象にも直面しました。

島国として比較的恵まれた形で独自の文化を育ててきた我が国も、
今、グローバル化する世界の中で、
更に外に向かって開かれ、
その中で叡智を持って自らの立場を確立し、
誠意を持って他国との関係を構築していくことが求められているのではないかと思います


天皇として即位して以来今日まで、
日々国の安寧と人々の幸せを祈り、
象徴としていかにあるべきかを考えつつ過ごしてきました。

しかし憲法で定められた象徴としての天皇像を模索する道は果てしなく遠く、
これから先、私達を継いでいく人たちが、
次の時代、更に次の時代と象徴のあるべき姿を求め、
先立つこの時代の象徴像を補い続けていってくれることを願っています。

天皇としてのこれまでの務めを、
人々の助けを得て行うことができたことは幸せなことでした。

これまでの私の全ての仕事は、
国の組織の同意と支持のもと、
初めて行い得たものであり、
私がこれまで果すべき務めを果してこられたのは、
その統合の象徴であることに、
誇りと喜びを持つことのできるこの国の人々の存在と、
過去から今に至る長い年月に、
日本人がつくり上げてきた、
この国の持つ民度のお陰でした


災害の相次いだこの30年を通し、
不幸にも被災の地で多くの悲しみに遭遇しながらも、
健気に耐え抜いてきた人々
そして、
被災地の哀しみを我が事とし、
様々な形で寄り添い続けてきた全国の人々
の姿は、
私の在位中の忘れ難い記憶の一つです。

今日この機会に、
日本が苦しみと悲しみのさ中にあった時、
少なからぬ関心を寄せられた諸外国の方々にも、
お礼の気持ちを述べたく思います。

数知れぬ多くの援助を与えてくださいました。
心より深く感謝いたします。

平成が始まって間もなく、
皇后は感慨のこもった一首の歌を記しています。
ともどもに平らけき代を築かむと諸人のことば国うちに允つ

平成は昭和天皇の崩御と共に、
深い悲しみの沈む諒闇の中に歩みを始めました。
そのような時でしたから、
この歌にある「言葉」は、
決して声高に語られたものではありませんでした。

しかしこの頃、全国各地より寄せられた
「私たちも皇室と共に平和な日本をつくっていく」という静かな中にも決意に満ちた言葉を、
私どもは今も大切に心にとどめています。

在位30年に当たり、今日このような式典を催してくださった皆様に厚く感謝の意を表し、
ここに改めて、
我が国と世界の安寧と幸せを祈ります。

平成31年2月24日




話が飛んでしまわれたときは心配になりましたけれど、美智子様はさりげなくサポート。
天皇もあわてず。
ステキな夫婦の姿を見せて頂いて、とても感動しました。
本当に二人三脚で、お務めを果されていらしたのですね。
心からのお疲れ様を申しあげたいと思います。
でも、お二方は今の日本の政治のあり方を危惧されているのでしょう。
素晴らしいメッセージでした。
心配は尽きないと思いますけれど・・・どうぞゆっくり残りの日々を過ごしてください。



by akaiga-bera | 2019-02-24 22:12 | Trackback

夕焼け空を行くコミミズク・・・

c0233349_12391591.jpg


3時半頃に着いたコミミさんポイント。
今年は出が悪いと聞いていましたが、やはり遇いたい気持ちが募って、墓参のあとに。
葦の群生から現れると聞いていたので、ポイントから1キロほどを丹念に見て歩きました。
5時を回って・・・もうダメですねと、今年はいつになく数少ないカメラマンの皆さんとお別れ。
しかし、
太陽があまりに赤くそして夕焼けはさらに濃くて・・・あまりの美しさにしばらくシャッターを切り続けました。
遠くを一羽の猛禽らしきが、悠々と飛んで行きます。
いい加減に撮ったので、良く撮れていませんでしたが、車に戻り確認すると・・・
なんとコミミズクさんでした。
遠いし逆光だし・・・コミミさんと分かればもう少しまともに撮れたのに・・と残念ですが、遇えただけでも幸せと思い撤収。
もしかしたら方向からして、周辺田んぼに行くのかもと思いました。
赤い空では、シルエットのみ。夕焼けに向けていたのに補正もせず撮りました。

c0233349_12022045.jpg

c0233349_12023197.jpg

c0233349_12023931.jpg

c0233349_12024779.jpg

c0233349_12025725.jpg

c0233349_12030658.jpg

c0233349_12031661.jpg

夕焼けから離れてやっとコミミさんと分かります。
c0233349_12032531.jpg

c0233349_12033313.jpg



ぞろ目の日は母の命日で、父母の結婚記念日。
打ち合わせはなしなので、兄弟姉妹遇えるかは分からないけれどいつもだいたい同じ時刻にお墓に。
ちょっと遅くなってしまって、すでに墓前にはお花や供物が。
このまま帰ろうかとも思ったけれど、病み上がりの兄の様子も気になるので実家へ。
河津桜、大木なのにまだ3輪ほどしか咲いていなかった。
細くなったけれど、体調はいいと聞き、安堵。
姪が週2回通ってお買い物などしてくれている・・・。
厳しく食事制限しているようで・・・娘のいうことはちゃんと聞くんですね。(笑)



