<   2018年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

イスカ・・・求愛給餌?

c0233349_04524909.jpg


餌をあげた男の子。でもなんだか女の子の方が積極的に見えます。

よほどおいしいプレゼントだったのでしょうか。

私も食べ物にはつられます。

イスカさんたちの子育てもみてみたいですけれど・・・静かなのが一番なのかな・・・。

c0233349_04503765.jpg

c0233349_04504894.jpg

c0233349_04505925.jpg

c0233349_04511350.jpg

c0233349_04512439.jpg

c0233349_04521906.jpg


ちょっと郊外(笑・・・ここも田舎でした)に出てみると富士山の美しい姿が。
ほれぼれする美しい裾引き、そしてとにかく真っ白。
昨日は雪の中を歩いてきました。

●交渉を記録したデータを確認せよと言われても、『確認は控えさせていただきたい』と拒み続けた佐川元理財局長。
 今は国税庁長官。
 誰の目にも不自然に映ったと思うのですが、それを『通常の移動であり、まさに適材適所』と言い切り同じ答えを繰り返す安倍さん。
 税金を納めてもらうトップにふさわしいと断言する安倍さんの厚顔さには、もはやあっぱれと言うしかない。
 財務省トップの麻生さんも同じ答え。
 私も「わずかですが、やはり納税は控えさせていただきたい」と申し上げたい。

 昨日も長妻議員が、『昭恵夫人は森友の棟上げ式に行くことになっていたのか?』の質問に。
 安倍さん、「それは突然聞かれても答えようがありません!」
 長妻さん、「通告していますよ。」
 
 安倍さん、うろたえないで答えてください。
 多分のその他の件に関しては、官僚が作文してあったのでしょうけれど、このことは事件に関する重要なことなので、安倍さん本人が答えるべき問題として・・・
 答弁書作成を避けたのかも。
 ちゃんと通告事項はしっかり目を通して欲しい。官僚任せではなく。

 森友・加計・スパコン・伊藤志織さんの件など、すでに今までの説明で十分「黒」。 
 黒くなければやらないようなことを、ずっとやり続け、答弁し続けてきている。
 問題は、今までの総理は、こういう事態になったら、もうとっくに辞めているということ。
 ひとえにウソを平気で言い続ける安倍さんの資質の問題だと思う。

●籠池さんの奥さんは、暖房もない独房で家族との接見も禁止され、今は体調が良くないと聞こえてくる。
 安倍さんは、籠池さんにしゃべらせないために、閉じ込めている。
 一刻も早く裁判を開くべき。

by akaiga-bera | 2018-01-30 05:27

ウソ・・・♀

c0233349_1571095.jpg


♂の鮮やかさはありませんけれど、シンプルな美しさ。

今季は少ない出遇いでした。いっぱいいるという場所も教えていただいたけれど、遠いのでお出かけできません。

これは偶然の出遇い。♂を撮ったときのもの。

これでお花が咲いていてくれたら最高ですが・・・ウソさんは芽を食べに来るんですから、仕方ありませんね。

そういえば、この間行った公園の河津桜のつぼみがパンパンに膨れていました。

もう、春も近い。

c0233349_157237.jpg



c0233349_1573739.jpg



c0233349_1575120.jpg



c0233349_15856.jpg


年を重ねるって、決して悪くない。今、静かに振り返りつつ余韻を楽しんでいこう。
見る景色も、、読む本も、人とつきあうのも・・・若いときとは違う味わい。
同じ景色を見ても繰り返しではない。
同じ本を読んでも味が違う。
友人との語らいも心の触れあう深さが違う。
いいね。


大飯原発廃炉決定。
 安全対策費は、1基あたり2000億円ほど。延長運転は最長でも20年。両方稼働したとしても元が取れない。
 経産省はいまでも原子力発電が一番安いと言い続けるのは詐欺に近い。
 廃炉の道のりも困難かつ多額のお金がかかる。
 各電力会社の経営陣は、よく考えるべき。
 
