田んぼのトウネン/もはや後進国?議員/若手議員マレーシアに勉強に

c0233349_10241357.jpg


田んぼへの水の供給が止まる時期でしょうか。

沼や池に干潟が見えてくるようになりました。

水鳥たちが子育てを終えて・・・旅が始まっているのでしょうか。

可愛いトウネンさんの群れ。

c0233349_10242815.jpg

c0233349_10243992.jpg

c0233349_10244976.jpg

c0233349_10252369.jpg

c0233349_10242007.jpg


気まぐれ姫さんが突然の病い。
我慢強いのに・・・よほどこらえかねた痛みだったのでしょう。
でも、『痛い』は警鐘だと今回初めて思いました。
私の腰痛も今は痛みなし。
でも何かどこか怪しいからこそ時々『痛い』になるのだろうと思います。
早めにお医者様に行かないといけないと感じています。

いつも立ち寄っては上げ膳据え膳の私。
こんな時こそ力にならないと。
がらんとした主のいないお家では勝手がわからず掃除くらいしかやることがないけれど。




『もはや後進国であると認める勇気を持とう!』by 孫正義

事実だけれど、ソフトバンクグループは、日本を代表する大企業。
法人税0(税務決算の妙でソフトバンクグループは法人税なし、知らなかったなあ。)は無いでしょう。
孫さんの経営するソフトバンクグループも大企業も、国の税金による社会資本・インフラを利用して、恩恵を受けています。
利益を受けるに見合った税負担を望みます。


それはさておき、孫さん発言を数字で見てみると・・・
世界競争力ランキング:30位
平均賃金:OECD35か国中18位
相対的貧困率:38か国中27位
教育の公的支出:43か国中40位
年金の所得代替率:50か国中41位
現実を直視すべきとの指摘は当然かと。

安倍政権になって6年余り。
国民はすでに日々の生活が苦しくなっていることを実感しています。
もろに上がっているのもありますし、容量が減って実質的値上げになっているものもあります。
そして、
10月には消費増税。
様々な痛税感緩和策がなされていますが、それも短期間の期限付き。
消費税8㌫から10㌫とは、25㌫もの実質消費税値上げです。
消費者の余力なくして景気を良くできるんでしょうか。


山本太郎さんと立憲若手がマレーシアへ

マレーシアから帰国した方によれば、マレーシアは今経済は活況だそうです。
日本は反対の状況、財布の紐は硬いというより、消費意欲をそがれるような状況が蔓延している・・。
将来を考えれば、誰しも不安になっているのではないかと思います。

マハティール首相は、消費税を0に。
もちろん財源は共産党が示しているのと同じ、富裕層と大企業の税率を元に戻すこと。
今や給与所得者のほとんどが、税金や社会保険料等の負担で、給料の約4分の1を天引きされています。
その上に消費税・ガソリン税:固定資産税などなど。
最終的には、消費税0を実現しようという『れいわ新選組』の山本太郎さん。
志をを同じくする立憲の若い方たちとマレーシアへ勉強に。

期待したいです。若い力と柔軟な考え方。
素人目にも財布の紐が硬くなるような増税案ばかり押し付ける安倍さんの下では内需もは拡大出来ず、少子化も止まらない。
今までの政治から決別して、目からうろこの政策を実現してほしいと思います。





by akaiga-bera | 2019-08-30 10:14 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/29785852
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< キジバト:ナナカマドの実に アサギマダラ:影絵のよう >>