<   2014年 11月 ( 34 )   > この月の画像一覧

お山の出遇い・・・

高い柊の天辺近くにアトリさんの群れ。もう一部はお山を降りたとのこと。

でも・・・雪が降ってもここで冬越しするのもいるのですよね。

c0233349_1823305.jpg


c0233349_18291520.jpg


c0233349_18293035.jpg

一瞬の出遇い。ムギマキさん。
c0233349_20414476.jpg


c0233349_20421036.jpg

ゴジュウカラ
c0233349_2043983.jpg



ESAの探査機 ロゼッタの子機が、今日未明、火星と木星の間にある彗星に到着。
掘って状況を知らせるという。
どんな新しい事実が発見されるだろう。
10年かかって到着したのだという、しかし、この機は帰還しない。
「はやぶさ」がイトカワからお持ち帰りしたということはやはりすごいことでした。
領土問題など・・・ちっぽけに感じてしまいます

お庭のツワブキの黄色、枯れた木々の中で、一段と鮮やかに感じられる。
by akaiga-bera | 2014-11-13 06:14 | Trackback

コウノトリのいる風景・・・

色々な水鳥さん達の憩う池。
c0233349_201107.jpg


c0233349_2014088.jpg

別の池でしたが、たくさんのサギさんと。
c0233349_202157.jpg

干潟で獲るのはドジョウ・ザリガニの小さいもの・小魚。みな泥々、でもそのままは食べません、水のあるところまで戻り、しっかり洗ってから丸のみしていました。
c0233349_2025369.jpg


c0233349_2071117.jpg

コウノトリさんは鳴かないのだそうです。♂の成鳥はクラッタリングといって嘴を打ち付けるんだそうな。
c0233349_2032487.jpg

夕闇が迫るころ・・・風にさざ波が立ち美しい。
c0233349_2073199.jpg



収入が変わらず物価が上がりでは・・・私たちもできる限りの節約をし無駄を排して暮らしていかなければならない。
消費マインドは冷え込んでいる。
GDPは下がっているらしく、恐らく増税先送りの上解散総選挙、安倍政権延命のための選挙の様相。
拮抗する力を持った野党がないのだし・・・
選挙費用も700~800億かかるのだそうだが・・・。
でもやるか・・・・・だからやるか・・・・。
経済界の大物は選挙には反対らしいけれど・・・。

やはりフェデラー、強し ですね。

毎日、落ち葉掃き。焼きイモでも焼きたいほどだ。ここを終の住処としないことを決めてから、育った数々の木々も愛おしい。
by akaiga-bera | 2014-11-12 06:59 | Trackback

秋景色のベニマシコ・・・

出遇ってもなかなか画像にはできないまま。在庫からです。

まだ色の残っている秋景色の中で撮っておきたいものです。

c0233349_1711336.jpg


c0233349_17112289.jpg


c0233349_1711356.jpg


c0233349_17114716.jpg


c0233349_17131526.jpg

公園の蝶カメラマンの方に。ムラサキシジミの♀と。美しい色ですね。
c0233349_17165814.jpg



錦織選手、本当にすごいことですね。
「開花」という語がぴったり。
羽生選手、無理をなさらないでと・・・自分に厳しく人には優しいんですね。

それにしても、中国も日本も経済的にはなくてはならぬ国になっているのに・・・仲よくできない。
中国も国内に渦巻く不満が噴出しないように…カメラが回っているときは笑い顔も見せずでしたね。

それにしても最近発覚した習主席がタンザニアを訪問した時、専用機の半分が埋まるほど象牙が密輸されたという話。
高級官僚たちが多くの賄ろを得ているという・・・腐敗しきっているのですね。
貧富の差のない国を目指した共産党政権が資本主義国以上の貧富の差を生み出している・・・いつか不満は爆発することでしょう。そう遠くなく。
by akaiga-bera | 2014-11-11 07:08 | Trackback

ジョウビタキ・・・残りわずかな実

草叢に自生したムラサキシキブ、実の付き具合はお粗末ですが、ジョウビタキくん しっかり見つけました。

♂♀数羽いて争いながらもその間にお食事と飛びまわっていました。

c0233349_6402117.jpg


c0233349_6405998.jpg


c0233349_6411442.jpg


c0233349_6422915.jpg


c0233349_643946.jpg

あれっ、もう一つあったはずなのに・・・。 さっき他のをとった時、飛び散ってしまいましたよ。
c0233349_6432220.jpg


c0233349_6505569.jpg



目的の鳥さんを待っているうちに雨が降り出し・・・お帰りになる方もいらしたけれど粘っていらっしゃる方数人。
お昼には引き揚げるつもりで出てきたので、寒くお腹もすいてきても、ちょっと開けた間にと思うと動けません。
いつもお目にかかる方がご自分の昼食からおいしいパンをくださいました。
雨はますますひどくなりましたが小鳥さんのように常緑樹の下で雨宿り。
ますます寒くなって・・・そんな時、また別の方がイベント会場で温かな焼き饅頭をみんなに。
冷えた体にパンも饅頭もおいしかったこと!
皆様のあったかい心がいっぱい入った差し入れ、心から感謝です。
by akaiga-bera | 2014-11-10 07:07 | Trackback

