アオゲラ・エナガ・・・/米軍機は米軍住宅の上は飛ばない!

c0233349_10121887.jpg


ドラミングの大きな音が響いてはいたのですが、見つけるのに手間取りました。
障害物があって、一方向しか見ることが出来ませんでした。
初めての公園。とても気に入りました。
メディアをしまい忘れて・・・1ヶ月ほど前のものです。
エナガさんは、外のカラ類と混群で。
じっとしていると近くまで来てくれました。
手が届きそうなところで、羽の起こす小さな風も感じられたくらいです。
つぶらなお目々がかわいかった・・・。
c0233349_10122671.jpg

c0233349_10123590.jpg

c0233349_10124496.jpg

c0233349_10125250.jpg



昨日は、10キロも林道を歩いて足が別のもののようでした。
膝が笑うという感じ。へなへな。
でも、疲れはしましたが、新たな発見もあって、気持ちは充実。
体を動かすってやはり気持ちいい。


<米軍用機は米兵住宅の上を飛ばない!


帰り、旧16号を運転していると、前方近くを軍用機が低く右手、おそらく米軍座間基地に降りていった。
基地のそばって、沖縄もこうなんだろうなって思った。

最近『普天間より嘉手納基地の方が危険なのに』という沖縄の方々の意見も見られたので、調べてみると・・・。
戦後から米国統治下だったころ、そして日本に戻ってからも数々の事故・事件が発生しています。
嘉手納基地は那覇の少し北 宜野湾市にあります。
この間の県民投票でも、辺野古新基地反対の方が多かった・・・。
基地が、周辺住民の生活に及ぼす影響も大きく、騒音障害や圧迫生涯は、寿命にも影響があると最近発表になっていました。
嘉手納での騒音:基地周辺に住む31万人のうち、17454人が高度な睡眠障害高度が生じている。
騒音が原因する氏は年10人と推計されると。By WHO)

日本政府は、嘉手納の危険性を強く米国政府に言えないし言わない。

米軍は、自国の空では低空飛行訓練をしません。
日本にある米軍基地の住宅の上も飛びません。
そして、
ついでに、米軍は日本を守る義務を負っていません(どこにも書いてない)。
勝手に私たち日本人が、アメリカの傘の下にあると思い込み、何かあったらアメリカが守ってくれると信じている。
これは基地反対運動を避けるために、ずっとそう思わせられてきただけなのです。
トランプさんは、米軍駐留の各国に1.5倍の費用を負担してもらう方針と。

同じ日本というのに、沖縄に過大な基地負担を追わせてきた日本政府。
ある意味沖縄切り捨てですよね。
本土の人たちも、そん沖縄の方たちの思いを受け止めることが出来ないなら・・・億縄は自ら観光立国として独立するしかない。
同胞というなら、言葉だけの『寄り添う』で、辺野古新基地建設という利権がらみの建設をやめるべきだと思います。







by akaiga-bera | 2019-03-15 10:59 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/30148884
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 林道のベニマシコ・・・きれいな赤に クロジ・・・どこへ行ってしまっ... >>