 そんな状況下にあって、日立が原発をイギリスに輸出。
 その債務保証を 政府がしようとしている。
 事故があったらどうするのか、イギリス国民への道義的責任もある・・・。
 それに一民間会社の債務を税金で補填するなんておかしい、国民は底のない支援を認めるのだろうか。
 債務を保証することで、事業に真剣さがなくなるような気もする。
 全て自社でと考えればその事業も真剣にならざるを得ない。

安倍さんになってから海外への支援は極端に増加
 色々考えてみると、安倍さんのこのようなお金の使い方は今に始まったものではないように思った。
 子どもの時から、お金によって動く人たちを多く見てきたのではないか。
 それが外交にも同様に。
 戦後、日本は戦争をしない国として、一定の評価を得てきた。
 安保法制はすでに動いており、これで自民党案での憲法ができてしまったら、近隣の過去日本に侵略された国々が不安に思って当たり前だ。
 日本が軍事費を増やす度、批判はとまらないだろう。
 尊敬から不安な国へと一気に変わって行く。
 回りとの溝も深まるだろう。

 戦争をしないことが、国民の命と財産を守ることだと考える。
 



by akaiga-bera | 2018-01-29 08:32

ベニマシコ・・・若い♂でしょうか

c0233349_10170829.jpg


雪の日から3日経ってもまだ雪が残っています。20センチ以上降りましたものね。

毎年、雪が降ると、喜び勇んで出かけたものですが、やはり慣れぬ土地、知らない坂がいっぱいあるかもと、外出は控えました。

この日も混雑を避けて早めに出かけたのですが、やはり怖いような坂もありました。

待てど待てど現れず・・・ベニさんも寒くて活動開始が遅れたのかも知れません。

草地の法面にご飯を食べにやってきました。きっとここは夏場、カナムグラやクズ、セイタカやイタドリで満たされていたのでしょう。

春まで食料は保証されているようです。

c0233349_10171897.jpg

c0233349_10172984.jpg

c0233349_10173960.jpg

c0233349_10175596.jpg

c0233349_10180533.jpg

c0233349_10181568.jpg

餌探しは雪の無いところでするのですから・・・雪のある場所には行ってくれません。
c0233349_10182627.jpg


優勝を目指して頑張った孫娘たちのチーム、74校の中で入賞という結果。
不満足ではあったようだが、少し時間が経過すると、気を取り直しむち打って練習したことをお互いたたえ合っていたという。
コーチもなく、構成・衣装・音楽・振り付けを全て自分たちで。
私も最初は、ダンスか~と。
派手な衣装にメイクと、ちょっと軽く思っていた。
 
腕を上げても肩が軟らかくないとピノキオのようになってしまったり、指も手首も基礎練習をして、軟らかく大きくみえるように。
基礎の練習がとても重要なのは他のスポーツと変わりない。
実質的には22ヶ月、高校生活は本当に短い。
しかし、燃え尽きるほど熱を帯びて頑張った・・・本当にお疲れ様!
これからまた次の目標に向けて頑張れ。

今日は、私の誕生日。
父がシベリヤから帰って生まれた私。
起き抜けで、父母の画像に、これからも元気に行くよ!と。

昨日、横浜市からうれしくないプレゼント、『国民健康保険高齢受給者証』なるものが届いていた。
窓口負担と入院費の限度額は変わらず、今年8月から外来月額上限がが12200円の増加になるそうだ。
少しずつ少しずつみろいろ負担額は増えて行く・・・・・。
こうなれば病気をしないことが一番の節約だし、未来へのつけ回しも減らすことができる。
いっぱい動いて体を鍛えていこう。
誕生日の決意としては・・・ちょっとさびしいかな。
大丈夫、今朝も皆様の画像を拝見しつ、「こんな画像を撮りた~い」と欲張っていますから。

今は亡き田中角栄元総理
  戦争を知っている世代が、政治の中枢にいるうちは心配ない。
  平和について議論する必要もない。
  だが、
  戦争を知らない世代が政治の中枢となったときはとても危ない。

野中広務氏に合掌。弱者に寄り添った方だった・・・。
 平和主義者で憲法の擁護者でもあった・・・。
 松本サリン事件でも、河野さんに謝罪していた・・・。
 過ちは過ち、しっかりケリをつける方だった・・・。

