北海道編 シマセンニュウ・・・優しい緑に溶けるような色でした!

c0233349_15212490.jpg


唯一お花がらみで撮れた原生花園。天候も悪く、このまま峠に登ろうとみなで決めたのですが・・・

友人が、狭いけれど、以前来たとき、鳥さんもたくさんいたから、一回りして行った方がいいと奨めてくれました。

その言葉の通り、すてきな場所。

シマセンニュウさんの繁殖は国内では北海道のみだそうです。以前、野付半島の先端と釧路の海岸際であったことがありました。

優しい色ゆえ、目が印象的で引き込まれます。
c0233349_15213895.jpg

c0233349_15215660.jpg

c0233349_15220909.jpg

c0233349_15222795.jpg

c0233349_15223687.jpg

c0233349_15224816.jpg



各地で大雨。本当に最近の天気は激しさを増しているように思う。
お知り合いから頂いたカレンダーの7月は、蓮池のヨシゴイさんです。
あ~あ、もう一年の半分も終わったんだ。
時間の経過は速い。
こんな風に日々をなにげに過ごしているうちに終わるのかなあ・・・。

河内晩柑、ホントおいしい。ずっと探していたのに遇えず。
北海道に行く前、友人の家で見つけた。
早速お取り寄せ先をお聞きし、一昨日届いた。
大きさもまちまちのB級品だけれど、食べるに問題ない。
優しい酸味に食が進みます。
皮も捨てたくない、これからマーマレードに使います。


『水道民営化法案』が決まる

現在、市町村単位、あるいは近隣の自治体単位で行われている水道事業。
必ずしも各水道企業団の経営は順調ではありません。
しかし、私たちの生活を支える『命の水』を安全に私たちに供給してきてくれました
私たちには無くてはならない公的運営です。

しかし、今回、ほとんど多くの方々が知らないうちに衆院委員会で可決された『水道民営化法案』。
ほとんど、審議なし。たった二日で採決、もちろん反対の野党も数がないのですんなり決まりました。

この法案をよく読むと、『国家戦略特区法』と同じく、内閣総理大臣主導で、内閣総理大臣が独裁的に水道事業を企業に差し出せる法案
加計・森友問題と同じく、水道事業の権利が特定の業者に独占される可能性が十分に考えられます。
今のところ安全な命の水、公的な力で守るべきものです。

営利を目的とした企業はもうけを追求します。
水道の権利の独占は高い水道料につながるでしょう。
諸外国では、民営化後、貧しい人たちが水を確保することも厳しい状況になり、再び公的サービスとして行うようになった国もあります。

JR北海道や郵政の民営化によって、地方の人々の暮らしは困難を極めています。
私企業は儲からないことはしません。
結果、JR北海道は不振のまま、企業努力だけではどうにもならないし、地方の過疎化で廃止になった局も多々、不便をかこっています。
国債的な水道の企業も狙っている日本の水道事業。
生活の根本を、公的サービスから外すことには反対です。
この間政府が決めてきた法律は、国民のためにならないものが山ほど・・・私たちが日々の生活に追われているうちに、どんどん決まっていきます。
安倍政権の怖さは尋常ではありません。


未公開映画『Flow』・・・水の大切さを教えてくれます。

米国在住の映画評論家 町山智宏さんおすすめ。長いですけれど、身が引き締まりました。









by akaiga-bera | 2018-07-05 15:23 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/29615652
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 北海道編 ノビタキ・・・花園で... 北海道編 ホオアカ・・・コバイ... >>