アオジ:こちらでは冬鳥ですが・・・

c0233349_20571795.jpg


この水場では、夏ですがアオジさんが。

さえずり子育てもします。

今頃、子連れで水場に来ているかも知れません。

地味ですが美しい鳥さんです。
c0233349_20572583.jpg

c0233349_20573497.jpg

c0233349_20574222.jpg

c0233349_20575826.jpg

c0233349_20580993.jpg

c0233349_20582744.jpg



暑くて早く9月にと思いますけれど、9月になっても解決しないままのことがいっぱい。
心配は尽きませんね。


by akaiga-bera | 2019-08-14 10:54 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/30404821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by eblo at 2019-08-15 11:57
木漏れ陽の中に小さい小川、その傍に平らな大きい石。
そこに座ったり寝転んだり。
小川の流れる音と気持ちが一体化して。
蝉の声を、煩く感じない程度の距離で聞き。
鳥同士が呼び交わす声が前後左右で聞こえてその方向に目をやり。
樹の間を通って来た風と小川の上を通って来た風を身体に感じて。
いつしかウトウトしてくる。
それが私の憧れの光景の一つです。
Commented by akaiga-bera at 2019-08-16 13:35
ebloさん、こんにちは。
野鳥撮影で訪れた湿原、木陰ではなかったのでちょっとは違いますが、本当に美しい場所でした。
台風の影響は隠すべくもありませんけれど、250度くらいは見渡せる湿原とその上に展開する空・風。
一人心遊ばせている自分、広島長崎の原爆の日、終戦のその日も晴れだったと聞きます。
思いを空に飛ばしながらの一日でした。
いつもコメントありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< オオヨシキリ:伴侶が見つかって... 曇天のセッカ・・・ >>