2019 お月見 雲間でしたが


c0233349_05255821.jpg

c0233349_05261139.jpg

c0233349_05262030.jpg


昨日はお月見でした。
あいにくのお天気で見えないかもと思っていた夕刻。
夕食を終えて、夢多くんのお散歩に外に出ると、雲間に光が。
くっきりとは見えませんでしたが、雲間の満月も趣があっていいなと感じました。

一日延ばした病院、行ってきました。
9本も採血と聞き、9回も針を刺すのかとおののいていたのですが、注射は1回で上手に収納部分を変えるだけでした。
ホッと。若い男性の看護師さん、注射の腕だけでなくかけて下さる言葉も優しい。
たくさんあるから・・・この数見ただけで気持ち悪くなったり、手先がしびれる方もいます、大丈夫ですか?と。
血の気の多い私、少し抜いたほうが、おとなしくなるかもと思いつつ、
自分の静脈血ってこんないろなのか~切り傷で出るときはもっと鮮やかに見えるけれどなあなんて考えているうちに終了。
心電図とレントゲン撮影、長く病気もしなかった私、けっこう緊張しました。
いざというとき、意外に意気地なしかも。

待ち時間、頂いた冊子を熟読。
今夜から実行しようといろいろ決めごとをしました。

処方箋でお薬を頂いて・・・気分を変えに近くの公園へ。
公園は多くの木が根こそぎ倒れ、折れた大きな枝が落ちていたり木に引っかかっていたり、あちこち通行止めになっていました。
途中、仕事帰りの娘の年齢の方とお花や虫について話しながら・・・その方がホウの花が落ちているのを何だろうと不思議がっているのを見て話しかけたのですが。
公園が大好き、仕事を終えて少し歩いて一休みして、仕事を引きずらないためとても大切な時間とおっしゃっていたのが印象的でした。


オシロイバナ:お鼻にくっつけて遊びました。
c0233349_05263355.jpg

キンミズヒキ
c0233349_05270371.jpg

エノコログサ??+ヤマトシジミ
c0233349_05271352.jpg

ゴンズイ
c0233349_05272202.jpg

ハギ
c0233349_05273309.jpg



お月見のお飾りが気になりましたが・・・
勝手が分かりませんので、ススキが採れるような場所も知りません。
(あとで気付いたのですが、お借りした菜園の脇にありました。)
家に一本だけ伸びていたパンパグラスの穂で間に合わすことに。
時間もなくなり急ぎお庭からなんとか集めて、お団子作り。

c0233349_05175647.jpg

パンパグラス・シュウメイギク・ヤマウド・ハナトラノオ・白いミズヒキ・ブルーセージ・ルトベキア・タカノハススキ


月も見えておらず、頂いた絵手紙を飾りました。
お供え物はなくて・・・お月見のこと、帰宅間際まで思い出しもしませんでした。
やはり頭が病院のほうへ行っていたんですね。





by akaiga-bera | 2019-09-14 06:01 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/30446612
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tokotonton1952 at 2019-09-14 10:35
こんにちは^^
ステキなお月見のお花になりましたね^^
タカノハススキ?の斑が入っているなんて良いわぁ~^^
オシロイバナもこうして撮られて可愛い、キンミズヒキもゴンズイの赤い実もハギも素敵ですね^^
お身体に何か心配事があったのかしら、すみませんなかなかさかのぼって読めていなくて
今の医療はすごいですね、1本の針で何本もの採血も、点滴だって、置き針というのか、1度使ったまましばらく使えますから
心配な具合にならないと良いですが・・・お大切にされて下さい
Commented by akaiga-bera at 2019-09-14 21:58
tokotontonさん、こんばんは。
整然としたお庭より野趣溢れたお庭が好きで、今、ホトトギス・オミナエシ・ハナトラノオ・ミズヒキなどが雑然と咲いています。
あわてて探しましたが、このようなお花しかありませんけれど、お花屋さんで買う気にはなれず、あり合わせです。
姉は桂古流で長くお稽古しましたけれど、私は反発してやらなかったので素養もなくいつも自己流です。
お花の名前、ぱっと出てくるなんて凄いですね。
本やネットで調べますけれど、いつも手間取って名知らずにしてしまいます。
名前入れてみます、ありがとうございました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< メダイチドリ:もう夏色はなく ... 小さなメディアの心意気:下関市... >>