ニュウナイスズメ・・・地味でした

寒くなったお山からもう降りてきたのですね。スズメさんの群れかと思いましたらニュウナイスズメさんでした!

春、桜の中で出遇ったときより赤褐色の部分が薄い、華やかさが消えてしっとり落ち着いた色合い。

何を食べているのかと思いましたらここでは桜や欅の冬芽。桜の芽ももしかしたら甘いのでしょうか。

c0233349_3142535.jpg


c0233349_323510.jpg


c0233349_3135162.jpg


c0233349_314835.jpg

まだ刈り取られていない稲があることの方がびっくりでしたが・・・。稲穂、もしかしたら種用なのでしょうか。
以前、食用にするにはあまり長く置くとおいしさが半減すると聞いたことがありました。
c0233349_3411678.jpg


c0233349_3412938.jpg

葦の中はかっこうの隠れ場所のようです。
c0233349_341568.jpg


c0233349_342820.jpg

これは別の日、別の場所で。夕暮れ近く、柿の木でした。
c0233349_492949.jpg





友人とのお別れに手向けたのはお花ではなくお酒だ。
彼にはそれが最もふさわしい気がする・・・。

悲しいことがあり・・・楽しいことがあり・・・季節が変わっていく・・・。
by akaiga-bera | 2014-11-09 18:34 | Trackback

秋色・・・モズ

お出かけの帰りにちょこっとお立ち寄りしたなじみの場所。

セイタカアワダチソウは色を失いつつあり、他の草草も一時の勢いがない…すでに晩秋の趣の草はら。

小鳥さんはほとんどいなかったが帰りがけに、モズさんの声がけたたましく・・・。

他にいないのだからそんなに威嚇するような声はいらいないでしょ と思ったけれど、とにかく渾身の力を注いで鳴いている。

しばらく見ていたが、その一生懸命さに、カメラをセットしてしまった・・・。

c0233349_16295621.jpg


c0233349_16301756.jpg


c0233349_16303987.jpg


c0233349_16305570.jpg


c0233349_16311966.jpg


c0233349_16313888.jpg


c0233349_1632389.jpg


c0233349_16322249.jpg


c0233349_16381978.jpg


c0233349_6463052.jpg



お庭の山茶花は薄紅色、優しい柔らかな花弁、西日を受けると透いて光を通してしまいそう・・・。
柔らかさに憧れてしまう・・・。
あまりに勢いのいい夾竹桃は何度もきりつめているが、いまになって少し濃いピンクの花をつけ始めた。
一枝落として花瓶に投げ入れ・・・ふう、夏より深い色だね。
by akaiga-bera | 2014-11-08 06:47 | Trackback

コウノトリ・・・飛翔2

盆地のこの場所は、色づいたお山に囲まれています。ため池の多くは掘りこんだというより堤防を作って底に水をためる構造。

堤防に上がると美しい田園風景がみられます。

背中を見せて飛んで行ったコウノトリさん、サッとは飛んで行かず、数回高い上空を旋回。紅葉のお山を背景に飛んでくれました。

地元の方々は、それだけでどの池に行ったかおおよそ分かるらしい。

c0233349_16165454.jpg


c0233349_16171313.jpg


c0233349_16173025.jpg


c0233349_16174795.jpg


c0233349_1618093.jpg


c0233349_16181354.jpg


c0233349_16274335.jpg


c0233349_1625299.jpg



中国の漁民が小笠原諸島近辺で赤サンゴをとるため、日本の領海に違法に侵入しているとか。
赤いサンゴは高価で売れるそうで密漁があとをたたない。
台風の大波にも国の港に帰るわけでもない。
命がけで一攫千金を狙っているのか。
あの大きな波をものともせずに・・・・。
何だか恐ろしい気がする・・・とてもその迫力に勝てない気がする・・・。
領土問題も然り・・・。
by akaiga-bera | 2014-11-07 07:02 | Trackback

