ヨシゴイ・・・飛翔

c0233349_07193311.jpg


調整池にはまだ蓮のお花が残っていました。
冬場にはめずらしいカモさんが入るので何度か訪れたことがありました。
何も無く、殺風景な池、ただただ強風が吹き抜ける寒い場所。
夏には、蓮の花が咲き、サギたちのコロニーになっています。
これは親のようですが、蓮の葉の下から忽然と現れ、奧に飛んでいきました。
運良く見つけ、なんとか追いかけることができました。
遠くを飛んだことが幸いでした。
c0233349_07192535.jpg

c0233349_07194329.jpg

c0233349_07195267.jpg

c0233349_07200038.jpg

c0233349_07201155.jpg



移って一年と少し、周囲の状況も分かってきて、少しずつ生活に支障は無くなってきている。
ここに移って私にとって一番ありがたいことは、知った人がいない気楽さかな。
仕事柄、いつも周囲の目を気にしてきた。
特別窮屈に思ったこともなかったけれど・・・味わってみて知った気楽さ。
多少の寂しさとの引き替え。
今は友人たちとは、携帯で繫がれるし、行こうと思えばいつでも可能だし、忙しければ東京で会えばいい。。

庭のコキアに少し黄色い色が混じる、よく見ると種がたくさん。
このコキアの種が熟したら菜園に蒔こうと思う。
草対策にぴったり、鮮やかな緑から赤く色づくまで楽しめる。
今、コジュケイの声が聞こえた。


あらためて災害列島であると思った。


神様・仏様、ああ誰でもいい、もういい加減に自然の怒りを鎮めてください!と祈りたくなる。
まだ前の災害の被災者も救われていないうちに。
亡くなられた方が今回もまた。
被災された皆様にお見舞の気持ちを持つことしか出来ない自分が腹立たしい。

今や災害はいつ自分の身辺に起こっても不思議がないほど。
他人事と思ってはいけないと警鐘を鳴らして下さっているのだ。

災害の復旧には多額のお金がかかる。
今日本は、災害という内なる国難を常時抱えている国という認識が必要だ
他所の国とは、仲良くする。平和はお互い思いやる心が無ければ続けることは出来ない。
話し合いこそ最も有効かつ安価な国の守りと思う。
国の借金は膨らむばかり。
安倍政権になり防衛関係費は毎年伸びていく。
高額な武器を米国の言い値買い込むをやめて、そのお金は災害への備えや復旧のためにつかったらいい。


声を上げないと

安倍さんは、西日本豪雨災害の時の対応を批判されたのを少しは反省してくれたのかな。
 その後の近畿の災害時には、自分の3選のための行脚を取りやめることもなく新潟に行っていた。
 今回は、自衛隊員の派遣を25000人にすると。
 これ以上批判をされないようにという魂胆が見え見えだけれど、それで助かる人が増えるなら歓迎だ。
 皆が言えば、皆がそんな対応じゃダメでしょと批判すれば変わる。
 キング牧師が『最も悲劇的なのは、悪人の辛辣な言葉や暴力ではなく恐ろしいまでの沈黙と無関心である』と。
 残念ながら、声をあげなければ変わらない。


 この間、安倍さん『先手、先手の対策を打っていく』と言っていた
 今になって『人命第一』か。

 悲しいね。





by akaiga-bera | 2018-09-06 10:01 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/29723974
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< カルガモ・・・見守る親鳥 ノビタキ・・・秋色です! >>