オウゴンチョウ・・・遠くでした!

c0233349_14393552.jpg


小さい上にあちこち疲れ知らずに動くので、見つけてピントを合わせているうちにすでに次の場所へと。
輸入数も少ないアフリカの鳥さんということです。
遠くなので前を向いているのやら背中なのか分かりませんでした。
近くで撮られた方のを見せていただき、やっと分かりました。
頭は黄色いヘルメット、お腹とお顔は真っ黒、首には濃茶の手ぬぐい巻いて、背中は黄色、羽は黒ベースに灰色も。
最初お聞きして行ったときは、たった二人で見つけられず。
10日も経ってまだいるとお聞きし行って参りました。
c0233349_14400626.jpg

この田んぼは飼料用の米を栽培しているそうです。
食料としての栽培でないので、雑草も放置されていて、実はその雑草、主にヒエを食べていました。
お米は食べずでヒエが一番の好みのようでした。
しかし、ヒエばかりでは栄養が偏りますよね。虫がうごめく時間になると稲田に移って、虫を食べています。
一人、かご脱け鳥さんは寂しいけれどたくましく生きています。
c0233349_14394363.jpg

c0233349_14401560.jpg

c0233349_14402722.jpg

c0233349_14404248.jpg

c0233349_14405194.jpg

c0233349_14405909.jpg

c0233349_14411042.jpg


お引っ越しの時、ご近所の方にお願いして頂いてきた赤いランタンの先に蛍のように黄色があるチロリアンランプというつる性のお花。
かわいいお花を次々と付けてくれる。
名前はまるでスイスのものの用だけれどブラジル原産とか。
挿し木でも増やせるとお聞きし、今日はたくさん挿し木した。
今の時期、植物たちも人間と同じく過ごしやすいようで、挿し木は今の時期もいいかも。

色づいたコキアをグラスに。今は盛りと咲いているホトトギスとシュウメイギク。
c0233349_15071039.jpg





岡山理科大 加計理事長 再び会見、見物でした。





フリーランスの記者と東京新聞の記者は締め出し。会見会場に入れなかった。
厳しい質問を避けるためとはいえ、なんだかねえ、理科大学の経営者なのですから、もう少し論理的に答えられないものなのかしらね。
『記憶が無い』『記録が無い』で済ませるって手法は、安倍政権と酷似している。

100億円近い税金をもらっているのに、ひどい答えようだ。
これで済んだことになんかなるはずもない。
この方が若者たちの将来のために大学を経営しているとは思えない。
そしてこの大学には、これからも毎年補助金が交付されるのだ。
今治市長は、あんな会見でも、理解できたみたい。

図書館の書架はスカスカ

獣医学部が購入した図書にはまたまた補助金が。
その請求の金額と購入した書籍を調べてみると、通常価格の3~4倍の値段で購入したことになっているらしく、これを刑事告発するそうだ。

昨年、8715冊を9928万円(今治市が今年3月支払)でと。一冊11392円となる。
しかし、サンプリング調査の結果、1冊当たりの平均額は2920円だったそうな。
加計学園全体が金欠病で、今治獣医学部が開学できなかったら、資金繰りがショートしていたという。
図書の補助金は、どこに使われたのかしら?
c0233349_08341705.png

補助金目当ての大学経営、もういい加減で辞めて欲しい。
教育の中身がしっかりしていないから学生が減り続けている現実をしっかり見据えて欲しい。



by akaiga-bera | 2018-10-08 18:28 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/29784355
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ツバメチドリ・・・近くに飛んで... オウゴンチョウ・・・飼われるだ... >>