石垣のチョウ2・・・/やはりおかしい!

一昨年、ギフチョウを見るために登ったお山。

頂上では、たくさんのチョウが群れて・・・万華鏡の中にいるみたい。

そしてチョウが頬をなでるように近くを飛び交う、なんだかおかしな気分になりました。

岬の先端のこの場所も嵐の後一斉に飛び交うチョウにギフチョウの時と同じ感覚を味わいました。

白いお花は、アワユキセンダングサと言うそうです。たくさんのチョウを引き付けるのはなぜかしら?


ベニモンアゲハ? ジャコウアゲハと教えていただきました。
c0233349_09123996.jpg

c0233349_09124761.jpg


リュウキュウアサギマダラ  こちらのお山で見かけるアサギマダラより小ぶりで、透明感が無いかなと思いました。
他にも、ヒメアサギマダラというのがいるそうですが、チョウ初心者、よく分かりません。
c0233349_05073894.jpg

c0233349_05081983.jpg


ジャコウアゲハ?
c0233349_09130363.jpg

c0233349_09131139.jpg


スジグロカバマダラ
c0233349_09132799.jpg

c0233349_09135385.jpg


???
c0233349_09141626.jpg


これはガとききました。どぎつい色にびっくりです。
c0233349_09142900.jpg

c0233349_09143891.jpg



季節によっては違うチョウもいるのでしょうか。
最近、チョウの撮影も楽しみになりました。
他にも見たものの撮れなかったチョウも。
なかなか留らないチョウもいて、意外に難しいと感じています。



やはり変!


池袋で母子が亡くなられた事故現場。
87歳の元官僚の飯塚幸三元通産省工業技術院長は事故直後『アクセルが戻らない』と言っていたようです。
が、車には問題ないことが判明。
まだ、事故の犠牲者のご家族や怪我をされた方にも謝罪されていないようで・・・・。

その後に起きた事故も多々、気にして見ています。
みな現行犯逮捕ですね。
どうしてこの方だけが逮捕されないのか、本当に疑問に思います。

この画像は、事故直後の現場写真です。
c0233349_21413718.png

ここに駆けつけた
北村滋安倍内閣情報官
中村格警察庁官房長
●目白警察署長

通常の事故でお偉いさんが、事故現場に足を運ぶことはありません。
しかし、来る必要があった。
飯塚元工業技術院長は、事故直後、救急車を呼ぶ前に息子さんに電話していますね。
きっとそこから直ちにお偉いさんに連絡がいったことでしょう。
ネット上での疑問の声、それを裏付ける画像と思います。

乙武氏とか、自分もそういう重大事故を引き起こす可能性を考えるべきだと擁護している方々もいます。
もちろん、毎日運転している自分も含めて、そのことは重要だし、常に心に留めていないといけないと考えます。
しかし、どのような立派な経歴をお持ちでもやはり、二人の方の将来を奪った事実は変えようがありません。
退院後も逮捕せず任意で事情聴取という警察、退院したようなのですが現場検証もせず、顔を見せないンですね。
不公平きわまりない、納得いきません。

中村格警察庁官房長は、伊藤志織さんの事件ももみ消したと言われている方ですよね。
現場では裁判所の許可も出て逮捕寸前だった山口敬之元TBS 社員の逮捕状執行を止めたそうです。
田端毅元自民党衆議院議員の準強制性交事件にも名前が。
権力中枢に近い人たちだけが利する・・・理不尽との思い深くなるばかりです。

c0233349_22384406.png

おそらく加害者側は、多額の慰謝料で示談に持ち込むでしょう。
そして示談が成立しているからと起訴はしないという結論にするのでしょう。
被害者救助より、まずは自分の保身を考えていたという人物、本当に許せません。






by akaiga-bera | 2019-05-12 22:35 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/30267406
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ヒガラ巣作り中&ノジコ・コサメビタキ 今日は反省の日・・・ >>