北海道編 ギンザンマシコ・・・2羽

c0233349_16335356.jpg


知床峠は森林限界。ずっとハイマツの林が続きます。
ハイマツの実を食料にしているギンザンマシコさん、食料豊富なここで子育てします。
繁殖の時期を迎え、♂♀ともにきれいな色。
目的の鳥さんに遇えて、前日諦めて再び登った峠、とても幸運でした。
c0233349_16341179.jpg

c0233349_16342078.jpg

c0233349_16342980.jpg

c0233349_16343993.jpg

c0233349_16344976.jpg

霧が晴れ、羅臼岳がくっきり。峠はダウンを脱げず。オホーツク海から吹き上げる冷たい風が気温を下げます。
c0233349_16363723.jpg


北海道の旅では旧友夫妻にとてもお世話になった。
車中泊は初めての経験だったけれど、キャンプに行ったみたいでとてもとても楽しかった。
北海道は広い、朝の行動も3時4時は当たり前、宿泊地を決めてしまうと動きが取れない。
とにかく撮影優先。
そして、毎日それぞれの場所で温泉を探した。ときには10数キロも。
ご主人は毎日温泉に入りたい方。温泉にはお食事つきもあったり・・・。
帰ってから私もとりこになったようで温泉の味が忘れられない。


亀井静香氏がステキに見える!

国と国とは、特に隣国とは、仲良くすること。
 仲良くしている国を無茶苦茶に、軍事力だけでバッとやることは難しい。
 昔は征服欲でやった。
 現代は国と国が仲良くしていくことが大切 。』

大塩平八郎も尊敬している。奉行所の与力ながら民の苦しみを見て蜂起した。
 幕府を倒せるとは思っていなかったし、命を落とすのも分かっていたでしょう。
 でも圧政を是認せず行動した。
 ゲバラと共通するのは未来は変えられるという信念だよ。』

オレは肉や魚が食えない貧しい家に生まれ育ったから、もし、愛情が薄い環境だったら死刑にされる道に進んでいたかもしれない。
 人間だれしもどうなるか分からない。
 死刑になった連中だけが極悪非道だったのか。
 そうじゃない。
 みんなの心の中に仏も棲んでいれば悪魔も棲んでいる。
 死刑には反対だよ。』

文大統領:新婚や若者への手厚い住宅対策を発表

国も負担を分かち合う』と。
若者を安い賃金で使い、結婚も子どもを持つのも考えざるを得ない日本。
それで子どもを生まないカップルは生産性がないだとか平気で言えて、とがめられもしない日本。
いくら生めよ増やせよと言ったってね。
将来不安じゃ不可能だよ。

文大統領は労働時間も大幅に見直ししたね。
こういう対策こそが少子化を解決する。
労働時間も短くなり住宅も心配ないだけで暮らしに余裕が出てくる。
子どもも産もうってことになる。
文大統領は上から目線じゃない。
安倍政権は、少子化対策と口で言いつつ真逆のことをやり続けている

ロシアではプーチンの支持率が急速に落ちているそうな。
年金をカットすることが原因だ。
日本人は、年金の支給年齢が先送りされても厚生年金や国民年金の保険料がどんどん高くなっても・・・不満ないんだね。
堪え忍ぶんだ、何も言わず何も行動せずに。








by akaiga-bera | 2018-08-05 06:32 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/29659402
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< アカガシラサギ3・・・遠くの樹上に アカガシラサギ2・・・夏羽の美... >>