回顧(35)ミソサザイ2009~2011年

c0233349_06412206.jpg

皆様コマドリをお撮りだったのですが、私はミソサザイさんの動きが気になってしまい、ずっとミソサザイさんを。
大きな沢の音にもまけないさえずり、必死さに打たれます。
近くに♀がいたのかと思います。
声だけでは気持ちが届かないと思ったのでしょうか、岩の上でダンスを始めました。
必死に羽を上下に動かし、時にはくるりと回って・・・。
今までに2回このような場面に出遇いました、感動の時間でした。
c0233349_06412958.jpg

c0233349_06413796.jpg

c0233349_06414599.jpg

c0233349_06415214.jpg

越生町にて  春爛漫、山笑う状態の周囲、沢は水音のみ、ミソさんのさえずりが沢の音を一瞬運消します。
c0233349_06421913.jpg

c0233349_06423172.jpg

自分の声に酔っているかのように時々こんな表情をします。
c0233349_06424910.jpg

c0233349_06425839.jpg

c0233349_06430717.jpg

戸隠森林公園にて
この画は忘れることが出来ません。
雨の中待ったアカショウビン、聞いたのは声だけでした。
濡れそぼっての数時間、近くでさえずっていたミソサザイさん、慰められました。

c0233349_06423942.jpg


by akaiga-bera | 2019-01-29 05:36 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/30068013
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ヤマシギ2/普天間で夜中に何が... 回顧(34)ホシムクドリ・ギン... >>