石垣島21:シギチ/三月の実質賃金2.5%も下落

ガイドさんは、オオソリハシシギ・アオアシシギ・イソシギ・タカブシギ・キアシシギ・ヒウロクシギ等を見たと教えて頂いたのですが・・・よく分かりません。

こちら河口で夕刻に。
c0233349_05495718.jpg

c0233349_05500767.jpg

c0233349_05501486.jpg


田んぼで アオアシシギ?。
c0233349_05502338.jpg

c0233349_05503017.jpg

c0233349_05503872.jpg


クロサギの白いものだと聞きました。
c0233349_05530714.jpg

c0233349_05531549.jpg


海岸のイソシギ?
c0233349_05532391.jpg

c0233349_05533258.jpg

c0233349_05534038.jpg



日本の最西端与論島は激しい雨が降っているとのこと。南の島々の天気は安定しませんね。

しばらく楽しませてくれたジャーマンアイリス、今日は全て花柄も含めて整理しました。
裏に回ったらクリのお花が咲きそう。
桃栗3年と言いますから・・・今年はなるかも知れません。



3月の実質賃金2.5%の大幅下落、名目賃金も減少=厚労省速報


物価の影響を‘考慮した実質賃金は、前年同月比2.5%減少で3ヶ月連続の減少ですね。
私たちの暮らしに直結する相次ぐ食料品の値上げ、値上げしてないと思えば内容量が減ってる、実質値上げ。
そしてさらに、4月には一斉負担増
一部医療機関の初診料が800円値上げになった。
診療費が1ヶ月で4000円アップ。
国民健康保険も1年間で最大4万円も増大する。
そのうえ、マンションの固定資産税と自動車取得税や重量税も増税。
昨年8月にはには、介護保険料が1ヶ月当たり1000円前後上昇。
70歳以上の高額医療費も値上げされたばかりだ。

これでは生活が苦しくなっている人々が増加するのは当たり前だろう。
『生活苦しいよ』『生活できないよ』と声を上げて然るべきです。

この国のシステムも、人々の生活も壊した安倍政権、変えないともう後戻りできないことになってしまうでしょう。

まだ政府は、走行税なるものももくろんでいるそうです。
今でも若者の車離れが進んでいるのに・・・車を持つのが負担になっている若い人たち、ますます、車離れがすすむのではないでしょうか。

車を買う人が少なくなれば、自動車業界は衰退の一途でしょうに。
購買力を上げなければ・・・なぜそのことに気付かないのか分かりません。
長い歴史の中で、今ほど労働者と消費者が重なっている時代はありません。
労働者に富の分配が出来なければ、産業自体が衰退するのは道理と思いますけれどね。

問題点をしっかり指摘できているのは山本太郎参議院議員、彼の言葉を聞けばほんとうに何度も頷いてしまいます。



by akaiga-bera | 2019-05-13 14:51 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/30272199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 緑の中で遇いたかったキビタキ ... ヒガラ巣作り中&ノジコ・コサメビタキ >>