政府:投入土砂の検査せず



12月14日、土砂投入が始まると、海は一気に赤茶色に濁り、沖縄県職員や市民が現場で赤土を確認。
県は『赤土が大量に混じっている疑いがある』として、沖縄防衛局に現場の立ち入る検査と土砂のサンプルの提出を求めたが。
政府は必要ないとして応じない。
政府が出したのは、土砂を納入している琉球セメントが
2016年3月と2017年4月の計2回業者に依頼して実施したものだった。
c0233349_15283809.png

今回投入のものでなく、過去業者に依頼して実施したものだ。
厚労相データ不正の検証も身内で固めた第三者委員会だった、野党の追及がなければ、不正はこのまま見逃されてしまった公算が高い



菅官房長官は、東京新聞 望月記者の内閣記者クラブでこの赤土に関する質問に異常に反応している。
管さんは記者の質問を、事実誤認といって質問を遮る。
望月記者の質問には一切答えない。
もし、望月記者の言っていることが誤りと堂々と言うなら、さっさとサンプルを沖縄県に提出すれば良い。
おそらく望月記者の指摘は図星なのだろう。
検査を拒否するということは、検査されては困るということだ。

また、辺野古の土砂含有率を県に無断で変更
防衛相はそのことに関しても回答を拒否し続けている。
当初の予定から見たら赤土は遙かに安価だそうだ。
約束を守らないことでもうけが膨らむ。
辺野古は菅さんの子息がいる『大成建設の利権』なんですね。
一体いくら掛かるのやら・・・

サンプルを出せない時点で『黒』ですね。



賃貸アパート大手『レオパレス21』、違法建築疑惑が発覚。

c0233349_15271545.png


20年も放置していたそうだ。
これは放置とは言わない。
完璧な詐欺行為だ。
不正はいつかはばれる。
アパートを借りている人たちだけではない、アパート経営を業者に任せていた人たちも大変なことになっている。

ギリシャのEU離脱問題も『財政赤字のごまかし』が端緒だった。
データの不正は、国を滅ぼす危険性がある。
それはそうだ。
私達の日常生活でもウソばかり言ってる人がいたら、黙って遠ざかる。
今日本は、そんな国に成り下がろうとしている。
恥ずかしい限りだ。


国会議員の数を減らせ!


米国の人口は日本の2倍以上。
国会議員は日本の半分。
まずは国会議員の数を半減したらいい。
なのに、与党は参院6増ですよ。
そして、
議員年金復活をもくろんでいる。
少しは自分の首じゃなく国民のことを考えて欲しいものだ。



by akaiga-bera | 2019-02-24 15:31 | Trackback

アリスイ・・・木留まりは不可

c0233349_00574211.jpg


曇った寒い日には出なかったアリスイさん、日が差し始め少し温かくなってからのお出ましでした。
久し振りで近くで会うことが叶いました。
小さなお目々もよく見るとかわいらしい。
c0233349_00562484.jpg

c0233349_00564244.jpg

c0233349_00565031.jpg

c0233349_00571014.jpg

c0233349_00572286.jpg

c0233349_00573297.jpg

サンシュユの花が。もうすぐはじけそうです。
c0233349_01004275.jpg


根本厚労大臣が野党の質問に答弁中の出来事。
根元大臣は、統計不正の証拠メールを突きつけられて、しどろもどろ。
安倍総理、自席から『一旦戻れ』と指示。
図らずも官邸主導を国会で見せてしまいました。
そして、
最近は自席からのヤジ飛ばしも恒例行事のようになっています。
一国の総理が口をとがらせて、汚い言葉でやじる。
立派な?お宅に育たれたのに・・・品性がありませんね。
すぐ怒る総理、切れる総理、そんな方に日本の行く末を任せられない。

しかし、安倍さんが例え交代したとしても、多額のつけ払い、借金の増加、データの不正など、
『民主主義の再生』と『財政の再建』は、誰がやってもとにかく気の遠くなるような困難な作業になることは間違いない。
この次の政権は本当に苦労するでしょう。







by akaiga-bera | 2019-02-23 08:53 | Trackback