バイカウツギ:純白

c0233349_15032013.jpg



昨日は、
息子の命日でした。
埼玉県北まで墓参に。

鮮やかな明るい緑の季節に息子は亡くなりました。
大好きだった緑の季節を悲しみの中でしか見られなくなっていた数年。
そっと支えてくださった家族・友人たちに感謝しています。

もうTくんも向こうで19歳だね。
来年は成人式だよ。
私たちが行ったときには、Tくんは先輩だね。
先輩風吹かせていろいろ案内しそうだよ。
そんな会話が出来るほどに。

最初は
『時間が解決する』からということばにも敏感に反応していました。
しかし、今その通りだと思うのです。
20年近くの年月の間には、たくさんの人々とお別れしてきました。
人は・・・
命あるものは・・・
みないつか幕を閉じて行くのです。
そう、ですから、
限られた命だからこそ、力一杯生ききったと言えるように日々を過ごさなければと思います。

命日には息子が気に入っていたお店でお食事するのが習い。
『私たち今日●●行くけど、もし時間があったらいらっしゃいよ』というと、無理そうな返事なのに必ずやってくるのでいつも大笑い。
昨日もきっと一緒だねと献杯。

大好きな白いお花を供えます。





by akaiga-bera | 2019-05-29 15:52 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/30296600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< タマシギ:逆光でした! クロツグミ:水場の回りで/終わ... >>