新しい興味:チョウ

c0233349_14595376.jpg



追記:春に現れるアカボシゴマダラの白化型と教えていただきました。


仕事を辞めても雑事は一つ終わったらまた次とひっきりなし、まあこれでいいのかも知れません。

家族の送迎もたびたび。この間は中5時間も時間があったので、近くの公園を探して短いレンズを持ってお散歩してみました。

最初にあったのがこのチョウ。薄い浅黄色に黒い筋、最近南のチョウなのに温暖化の故に見られるようになったアカボシゴマダラに似ていました。

アカボシゴマダラは3枚目が過去に撮ったもので、アサギマダラにも似ています。

近くにいた方も、みたことないチョウだなあとおっしゃっておられて。

家に帰って調べると、最近の神奈川県内では、春この色のチョウが見られるそうです。

♀ということですが、メス型ということでしょうか。いずれ3枚目のようになるのだと思いますが、分かりません。

ゴマダラチョウろ分類されている方もいらして・・・。

ご存知の方がいらっしゃったらお聞きしたいですね。

3時間近く、隅から隅まで。面白くて雑草や珍しい花など、短く感じました。

c0233349_15000107.jpg


黄色い太い突起にもびっくり。
c0233349_15142923.jpg


あとはよく分かりませんが・・・。

イチモンジセセリ
c0233349_15002243.jpg


イチモンジチョウ
c0233349_15002962.jpg


サトキマダラヒカゲ
翅の中はオレンジのように見えましたが、図鑑を見たら黄色い感じでした。
c0233349_15004198.jpg


ベニシジミ
c0233349_15011674.jpg


この2頭はおなじ種類?不明
c0233349_15014039.jpg

c0233349_15001249.jpg


これは上の黒いのとおなじでしょうか、翅の文様が違いますが。
c0233349_15021735.jpg


昆虫はさらに分かりませんけれど、小さな生き物もこうして命を繫ぎ、日々生きているんですね。
c0233349_15015161.jpg



葉っぱたちはみな太陽の光が欲しくて、下の葉と上の葉が重ならないようになっているんですね。

それが美しさをを作るンだなあと。

散策は楽しいことばかりでした。

これから一つ楽しみが増えたような気がしています。

蝶の翅が閉じていたら・・・中はどんななんだろう。

幼虫はどんな何だろう。チョウの胴体を見ながら考えます。





by akaiga-bera | 2019-05-20 15:52 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/30283430
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 水浴びに来たキクイタダキ・・・... センダイムシクイ:高原で子育て... >>