 森首相退陣のとき、野中さんを総裁に推す声が強かったが、野中氏は固持。
 その折、別の会合で麻生さん「あんな部落出身者を日本の総理にはできんわなあ。」と。
 伝え聞いた野中氏「「君のような人間が、政策をやるなら、我が党で人権啓発などできようはずもない。」
 
 後に野中さんは、辛淑玉さんにこう語ったそうだ。
 「実際そうだろうね。実際そう思っているんでしょ。朝鮮人と部落民を死ぬほどこき使って、金儲けしてきた人間だから。(中略)
 何の疑問もなしにそう言うんだ。不幸な人だ。一国のトップに立つべき人じゃない。」
  
 野中さんは、憲法改悪に反対していた。
 安倍陣営は、そんな野中さんを『反日』『売国奴』『左翼』と。

 戦争体験者がいなくなっていく現在。
 今は亡き人々の指摘が胸を騒がす

金曜日の参院本会議、一般質問で社民党福島瑞穂議員の指摘
 この5年で安倍首相が海外に持って行ったお金を54億と。
 その後、安倍さんは、この数字は正しくない、いろいろな者が含まれている、その10分の1ほどの金額が正しいと。
 でも、この数字54億円は、福島議員がねつ造したわけではなく、外務省に文書で質問、文書で答えが返ってきたもの
 姑息ですね。
 私たちの身近かでも、人をお金でつなぎとめている人って怪しい。
 昔から金の切れ目は縁の切れ目といいます。
 心じゃなく金でつながっている関係は、簡単に崩れます。
 安倍さんは、これだけのお金を遣って何を得たのか、しっかり説明すべき。
 短絡的じゃなく将来的に意味あるお金もあるだろう。
 きちんと総括すべき。54億円はこれからの日本にさらなる負担を強いるものだから・・・厳正に遣われなければならない。
 

NHK、昨夜に続き、NHKスペシャル『赤報隊事件 戦慄の銃弾 知られざる闇』ぜひ。午後9時~
 草薙剛さんの発する言葉に重みがありました。

by akaiga-bera | 2018-01-28 12:03

氷の上のキセキレイ・・・

c0233349_14373742.jpg


暗い谷戸にある池はまだ凍っていました。

その氷の上に舞い降りたのは、キセキレイさん。

でもね、しっかり足の指を開いて、気をつけているようです。

その姿が可愛くて、にっこりしながら撮りました。

氷の上はあぶないあぶない、何度も転びそうになっていました。
c0233349_14383058.jpg

c0233349_14384134.jpg

あらっ、ここからは溶けてる・・・。ストップですよ。
c0233349_14385221.jpg

c0233349_14390434.jpg

c0233349_14391526.jpg



●野鳥に興味のある方の多くは一度はコスタリカを訪れたいと思うかも。
 たくさんの野鳥たちが住むところ・・・。
 私も行きたいと2月のツアーに申し込んだけれどキャンセル待ち。
 4月はいかがと言われたけれど、雨期寸前、一度しか行けないのだから、ベストシーズンに行きたい。
 そんなこんなでコスタリカについて調べていて知ったこと。

 映画、「コスタリカの奇跡~奇跡的平和国家のつくり方」

 1948年、私が生まれた年。コスタリカは、史上まれにみる偉業を達成した。
 革命に勝利し、武装を解いたフェレール(後にコスタリカの大統領となる)。
 回りは敵ばかりだったけれど、勇気のある決断。
 軍隊がないことで、その資金で、たくさんの教師が生まれ、子どもたちは軍隊にとられることなしに教育を受けることができた。
 一方米国は、第二次大戦後もずっと戦争の渦中にある・・・

 
 