コウノトリ・・・飛翔

今年、7羽飛来した時もあったようですが、今は一羽。

でもここには食料がたくさんあるようですから・・・良い場所が見つからなければまたもどってくるかもしれませんね。

野生種が途絶えた原因は、餌を獲る場所が乱開発や田んぼの減少により減り、消毒などによっても餌となる水中生物が少なくなってしまったからとか。

自然が豊かじゃないと大きなコウノトリやトキさんは生きていけないんだ・・・。

突然に。尻尾が黒いのかと思いましたら風切羽の先端が黒いんですね。

c0233349_2223485.jpg

一つ目の池では風下にいて後姿ばかり。今度は失敗しないぞと思って待っていたのですが、逆光、また近くを飛んだ時はピンボケ・・・なかなかうまくいきません。少し遠くに離れてやっと追いかけられました。
c0233349_930298.jpg


c0233349_930194.jpg


c0233349_9303723.jpg


c0233349_931283.jpg


c0233349_931208.jpg



中学校時代の同級生の訃報。
昨年・秋、会ったときは元気に軽口などたたいていたのに。
みんなで温泉に行こうっていってたのに・・・。
また、さびしくなるね。


みんな青空の彼方・・・。
by akaiga-bera | 2014-11-06 06:46 | Trackback

コウノトリ・・・遇えました

神奈川県にコウノトリさんが飛来しているとお聞きしていたのですか、出かけられず。

ノゴマさんの場所で、教えていただき、行って参りました。初見・初撮り、本当にありがとうございました、この場をお借りして。

最初の池から飛んでしまって、これで終わりかなと思っていましたが、地元の方にご案内して頂けることに。
 
さすがに習性を熟知してらして、すばらしい。お連れ頂いた場所にちゃんと。

皆様、お優しく、楽しく過ごさせていただきました。皆様に助けられての一日でした。感謝!

c0233349_8444669.jpg


撮れたらすぐに他所に行こうと思っていたのですが、朝から夕刻まで。いっぱい、いっぱい・・・同じようなのですけれど。
美しい青空を写した沼で。
c0233349_8473981.jpg


c0233349_8475168.jpg


c0233349_8481731.jpg


c0233349_8483341.jpg


c0233349_8484448.jpg


北国は低気圧が通過中、ここも強風でした。
c0233349_8503530.jpg


c0233349_8572243.jpg

日が当っていたら、輝くような美しさだったでしょう、もうこの時間は陰でした。カワウご一行さまも別の沼に飛んで行きました。
c0233349_911434.jpg


初めて見たコウノトリさん。翼を開けば2m近くもあるんだそうですが、本で読んだのと違いやはり大きいと感じました。。
コウノトリさんの野生種は途絶えてしまったので、これはもちろん兵庫県で放たれたものです。
この場所には100以上のため池が点在。
伺えばこの地は年間降水量がとても少ないとか・・・先人たちのコメの増産にかける熱意の賜、今は稲の採りいれも終わり、ため池もその役割を終え、水を抜かれて水鳥さん達のいこいの場所に。コウノトリさんにとっては願ってもないいい場所、昨年も一冬越して行ったそうです。
これだけの体を維持するためには、たくさん食べなければならず、下ばかり向いて採餌して、疲れると休んでの繰り返し。


九十九里浜に漂着したトドさん、元気になるといいですね。
by akaiga-bera | 2014-11-05 09:21 | Trackback

ヨタカ・・・

お散歩のため短いレンズカメラで歩いていると、先ほど立ち話していた常連の奥様が走っていらして、教えてくださった・・・。

一週間ほど前に見つかったヨタカさんが今朝再び見つかったと。

急ぎ駆け付けると数人の方が。6年ほど前とほぼ同じ場所。そして地面に平行な太めの横木に。まるで木の一部のように留まっていました。

嬉しい出遇いですが、とにかく動きません、目も開けません。

家までレンズと三脚をとりに帰ったあと、大きなお口を開けてあくびしました、間に合った・・・。

いつものお散歩コースから外れていたので教えていただかなければ写せなかったなあ。

常連のご夫妻にも再び見つけてくださった方にも、感謝感謝です。

c0233349_16451788.jpg

あまりきれいでない印象のヨタカさん、良く見ればかわいらしい。まれに目を開けます。
嘴は小さいのですけれど、開けると大きい。
c0233349_16453787.jpg


c0233349_16455372.jpg


c0233349_16463441.jpg


c0233349_16465115.jpg


c0233349_16471125.jpg



ヨタカ・・・2  に続きます。
by akaiga-bera | 2014-11-04 07:09 | Trackback