ベニヒワ・・・いたのは近くでした!

c0233349_12080864.jpg

一メートルほどの所で撮られたとお聞きし、我慢できずお出かけしてきました。

当日お聞きした場所には来なかったのですが、皆様のお話を聞きながら、待って見たり歩いてみたり。

雪の残る山道をさまよって歩きました、いらした皆様も同じ。

4キロほど歩いて戻ると、別の場所にいるらしいとの情報。またそちらへ。

だいぶ警戒していたようでしたが、とうとう落葉松の実が落ちている柴の上に降り立ちました。

アトリ・マヒワ・ベニヒワさんのペアの混群です。

樹上では高くてどれがどれだか全く分かりません。柴の上でも見つけるのに時間がかかりました。

見つけたときはうれしかった・・・。欲を言えば、雪の上で遇いたかったな。

c0233349_12081848.jpg

c0233349_12082607.jpg

c0233349_12083582.jpg

c0233349_12091325.jpg

c0233349_12092261.jpg

c0233349_12093104.jpg

c0233349_12094272.jpg

c0233349_12095104.jpg


右ふくらはぎが痛い。疲れなんか感じないと言っていたのですけれど・・・。
やはり年齢は年齢だな。
秋に植えたチュリップの鉢植え、いっぺんに開きました。
いろいろな色や形状があるけれど、やはり原種がいい。
近くの桜ももう満開をすぎて白くなってしまった。
もうすぐ桜吹雪・花筏・花むしろ・・・散るときも美しい、散ったのちも美しい・・・桜はすごい。

佐川さんが隠しているのは、改ざんのスタート
 証人喚問を再度見てみると、いろいろなことが分かる。
 もちろんあそこでは、なぜは解明しなかったけれど。
 証言拒否の部分がみな改ざんの開始時期、これは口が裂けても言えないだろう。
 でも拒否事項が全てここにつながる。
 
 佐川さんの国会答弁に合うよう内容改ざんというのも動機からすると矛盾がある。
 やはり、2月17日の首相の「私か妻が関与していたら総理も議員も辞める」というのに合わせたんだろうと考えるほうがすっぽりはまる。
 佐川さんは3月4日にはすでにかなり自信にあふれた強い様子で国会質問に答えている。
 佐川さんの性格とも言われるけれどそれだけでは言い切れない強気の答弁。
 おそらくこの発言の時にはすでに改ざんは終了していたのだろう。
 国会での追及の視点によってさらに改ざんが進んだ。
 公文書を改ざんするという絶対にあってはならない犯罪に、何の保証もなく役人が手を染めることはない。
 リスクが大きすぎる。

 それに意外と単純に改ざんによる「受益者は誰か」と考えると、それは安倍総理しかないだろう。
 安倍さんが直接指示ということはないかも知れないが、官邸のアイヒマンと言われている今井秘書官ならあり得るだろう。

●今井秘書官名が出たときの安倍総理の慌てよう、問題の中心なんですね。
 2015年、9月3・4・5日の大阪行き前後の行動。
 4日は首相に帯同。売買の時の中心的な人物と思われる。
 一昨日の集中審議の民進党の増子議員の質問及び総理答弁
 

   ちょっと長いのですが・・・見物です。


行政のトップとして責任を感じていると謝罪。
 謝罪はすぐに総辞職することだ。
 検証は総理にはできない。
 自分の事案ですから。
 次の内閣でやってもらいましょう。



 
by akaiga-bera | 2018-03-28 13:13 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/29398066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< マヒワ・・・きれいな黄色 桜に・・・ニュウナイスズメ >>