日米FTAは日本を壊す

『桜を見る会 来年は中止』と・・・

よほどまずいと感じての決定でしょう。

c0233349_22253196.png



来年のことじゃないんですよね。
この4月に行われたことの問題点を明らかにせずに・・・ホント乱暴。
共通テストの英語民間試験導入延期と同じ。
先送りしたって止めるわけじゃないですし、
見直してより国民の目をごまかすための戦略を練って再びということでしょうから。

『桜を見る会』は安倍政権が国民のためではなく、
自分や友だちや支持者のために、ひいては自分のために、税金を勝手に使っている政権だということを顕著に見せてくれています。
買収まがいのやり方で選挙も民主主義も馬鹿にしているんですね。
自分のお財布は傷めずに、国民から絞り上げた税金を使って・・・心痛まないのでしょうか。
でも、今、もっと大きな問題がこの陰に隠れて動き出しています。

上記の記事は昨日書きはじめました。
明日になったらどんなふうに言いつくろうのかと考えました。
安倍さんは自ら釈明し、『5000円はホテル側が示したもの』とか
『数の増加については反省する』と。
財務省の文書を書き換えたりするようなお方、
一寸鼻をひねれば、ホテルに言い含めることなど簡単でしょう。
反省で済むようなものではありません

反省などまったくしていないのかな、ばれたことについての反省はあるでしょうが。




日米FTA自由貿易協定は日本を壊す
c0233349_22245554.png


日米貿易協定が、11月15日本日委員会採決されて、19日には衆議院を通過するそうです。
先にFTAに加盟した韓国、経済ボロボロになってますよね。

ウインウインなんかじゃありません。
アメリカの一人勝ち。
なんで、野党は委員会審議に応じたんでしょ。
応じれば、時間経過で採決、数で押し切られること分かってるのに。

産業・医療・保険など多くの人々に関係する内容が崩壊してしまうでしょう。
外国との条約は国内法より上ですから・・・
これから野党が政権とっても変えられなくなってしまい、ひたすら米国に搾り取られます。

消費税の廃止も出来ませんし、国民皆保険も総崩れになり、誰が総理をやっても戻せません。

米韓FTA発効後わずか一年で韓国は、57の国内法を変更せざるを得ませんでした。
韓国も日本も国内法より国際法が上位、しかし米国は国際法と国内法は‘同等。
国際条約で決まったことを無効化できるのです。。
ウインウインじゃなくて『不平等植民地条約』といってもいいでしょう。
このような条約を批准するなんてばかげた身売り、国売りです。



頭脳明晰な官僚のみなさん、


FTAは日本が食い物にされる条約だってこと助言してあげてください。
恐ろしい身売りをこのどさくさに紛れて動き出させないでください。

どうか
国民のために働いて下さい、政権のためではなく。
いかにその時々の政権にお仕えするのが仕事とはいえ、税金から給料支払われているんですよね。
出世ではなく国民に寄りそう姿勢を取り戻してください。
将来国民が負わなければならに労苦をなんとしても避けてください。



以前に載せた記事ですが・・・

日米の関係、米韓の関係、日韓の関係・・・根っこはここでしょうか。

●終戦時、米国大統領トルーマンの言葉

 猿(日本人)を『虚実の自由』という名の檻で、我々が飼うのだ。
 方法は、彼らに多少の贅沢さと便利さを与えるだけで良い。
 そして、スポーツ・スクリーン・セックス(3S)を解放させる。
 これで、真実から目を背けさせることができる。
 猿は、我々の家畜だからだ。
 家畜が主人である我々のために貢献するのは、当然のことである。
 そのために、我々の財産でもある家畜の肉体は長寿にさせなければならない。
 (化学物質などで)病気にさせて、しかも生かし続けるのだ。
 これによって、我々は収穫を得続けるだろう。
 これは戦勝国の権限でもある。




by akaiga-bera | 2019-11-15 21:42 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/30570261
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by eblo at 2019-11-15 22:26
日米FTAと聞くと、どうしてもドラマERが頭に浮かんでしまいます。
テレビを観ている頃は「まさか、幾らアメリカでも」と思っていました。
高い保険に加入していなければ死にそうな病人まで追い返す、そんな場面がたびたび出てきましたから。
その後、それが本当の姿と知って驚いたというより、どうしてそんなことができるのだろうという気持ちが強かったです。
立憲は何を考えているのでしょう、山尾志桜里さんには裏切られた気分です。
Commented by akaiga-bera at 2019-11-16 20:41
ebloさん、こんばんは。
いやアメリカという国は・・・。
7月に来日したボルトン補佐官は、在日米軍の駐留経費『おもいやり予算』を20億から4倍の80億ドル8700億円に引き上げるよう求めました。
世界でも日本の米軍への経費負担は他の国と比べても今でも多いのに。
強いものが勝つのが当たり前という国、切られる人々も多い。
そんな国にはなりたくありませんが、外的状況がそれを許さなくなるでしょうね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ジョウビタキ:朝の葦原にて ホシホウジャク:ハチドリのよう・・・ >>