石垣島6 ヘラサギ・・・飛翔/下がり続ける日本の立ち位置

c0233349_09273634.jpg


クロサギさんのいた海岸線には、クロツラヘラサギさんでしょうか、数羽。

人の気配に飛び去って行きました。夕暮れの海岸線、翌日の荒天を予想するかのように、打ち寄せる波の強いのが印象的でした。

こちらでは珍しい鳥さんたちも、ここでは当たり前の住処となっているのですね。

何も知らなかった石垣島など八重山の島々。

天気予報の時、耳にするだけでほとんど‘関心も無く過ごしてきました。

BEGIN 息子が大好きだったけれど、この島出身の3人。改めて聞いて見ると、ぐっと胸にしみいる言葉の数々。

また訪れてみたい島となりました。
c0233349_09450660.png


c0233349_09275098.jpg

c0233349_09280623.jpg

c0233349_09281573.jpg

c0233349_09282676.jpg

c0233349_09283731.jpg

c0233349_09285089.jpg


こちらでは鉢植えで売られていそうですけれど・・・たくさん植えられていて公園を彩っていました。

c0233349_09315648.jpg




お庭の草花の背がみな伸びて、またうっそうとしたお庭になってしまいそう。
今日はお庭のお手入れをしよう。
チューリップがもう1週間以上閉じたり開いたり、桜と共に楽しませてくれます。

この春、一番がっかりだったのは、移植したスズランが芽を出さなかったこと。
今度から移植は株の一部だけにしようと決めました。
うれしいことも。母のくれた変種の椿、引っ越すとき、枯れてしまうことを恐れて移植しなかった・・・。
すぐ裏だったのでよく見えるからと移さなかったのだけれど、こちらに移ることになって後悔しきり。
ところが移植した小さな椿に今年お花が咲いて・・・そうだ、挿木しておいたんだったと思い出した。
母のくれた数株のクロッカスだって今は花壇を囲めるほどになったんだもの、
ほら、母さん、やっぱり挿木してあったよと。
石垣にご一緒したWさんで、このところ母のことばかり思い出してしまいます。




日本の立ち位置



私たち団塊の世代が小中高校生の頃、日本は行け行け状態の高度経済成長期でした。
夕食のおかずが増えたり、新しい便利な電気器具が備えられ・・・豊かになっているんだなあと実感。
しかし、右肩上がりもそうそう長く続くものではありません。
いつか日本は、停滞期に入り、そして衰退期へと走り続けている感があります。
やはり高齢化‥少子化は、日本の未来に陰を落としていると思います。
若者が結婚し子どもを産み育てられる経済的保証が無いと、少子化は収まらないでしょう。
しかし、現実を見れば、
政治は一部の富裕層に厚い政策をとり続け、政治家もその見返りを得るという旧時代的発想が続いているように思います。
本当に残念です。
派遣制度やパートは、労働者を安く使おうという姿勢の表れ、若者を貧しくさせて元気な社会は実現できないと考えます。

私も皆様から見れば、あいつは左だと烙印を圧されそうですけれど・・・。
現天皇を心から尊敬もしていますし、まっとうな右翼の方には敬意も表します。
共産党の政党交付金をもらわない姿勢は素晴らしいと思いますし、権力者におもねって自ら利益を得ている人には腹を立てます。
権力者の一存で決まる政治は決まらない政治より怖いと思います。

右に偏れば左に戻す、左に傾けば右に戻す、イデオロギーの問題だけでなく、行き過ぎたら戻す。
これが国民に課せられた選挙の大きな意味だと考えます。

下のグラフ、ショックでした!
c0233349_10042867.png



選挙に行きましょ、傘をさしても。



by akaiga-bera | 2019-04-12 10:35 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/30222675
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 石垣島7・シロハラクイナ/みな... 石垣島5 クロサギ/桜田五輪担... >>