 軍備拡張だけが国民を守ることじゃない

 イージスアショアを買うお金があったら・・・・。

 武力で脅しても平和は実現されない。

 
  
by akaiga-bera | 2018-01-27 05:23

谷戸のルリビタキ・・・♀

c0233349_13251418.jpg

谷戸の奥には池がたくさんあります。小さな流れもあります。

周囲は笹や雑木に囲まれていて、今 池の周りは落ち葉でいっぱい。

そんな場所で、女の子は餌探し。鳥さんは本当に目がいいんですね。

暗い深い谷戸は、雪をいただいてますます静かでした。

女の子、可愛いですね。♂の青もすてきですけれど、メスの大きな目も愛らしい。

c0233349_13252310.jpg

c0233349_13253208.jpg

c0233349_13260384.jpg

c0233349_13262801.jpg

c0233349_13261644.jpg

暗い場所でしたが近くに。
c0233349_13263848.jpg

ジョウビタキさんは縄張りは死守するって感じ。
c0233349_13264889.jpg


by akaiga-bera | 2018-01-27 05:20

谷戸のルリビタキ・・・♂

c0233349_11533124.jpg


家族を送っていって、用事が済むまで待っているのもと思い、以前訪れた谷戸に広がる公園に足を運びました。

入り口で出迎えてくれたルリビタキの男の子、きれいな個体でした。

谷戸、谷津とも言いますけれど,地域によって言い方が異なるそうです。

近くにはジョウビタキの男の子も。暮らしやすい場所なんですね。

谷戸はまだ雪が少し残っていて、日陰は凍っていました。

長靴・厚手の手袋と準備はしていましたが、やはり転びました。

たいしたこともなく散策を続けたのですが、小鳥も少なく、もちろんカメラマンもなし。

のんきに時間を過ごしました。日だまりのロウバイはきれいに咲いていて、もう春待ちの時間も短いことを実感。

c0233349_11535428.jpg

c0233349_11540528.jpg

c0233349_11542366.jpg

c0233349_11545416.jpg

c0233349_11550678.jpg

一日前、近くで撮った紅梅。
c0233349_11551680.jpg



お庭の雪はだいぶ溶け、芝生がどんどん広がる感じ。
家庭菜園は、まだ雪に埋もれていて、今は冷蔵庫にある在庫でお料理している。
スープ入れに時間が無くてインスタントのお味噌汁を入れてあげたのだけれど、○○○の作ったのじゃないのならいらないよと孫娘。
サービストークとは思うけれど、内心結構うれしい。
明日は、孫娘の高校時代最後の大会。それ以降は部活はなく、受験に向けて頑張らねばならない。
ここ数日は、朝練習もさらに早朝からとなり、暗いうちに出て行く。
忙しいけれど、少しでも元気が出るお弁当をと思う。
お味噌汁も作ってしまった。(笑)

学校の家庭科の時間に、環境問題に関する話し合いがあったと。
その時、ビデオを見たけれど、感動だったよと。
内容を聞いて・・・
少し前の中学校の英語の教科書にも取り上げられていた1992年、リオの環境サミットでのセヴァン・カリス=スズキさん、当時12歳のスピーチと思われる。

私も改めて聞いてみた。文字に書き起こそうかとも思ったのですが、やはり画像はありがたい。字幕付きで感謝。




昨日から国会は参議院に
 今日午前中は公明党と共産党の代表質問。
 安倍さんは、米国の核抑止力が我が国を守っていると答弁。
 いざとなったら米国が日本を守ってくれると。

 しかし本当にそうだろうか。
 この70年の間に、核をもつ国は確実に増えた
 核に抑止力があるというなら、核をもつ世界の大国以外に核保有国は増えなかった。
 世界を全てこわしてもあまりある核爆弾をこのまま放置して良いのか。
 ICANの姿勢は正しいと思う。

 安倍さんは、時間ないことを理由にICANの方々との面会を断った。
 会って話すべきだった。
 北朝鮮の核は怖いけれど、これは一国で解決すべき問題ではない。
 世界の多くの国々、多くの団体と協力すべき問題。
 核爆弾の怖さはどの国のものでも同じだ。
  
 いざとなったとき、米国は自国の利益を守るだろう。
 沖縄での米軍のやりようをみていれば、想像がつく。
 100歩譲って私たちは米国の核の傘で守られていると言うなら、北朝鮮も自国と現体制を守るために核を持つという論理にどう対処できるというのか。
 凶器を持っていて、あるいは凶器を持っている助っ人がいる状態で、おまえは凶器を持ってはいけないって言ってるようなものだから。

