コルリ:美しいなあ

c0233349_23332881.jpg


枯葉が目立っていた季節から緑の季節になりました。

コルリさんのブルーと白は緑に映えますね。

もう、もしかしたらヒナが元気に誕生しているかも知れません。

コルリさんの幼鳥には、まだ遇ったことがありません。

ぜひ遇ってみたいものです。

c0233349_23332046.jpg

c0233349_23333859.jpg

c0233349_23335605.jpg

c0233349_23340641.jpg

c0233349_23341858.jpg


お庭のブルーベリー、もうすぐ色づきそう。
c0233349_23395134.jpg



お庭は野趣溢れた感じにとずっと取り組んでいます。
今日は、さらに手を加えて見ました。
お庭中を物色し、少し高低がでるよう配置し直し。
うるさい感じになっていたところはすっきりするようおなじものをまとめたりと。
その後、お買い物に駅近くに。
ふくらはぎが痛むほど動き回った一日。


テニス、フランスオープン、大坂なおみさんの応援。
危うく寝そうになってしまった。
負けてしまって残念。




未来を担う子どもたちのために


自らの地位を守るために、
政権を守るために、
ケタ違いのお金を使い、戦争の道具を買いました。

c0233349_00553114.png


日本の未来を担う子どもたちへの投資こそ国を発展させるものだと思います。
c0233349_00573419.png


米国の軍事産業を大喜びさせて、安倍政権は生き残ろうとしています。
c0233349_01002184.png


欠陥機、ドイツも買いません。みな日本でお引き受けですか。
自衛隊機の事故原因もまだ特定されていないのに。

c0233349_01003148.png


こんなに米国のために毎年お支払いしているのに・・・
c0233349_01033006.png



日本の農業もアメリカに差し出したんですねえ。
後出しは卑怯だ。
農家の方々に不利になることなのに・・・いやだから後出しなんだ~。
解散、衆参同日選挙ほぼ間違いない。
農業に従事している方々、選挙後は目も当てられませんよ。
TPP以下の関税で合意しているそうですから。

c0233349_01112836.png

c0233349_01113977.png


こんなこと言ってたのに、今やウソがまかり通る。
c0233349_01143990.png


トランプさんのパシリでイランにも行くって正気ですか。
またお金で解決ですか?
トランプさんは出しませんよ。

今や周辺国とはみな険悪にしてしまって。
ロシア:イージスアショア配備に遺憾と。
3000億出して4島が0島になったのに・・・。


お隣とは仲良くが一番の防衛。
大切な国民の税金、この国の未来のために使って欲しい。









by akaiga-bera | 2019-06-02 01:16 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/30301813
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by eblo at 2019-06-02 08:38
初めまして、コメント欄が開いたら挨拶させていただきたいと思っていました。
以前、訳があって四十雀の幼鳥と暫く同居しました。少し飛べるようになって親に返しましたが、それまでの親鳥の姿に感動しました、我が身を顧みず、本当にそんな姿でした。
返した後随分探しても見つけられなかったのですが、突然私のすぐ近くから親と一緒に飛び立っていきました。元気だよと知らせてくれたと思っています。
散歩のときに激しく鳴いている鳥がいて、見ると地面に一羽死んでいたということもありました。鳴いていた場所は人間が簡単に捕まえられる低いブロックの上でした。それやこれやで、それまでの鳥に対するイメージが大きく変わりました。
都会的な町に住んでいるので鳥の姿を見ることは少ないですが、鳴き声が聞こえると探すのが習性になっています。
これからも投稿を楽しみにさせて頂きます。
Commented by akaiga-bera at 2019-06-02 19:43
ebloさん、こんばんは、そして初めまして。
幼い頃は漫画本や小説ばかりの全くのインドア派でしたのに、いつの間にか、鳥さんに惹かれ、鳥さん三昧の日々を送るようになりました。
鳥さんを通して、いろいろな生き物を身近かに見るようになり、私も同じく、鳥さんといえどという場面に。
子どもから目をそらすために、我が身をかえりみず、関心をひこうとする親鳥、自分より大きな相手に果敢に立ち向かって子を守る親鳥。
鳥さんや自然から学ぶことの多い日々です。
つたないブログをご覧頂きありがとうございます。
残り少ない私と異なり、まだ長く生きて行かなければならない子どもや孫たちの未来が、平和であるようにとの思いで、ブログに綴っております。
お目汚しのこともあると思いますが、どうぞこれからもよろしくお願いいたします。




















名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 緑の中のオオルリ タマシギ:友人の水彩 >>