ヒヨドリ・・・ダンス?

c0233349_17264354.jpg


さっと大きな鳥さんが水場に。何だろうとよく見るとヒヨドリさんでした。
小岩の上で突然得体の分からない動き。
なんだったのでしょう、不思議な動きでした。
水浴びもせず、去って行きました。

c0233349_17265413.jpg

c0233349_17271436.jpg

c0233349_17274932.jpg

c0233349_17283235.jpg

c0233349_17290805.jpg

c0233349_17292026.jpg




サマータイム導入、ずっと固定って、正気?


オリンピックのためにサマータイムを導入するという。
1964年に行われた東京オリンピック。
『盛夏の時期は、比較的長期にわたって晴天が期待できるが、気温・湿度ともに極めて高く、
選手にとって最も条件が悪いうえに、多数の観衆を入れる室内競技場のことを考えると、最も不適当という結論に達した。』
そ・し・て、10月に変更になった。
50年前にもこのような決断ができたのに・・・さらに気温が上昇している今、なぜ10月にしないのかな?

マラソンの為なら、早朝スタートにすればいい。
電車が無ければ、オリンピック期間中、地下鉄もJRも24時間運転すれば良いのでは?
期間中は、利用者も激増だし収入も増加するんだから。

研究者に寄れば・・・サマータイムには次のような問題があるという。
●不眠になる・・・すぐ頷ける。
●自殺者が増加する・・・細かく因果関係が書いてあった。
●慣れるのに時間がかかる・・・2時間はきついよ。
●寝室環境が劣化する・・・まだ熱気が残っているうちに寝るんだものね。
●交通事故が増加する・・・寝不足がたたるかな。
●心身の病気が増える・・・データが示す。
●不登校が増える・・・そりゃそうだろう。
●高齢者の日中の活動が制限される・・・これも説明付きだったけれど納得。
●睡眠障害・精神障害がさらに悪化する・・・体内時計無視するから?
●省エネ効果は少ない・・・かえって長い労働時間になる可能性大だもの。
●導入に費用がかかる・・・1000億とか?

昭和20年代に導入されるも失敗
日本にはなじまない。
早朝から働いても帰りは今まで通りじゃ、上記の事柄が当てはまってしまう。
かえって昼寝時間シエスタの導入の方が効果があるという。
今、一部の高校では昼寝時間の導入で成績を上げていると聞く。


誰が責任とるんでしょうか。


by akaiga-bera | 2018-08-12 06:30 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/29682491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 北海道編 ノゴマ♀ 人気の森のスパ・・・カラ類の水浴び >>