 私は朝鮮びいきでもない。
 米国トランプが持っている核のボタンも、お隣金正恩が作り上げる核も怖い。
 臆病だけれど、怖いものは怖い。
 もちろん戦争もいやだしこわい。
 でも、戦前の人たちとは同じにはなりたくない。

 セヴァンがいうように、子どもたちの未来が住みづらい世界であって欲しくない。
 あの時代の人たちは、どうして気づかなかったんだろうと未来の人たちに言われたくない。
 今だけ、自分だけよければいいといって未来に苦しみを残して行くような政治は変えなければと思うだけ
 ずっと青空を優しい気持ちで見上げられる未来であって欲しい。





 


by akaiga-bera | 2018-01-26 13:19

コミミズク・・・葦原

c0233349_1857457.jpg

毎年撮っているのに季節になると一度は遇いたいコミミズクさん。可愛いですものね。

遠くなってしまってもやはり足は向いてしまいます。

雪が溶けて地面がしめって・・・この寒気が去れば、お花が咲いてくれますね。
c0233349_18571623.jpg




c0233349_18572748.jpg




c0233349_18573843.jpg




c0233349_18575056.jpg




c0233349_1858244.jpg


この冬一番の寒さとか。今日も早朝に近くのバイパスで事故が。
雪が溶けてしっとりした道路は寒気にさらされ思った以上に滑る。
雪がないからと安心して走ってはいけない。
朝晩は絶対にスピードを出してはいけないと家族一同。

市原悦子さん
 水俣病患者を救済していない。
 原発事故の後始末はまだ。
 基地問題も沖縄の人の気持ちをくんでいない。
 そんな人たちが美しいことを言っても信じられない。
 戦争につながる集団的自衛権の行使には賛成できません。
 憲法を守りたいのです と。

 多くの方たちが声を上げ始めている。
 その結果、現政権にはパージされるかも知れないけれど、もうそんなこと言ってる余裕なし。
 先人たちの数多くの死によって気づかされ、獲得した現憲法。
 絶対に絶対に失いたくない。
 国家のために家族を差し出したくない。友人を差し出したくない。

 数を得た自民党安倍政権、本当に怖い。
 安倍さんはこの5年やってきた悪事を無いことにするため、権力者でいたいため、動いている。
 いつかこの政権のやってきたことが白日のもとにさらされるときが来る。
 そうしないと、日本は、再び戦争への道をすすむことになるだろう。
 ナチス台頭までほんのわずかだった。10年そこらで十分なのだ。

 世界の様々な統計をみると、かつて上位だったものがことごとく下位になっている。
 すでに日本はいけいけの成長成長の時代ではない。
 国際競争力も無くなっている。
 米国のように武器を各国に売りつける方向に進んでいる。
 売り続けるためには世界のあちこちで紛争が起こっていることが必要になる。
 国民の多くはそんなことは望んでいないけれど、変わって行かなければならない。
 ご飯を食べるために私たちは働くけれど、それが戦争に協力することになるかも知れない。

