梢のフクロウひな

c0233349_13335670.jpg

朝一羽巣立ちと。20メートルは優に超える梢、この日は強風でした。

梢が揺れる度不安定になるひな。しっかり枝をつかんでなんとか耐えています。

でも風が無いとひなのお顔は見えません。

複雑な気持ちで前の小枝が払われるのを見計らっての撮影でした。

ホントかわいいですね。ずっとこの枝を動くことはありませんでした。
c0233349_13340513.jpg

c0233349_13341354.jpg

c0233349_13342107.jpg

c0233349_13342935.jpg

c0233349_13344538.jpg

高い梢。
c0233349_13345398.jpg

c0233349_13343743.jpg

c0233349_08511228.jpg

c0233349_08535747.jpg


初回打合会だったけれど、学校には学校の問題が多々あることが少し分かった。
先生方は実に忙しい。
本来の教える仕事は今や一部、それ以外の雑事の多いこと!

ガソリンが値上がりしている。
中東情勢はすぐにガソリン代に直結する。

黄色い色のチョウの幼虫を見つけた。
調べたらナミアゲハの終齢と。緑の幼虫も蛹になる間際、色が変わることを初めて知った。
ちょっと気味悪かった芋虫や毛虫、それぞれの成虫を考えると、今は興味津々で見ている。
不思議な感じ。



●『日本史』と『世界史』は統合され『歴史総合』に

 今まで長くにわたり2教科として独立していた高校の歴史。
 それぞれの国の歴史、もちろん一国だけで説明がつくことはない。
 周辺あるいは離れた国からの影響だって受けている。
 鎖国していた江戸時代だって然り。
 そういった意味で総合的に学習することはうなずける。
 しかし、では学習量が増え、学習時間が増えるかというとそうではない。
 
 以前から思っているけれど、歴史は横のつながりもあるけれど、縦にもつながっている。
 一つ二つ前の状況を知ることでひもとけることもある。
 しかし中学校の歴史も古代から入ると、ほぼ近現代の歴史がまともに学習されずに卒業期を迎えてしまう。
 特に明治以降の歴史は今の日本を形づくる土台ともなっている。
 今の日本を知るためには、絶対に学習しておきた箇所だ。

 表面的ではなく時間をかけて勉強するのに、近現代の歴史を先に学習するようにすべきと思う。
 どういう雰囲気から戦争が始まり、どのように終わりを迎えたか、それぞれを詳しく学習すれば、戦争がどんなに一般の人々を傷つけ苦しめるかを学ぶことができる。
 若い頃『人間の条件』という小説に触れて以降、何も知らないでいる自分がひどく情けなく思えた。
 興味をもって学習すれば、様々ひもとけることがあるのだ。
 今の政治も歴史を学習しないととらえかたが表面的になってしまう。
 
 道徳の教科化といい、歴史総合への改変といい、政府の目指すものが何か見える気がする。
 教育は子どもたちの将来の考え方も変えてしまう。
 戦前の教育、国のために、天皇のために死ぬことが素晴らしいなんて思わせた教育に戻ってはならない。
 ついでに、憲法を学習する時間も教科として独立させたいくらいだ。


●パレスチナ・ガザ地区で55名の命が失われ、負傷者2271人。うち実弾でのけが人1359人。
 
 米国大使館移転に抗議に集ったパレスチナの人々に、実弾で。
 お気の毒と思っていたユダヤの方々の歴史も、今のイスラエルには当らないようだ。

 米国大統領のつるの一声で、テルアビブからエルサレムに移転した米国大使館。
 多くの国は中東和平のためにみなテルアビブから移転などしない。
 トランプさんは中間選挙のために国内で勢力を持っているユダヤ系の人々の票を得るために移転したのだ。
 イスラエル建国の歴史を振り返れば、絶対にできないこと。
 イスラエルは、世界中を壊せるほどの核兵器保有かつ強大な軍事力も持っている。
 ユダヤの人々が受けた迫害は悲しいことだが、だからといって今のイスラエルの横暴を許すことは間違いだ。
 周辺諸国はイスラエルの核におびえ、対立する諸国は核を持とうとしてきた。
 イラクもリビアもつぶされた・・・。
 そしてイランとの核合意も一抜けて・・・。
 世界の平和を望んでいるとは思えない米国トランプ大統領、あくまで米国ファースト・自分ファースト。
 他所でどんな争いが増幅されるかなんて頭にないのだろう。
 
 安倍さんは、この間の中東訪問の折、ネタニヤフ首相の自邸まで訪れてよいしょだったなあ。
 中東の安定は日本経済の安定であること、たくさんの石油を輸入して成り立っている我が国の経済を忘れているのか。

 
※もうすぐ強行採決と言われている『働き方改革』。 
 私は定額働かせ放題改革と思う、国民を欺く間違いデータでの議論を有効とするのか。
 この国の労働者は、甘い。
 子や孫の時代は労働者の権利など無くなるかも。先を見すえて絶対許すべきではない。


 
by akaiga-bera | 2018-05-17 10:14
<< オオセッカ・・・惹かれますね ノジコ・・・羽繕い >>