ツバメチドリ・・・近くに飛んで来ました!

c0233349_08393058.jpg


目的地まで時間がたっぷり、時間つぶしを兼ねて沼に立ち寄ると・・・カメラマンもいません。
母子連れが1組、楽しそうに水鳥を撮っていました。
のん気に見ていると、さっと大きな鳥さんが目の前をかすめて干潟におりました。
小走りに見に行くと、なんとツバメチドリさん。
眼前。こんなに近くで見たのは初めて。意外にしっとりとした色、目力が印象的。
c0233349_08393924.jpg

c0233349_08394811.jpg

c0233349_08395687.jpg

c0233349_08401564.jpg

c0233349_08402897.jpg

c0233349_08403983.jpg

c0233349_08412752.jpg

風の強い日。風下に向かったまましばらくじっとしていましたが、近くに落ちていた厚めの板の脇に。
風よけにしているのでした、利口ですね。この場所からじっと動かないので、次の場所へ。
c0233349_08571301.jpg




日本の空は米国に占領されたまま

今、テレ朝『モーニングショー』で、『横田空域』についてやっている。
神奈川県の一部・埼玉県の一部・群馬県の大部分・新潟県の中央部分の空を在日米軍が抑えている。
オリンピックを控え、羽田の新ルートを増やす必要があるそうだ。
最初の交渉ではOKだったが、米国上部は難色を示しているという。
関東の広範囲の空が未だに米軍に占領されているのだ。
横田の空域を日本の民間機が飛べるようになると大阪まで今50分なのが30分になるという。
狭いため、無理して離発着をしなくなれば、危険度も低くなる。
返してもらえば、経済効果は計り知れない

ひとえに『日米地位協定』によるもの、その運用を『日米合同委員会』がになっている。
事実上、日本は未だに占領下にあると言うべきだ。
沖縄の問題は、沖縄だけの問題ではない。
同じ敗戦国のイタリア・ドイツも、こんな不平等はさっさと解決し、主権を取り戻している。
今まで70余年放置してして来た政府、弱腰の外交、そして事なかれ主義。
そしてそんな政府を許してきた国民。現在の状況を生み出してきたのは、国民の無関心だ


今日、翁長前知事 県民葬
c0233349_09541071.jpg

沖縄の問題は決して沖縄だけの問題ではない。
私たちは声を上げて、米国の思いのままを許してはならない。  デイゴの花
c0233349_09540040.jpg

今日の沖縄県那覇市は快晴。県民葬にふさわしい青い空と青い海が見える・・・。
翁長さんの遺志を具現出来るよう頑張ろうとまとまった知事選。
今回の知事選では、デニーさんへの誹謗中傷、企業ぐるみの選挙、辺野古は隠し、携帯4割引とかの大宣伝。
自民党・公明党の組織をあげての選挙戦だった。
台風もあり心配された中、8万票の差を付けての当選。
県民は辺野古新基地はNOと意志表示したのだ。

安倍さんは今日の県民葬は欠席だそうだ。
お金ではなく命を張って沖縄の未来を示した翁長さんに会う勇気などないだろう。


憲法改正をいうまえに、日米地位協定をなきものに。

by akaiga-bera | 2018-10-09 09:43 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/29785737
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 国民には正しく伝えよ!・・・外... オウゴンチョウ・・・遠くでした! >>