 私たちは米国式の企業の生き方ではなく、人が豊かになれる産業の育成に力を入れてくれる政治を望む。

※自民党改憲草案の詳しい説明を求めます。
 憲法を越える力を為政者に持たせる改憲案、よくよ~く勉強しましょう。




by akaiga-bera | 2018-01-25 08:53

カワアイサ・・・スタイルいいな

c0233349_15092117.jpg

カワアイサさんに初めて遇ったのは、宮城県名取川河口の町、閖上(ゆりあげ)の港近く。

津波が名取川をすごい勢いで遡上するのを、車のテレビでみて、息を飲みました。

閖上の町は漁港として発展。娘家族が仙台にいたので、行く度にお寿司を食べに行ったり、野鳥の撮影に訪れていました。

いつも訪れていた場所が津波に飲まれる、想像の範囲を超えていて・・・・。

あの鮮魚売りのおばさんは?お寿司屋さんは?どうしたろう。名取市の死者は1027名。ほとんどが閖上地区の方々。

時々ネットで復興の様子を確認しているのですけれど・・・まだ更地のままのところがほとんど。

ですから、カワアイサさんに遇うと思い出します。

前日の夕刻、もう無理という所まで撮っていたのですが、夜、宿で確認するとみな怪しいので再度撮ろうと決めて予定を組みました。

今度は少しだけまともに。

c0233349_15093282.jpg

c0233349_15094314.jpg

c0233349_15095469.jpg

c0233349_15100899.jpg

c0233349_15102162.jpg



太陽の光ってすごい力があるんだなあと思った。
もちろん毎日の洗濯物が乾くのでも分かるけれど。
20センチ以上はあった雪、夕刻には雪かきした道路は乾いていた。
雪だるまさんは目も当てられない。
そして2日目の今日は雪をまとめた所以外は綺麗に溶けていた。
でもしばらく寒い日が続くそう・・・。
溶けて凍ってを繰り返すのだろう。
気をつけて運転しなければ・・・。

今朝、借景の梅の大木にジョウビタキのお嬢さんが留まっていた。
朝日を浴びてひかり輝いて。
白梅が咲いたら来てくれるかな。

今日お庭のポタジエのブロッコリーを一つ収穫。
毎日ヒヨドリさんがやってきて葉をつつくので、少し早かったけれど。
さっとゆでたら鮮やかな緑に、うまそう。

雪は冬の寒さから植物をまもってくれるんだそうだ。
何かの番組だったかな、雪が少ないと翌年の山野草の花の付きが良くないのだそうだ。
思い出した。尾瀬ヶ原をずっと撮り続けていらっしゃるカメラマンの方が言ってらしたんだ。
雪は重いけれど、ひどい冷え込みから守ってくれるんだね。

安倍さんが、五輪開会式の為に韓国にいくことになってまずは良かった
 私たちの日々の暮らしの中でも、近所の方々とは仲良くやるのが一番。
 いがみ合っていいことは何もない。
 明治以来、ずっと日本は朝鮮を支配してきた。
 まだ高齢の方の中には、子ども時代ずっと教えられていた日本語を話される方がいらっしゃる。
 自国の言語を話さないということは寂しいことである。
 言語はいつも強い国のそれが勝ってゆく。
 
 支配してきた側は支配される人々の心を理解できない。
 沖縄米軍の中に、不当な日米地位協定を押しつける米国の中に、日本はやはり負けた国であり、我々は勝ったという意識があるのだろう。
 何度も何度もおなじことを繰り返している。

 政府はお題目のように「遺憾の意」を示したという。
 遺憾の意とは残念ってことでしょ。
 残念ですまされる問題じゃない。
 日本が大事、国家が大事というけれど、なんども危険にさらされる人々はたまったものじゃない。
 憲法改正いうまえに日米地位協定を変えよう

 沖縄以外の場所に住む人々が、自分の住む場所が沖縄だったらと考えて行動すれば変わるかも知れない。
 他人事で済ましてはならない。
 安倍さんの訪韓も「行くべき」の意見が多かった。
 皆が意見を表明することで少しずつ変わっていくのだと思う。

●この10年間で、世界のエネルギーの供給源は大きく変わったという。
 風力発電量は7倍となり、原発を越えた
 太陽光発電は48倍に。コストは最大2円/KWhまで価格低下
 原発推進を止めない日本政府、世界からとりのこされてしまうかも。
 それに2円なら安い。
 原発は廃炉費用まで考えたら高価な電力となる。危険なものは排除すべき。

●物価上昇率は直近のデータでは、0.9%。2%の物価目標はほど遠い。
 またもや33年まで延ばしたばかりだ。
 政府は、物価目標が達成されていなくても、デフレ脱却の判断は可能と言い出した
 理由は他の経済指標が改善しているからだそうだ。
 これこそビックラポンだ。
 自ら言い出した目標を達成できないのは、経済政策が間違っているからだ。
 国民が財布の紐を硬くしめないと暮らしていけない状況を作っておいて、失敗をごまかすのか。



