北海道編 オジロワシ+カラス・・・海辺のバトル

c0233349_14061892.jpg


海岸の流木に一羽オジロワシが。撮るものがなく引き上げる途中、撮っておきましょうかと停車。

しばらく見ていると、カラスさんが、オジロワシさんにちょっかいをだしました。

オジロワシさんは、きっとお気に入りの場所なのでしょうね。

必死にカラスを牽制していましたが、とうとう飛び立ちました。

カラスさんは執拗です。カラスさんにとっても良い場場所なんんですね、きっと。

バトルの末、やはりオジロワシさんが死守、定位置に戻りました。

c0233349_14063879.jpg

c0233349_14065354.jpg

c0233349_14070671.jpg

c0233349_14071960.jpg

c0233349_14072741.jpg

c0233349_14073715.jpg

c0233349_14074889.jpg




お友達から、たくさんのブルーベリーや年代物の梅酒・杏酒を頂いた。
作るのが好きでとおっしゃるご主人。
我が家は飲むのが大好き・・・うれしい!
今度、娘たちの友人が集るとき、飲もうよということに。
どちらも美しい琥珀色、どんな料理をつくろうか。


リニア新幹線、本当に必要?


名古屋まで30分というスピードがステキか否かは意見の分かれるところだ。
まだ雪の残るころのイチゴ狩りの途中、案内されたリニアの館。
美しい景色の見える場所にあったけれど、美しい風景が見えるのはほんの数秒ときき、旅は鈍行がいいなと思った。

毎年、巣作りするブッポウソウさんの姿が見えなくなってしまい、リニア中央新幹線の長野県中川村『四徳渡トンネル』の工事を中断しているそうな。
長野県の天然記念物ブッポウソウ、5月末に2つがい飛来したが6月20日頃、いなくなってしまったとのこと。
ちょっとした自然の変化を野生の生き物はみのがさない。
それがそのまま生き死に関係するからだ。
工事はしばらく中断されるそうだが・・・こわした環境や一度危ないと感じた場所には来ないでしょうね。
便利と引き替えに失ってきたものを再び見つめ直すときが来ているのかなと思った。
今年は、例年の場所に来なかったヤイロチョウさんも、多くのカメラマンに驚いてしまったのかもと心穏やかではない。
私も共犯者だもの・・・・・。
ふるさとのミゾゴイさんもカラスのねぐらには再び営巣しないだろうな。


これは伺った話だけれど、営巣中のミゾゴイさんが、この前の埼玉県北と群馬を含む地震のとき、10分ほど冠羽を逆立てて警戒したままだったという。
写真に撮られた方もいらっしゃるとか・・・貴重なもの。
たとえトンネルで走っているリニア新幹線は見えなくても、震動や音はきっと野生の生き物はキャッチするだろう。
私たち人間は野生を失いつつあるけれど・・・。
いなくなってしまったブッポウソウさん、良い繁殖の地をみ見つけることができただろうか。

大規模な工事は誰の為なのかなと再び考える。
ゼネコン?3%のキックバックはどのような形でか行われているという。
自然を壊し儲ける人たちもいるんだ・・・・・・・・・・。

いつか人類に仇となりブーメランするときがやってくるのかも。







by akaiga-bera | 2018-07-17 14:47 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/29637338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< アオバズク・・・お疲れ様、もう... 北海道編 ニュウナイスズメ・・... >>