コマドリ:雨の中でした!/10連休について思う

c0233349_21175622.jpg


雨予想の中のお出かけ。現地はもっとひどい雨かも知れない・・・。

しかし、すでに多くの方が、スタンバイしていました。

コマドリさんは何度その声を聞いてもいいものですね。

名前の由来どおりの鳴き声、愛らしい仕草も可愛い。

今季初めての出遇いでした。


c0233349_21173837.jpg

c0233349_21174712.jpg

c0233349_21182179.jpg

c0233349_21183638.jpg

c0233349_21180445.jpg

我が家のボタン、4つ咲きました。白いけれどあでやか。

c0233349_21195011.jpg





10連休について思うこと


10日間もお休みだといつものスケジュールがこわれる。
銀行窓口も官公庁も大・中企業も病院も・・・みな開いていない。
こんなに休んでいいのだろうか。
こんな風に考えること自体古い人間だなって思う。
昔、土曜日は普通に学校に行っていたし、休みじゃなかった。
仕事に忙しく追われていて、2日連続のお休みもとったことがなかった・・・。
もう拡張しなくていいって決めたとき、やっと2日連続のお休みがとれるようになった。
うれしかったし、こういう選択もあるって初めて気付いた。
今ほぼ毎日仕事も無く過ごす・・・家族の中での役割分担はあるけれど・・・ちょっと寂しい。


10連休について必ずしもみな良しとはしていないようだ。
我が家を見てもM君は10日間まるまるお休み、仕事用のパソコンも持ち帰ってはならないと。
そして年休も必ず消化するように指示が出ているそうな。
娘はパートタイマー。10連休でも特に普段と変わらない。
年休もほんのわずかだ。
でも仕事は結構頭も使うし責任もある。
パートタイマーやバイトの方は、お休みがあってもうれしくない。
給与の額に響きますもの。


私は長い休みを批判するより、このお休みできる状況を、パートやバイトにも広げるべきと思う。
休める人と休めない人がいる状況こそ問題、格差は収入だけではない、こんな所にも。
ぜひ誰もがお休みをとって英気を養い次の仕事に向かえるよう、給料の差だけで無くお休みの差も無くしたい。
それでこそ生産性が上がっていると言える。
今の状況は一部の方々の貢献があってこそ成り立っている。

身近かな二例を比較しても、パートやバイトが圧倒的に不利だ。
今、このような非正規の労働者が増えている。
正社員と異なり身分の保障ももない都合の良い労働力となっている。
労働者を少しでも安く使って利益を多く出そうというのが企業の論理かも知れないけれど・・・。
こういう考え方が蔓延していくことは国の経済にとってマイナスだ。
今は働く者=消費者でもある、消費者がお財布の紐を固くせざるを得ない状況を作ることは、結果購買力を奪うわけですから、
内需は拡大していくわけがない。

北欧の国では、高い消費税を払ってはいるが、老後までしっかり面倒を見てもらえる医療も教育も心配が無い。
今、働く者は給料の4分の1以上を、厚生年金・健康保険・所得税・市県民税などで支払っている。
さらに消費税を払い、揮発油税を払い、固定資産税を払い、緑の税や出国税や・・・
日本の国民が払っている税金は北欧とそう大きな違いがないほどだ。
だが年金は減り、教育の無償化などに使われる税金は少ない。年金も68歳からになるという。
とるだけとって、外国へばらまき・馬鹿高い兵器の購入・・・使い道間違えていませんかねえ。


by akaiga-bera | 2019-04-27 14:12 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/30246408
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 石垣島14 シマアカモズ ガビチョウ:ありったけの大声で >>