 
 

by akaiga-bera | 2018-01-24 15:14

ベニマシコ・・・柳に

c0233349_18045896.jpg

暖かい場所にあるヤナギ、一足早く銀色に。

草地の餌を食べてしまったのか、新鮮なサラダのような青い新芽を体が要求しているのか分かりませんけれど・・・ヤナギに乗りました。

なかなか綺麗な赤が出ませんけれど・・・弱い日差しのためか陰はできずに済みました。

緑のノイバラの芽はまだ、緑の中で鮮やかな赤を撮りたいです。

c0233349_18043977.jpg

c0233349_18041803.jpg

c0233349_18035983.jpg

c0233349_18033727.jpg

c0233349_18030603.jpg

下の文が離れてしまって直りません。
c0233349_18060910.jpg

いつも便利につかっているバイパスが通行止め、20センチ以上かな、本当にたくさんの雪が降った。
よく晴れて雪もどんどん溶け・・・公園や道路は水でいっぱい。
一日長靴ですごした。
スタッドレスを履いているのは私の車だけなので、大活躍。
雪道の運転も久々に感謝された。

今日午前、白根山の突然の噴火。
自然は気まぐれだ。
人間の力を越えた存在。
自衛隊の方が噴石の直撃を受けて一人亡くなられた・・・。

地震も小さいけれど1ヶ月ほど前、たて続けてあった。
大丈夫かしら?大きな地震の前触れでないといいけれど。

今日もたくさんの救急車の音を聞いた。

小泉進次郎議員、「野党が同じ質問を繰り返す時はAIではじけばいい」と
 野党が同じ質問をするのは、与党が聞かれたことにまともに答えないからではないか。
 子ども保険といい、形を変えた税金を提唱したり、この方も国民目線にはなれない。

 さらに「特に首相・外相・防衛相はこんなに国会に張り付く必要ない。質問が無くても国会に長時間座っていることを国民は望んでいる のか。」
 あなたも国会が無ければ良いと思うかたなのですね。
 進次郎氏、安倍さんに忖度ですか。 次期の総理候補と言われ、党内の風当たりも強いらしいから。

 自分の仕事がきついと思えば思うほど、子どもには後を継がせたくないと思ったりするのではないか。
 政治家って家業として成り立つんだ・・・。
 
 お父さんの小泉元首相が、原発を廃止すべきと声を上げた。
 私はこの方も国民目線じゃないとずっと思っている。
 郵政民営化によって生じた問題。過疎の地域はおいていかれっぱなし。
 弱肉強食時代の走りだったと思う。

 ですから彼が提唱した原発廃止の考えもやはり親として息子への援護射撃なのかなと考えてしまった。
 本当に国民の心配をしてくださるのなら、まずは「自民党改憲草案」こそ批判して欲しい。

安倍さんは「憲法は国のかたち、理想の姿かたるもの」という。
 憲法は、国民が公権力を縛るためにあるのだと思う。
 二度と国民を戦争の惨禍に遭わすことがないように。
 現憲法もには国のあるべき姿をしっかり書いていますよ。

●今治市が加計学園の獣医学部に負担する96億円について、市民の間から不安の声が上がっているという。
 赤字が増えたら誰が責任をとるのか、菅良二市長答えず。
 
※籠池夫妻、すでに6ヶ月囚われの身、一日も早く保釈を認めるか裁判を開始すべき。口封じって分かります。 
 


by akaiga-bera | 2018-01-23 18:37

ヒレンジャク・・・遇えました!

c0233349_14210838.jpg

もう4・5年前のことだったでしょうか。

お宿で見た美しい写真、黄色い実にキレンジャクさんがたくさんぶら下がるように群れている・・・それも雪の日の画像。

いつか撮ってみたい。この実はどこにあるのだろう? それを調べることから始まったっけ。

いくつかこの実のなる場所を見つけ、3年にわたり待ち続けました。

今回4年目にしてやっとレンジャクさんがやって来てくれました。

私が夢見た画像とは全く別物になってしまいましたが、まずはこの実とレンジャクさんを写せただけでもうれしい。

近くなら、毎日でも通うのに・・・お宿をとって翌日も早朝から待ってみたけれど・・・やって来ませんでした。

近くの里山にも今年はやってきてくれるでしょうか。

c0233349_14212189.jpg

c0233349_14202623.jpg

c0233349_14204064.jpg

c0233349_14205135.jpg


昨日は4キロ近く機材を担いで歩いてしまった。
いつも必要な場所だけなのだが、どのような場所かしっかり知っておきたいとあちこち。

積もりそう・・・。雪がしんしんと。
町中ではここほどでもないようだけれど。
心配になって、一度目の雪かき。
旧宅が心配だ。せっかくガレージを雪の重みに耐えられるように直したのに、この前行ったとき、それを外してきたのだ。
これから出かけるのも無茶だし、意味なかったなあと。

先ほど、昨夜、BS1でやった「731部隊の真実」をみた
 戦争が人間を普通でない状況に追いやっていく。
 人体実験をおこなった人々も普通の人々だった。
 本来は、人の命を救うべき医師や科学者たち、なぜその真逆にある人体実験をやってしまったのか。
 組織というものの恐ろしさと上に立つ者の資質がきわめて重要だと感じた。

 ソ連参戦と同時に731部隊は徹底して破壊された。
 破壊を命じて、我先に帰国したトップたち。
 残ってソ連軍の捕虜となり、ハバロフスク裁判で裁かれとらわれの身となった方たち。
 許されて帰国が認められたにも関わらず、自殺された方も。
 おそらく命令とはいえ、自分のなした行為を許すことができなかったのだろう。
 家族との幸せな生活に戻ることを自分に許さなかった。
 心の優しい方だったのだ。
 普通の人を変えてしまう戦争を決してしてはならないと改めて思った。
 
 いくつか示唆的な部分があった。
  一つは、
 高等小学校を卒業したばかりの少年兵。
 この部隊に下働き要因として動員された。
 14・5歳。今ならまだ庇護を受けている年齢の子どもたち。
 家が貧しくて上の学校に行けない成績優秀な少年がターゲットに。
 「徴兵制」はしかれなくても、「経済的徴兵制」が大手を振って行われる。
 歴史は、過去の過ちを繰り返さないために学ぶ。
 歴史の中にこそ、変えられない真実がある。
 望まぬ死という最も不幸なものを生み出してきた戦争の歴史をしっかり若者たちに学んで欲しいと思う。

  二つめは、
 上に立つものは情報もいち早く得ることが可能だということ。
 やっていたことの全容を知る立場にあった幹部たち。
 敗戦後はどのような罪にも問われかねないと知っていて逃げた。
 やっていたことが極悪非道と知っていた。
 その方々は、戦後、国立大学の教授になったり、政治家になったりと・・・戦後社会の中でも位置を占めていく。
 昨晩の放送は、731部隊の資料を米国と取引材料にして罪を免れた人たちがいたことにも触れていた。≦
 その中の一人、岸信介。安倍さんの祖父だ。

その後すぐ国会中継。今日から通常国会
 安倍さんの所信表明も外務・財務大臣の所信も聞いたが、表面的な感じ。
 上滑りの言葉を信じる方が多いのだろうな。
 全てまっさらな雪で覆い尽くしたい。


※「緊急事態条項」を付加するのは、この国をかってのナチの支配したドイツにすることであり、戦前の日本の憲法に戻すこと。反対します

c0233349_16555511.jpg

まだまだ積もりそうです。
c0233349_16560757.jpg

こちらはどこに行くのも坂なしには無理。
バイパスに入る側道で大型トレーラーが立ち往生とか。
このくらいの雪でも大変。大騒動。
雪国の方々の辛抱強さを思います。
我が家もみな早々と帰宅。今日ばかりはみんなで夕食をいただけそうです。

せっかくみんな早く帰ったのだからと雪だるまを作りました。
家族全員、芸術的センスなし・・・だなあ。
c0233349_21101944.jpg



by akaiga-bera | 2018-01-22 14:22