梅林のエナガ・・・

c0233349_16024761.jpg

きれいに写せなかったのですが・・・、ほころび始めた梅林で、エナガさんに。

ほんの一瞬。数羽でしたが、3秒ほどちょんちょんと動いて、わっと行ってしまいました。

可愛かったな。
c0233349_16030726.jpg

c0233349_16031724.jpg

日向の梅はきれい。
c0233349_16033490.jpg

c0233349_16034537.jpg



負い目

父母の青春時代と子育てのころ

戦争のまっただ中だった

私は父がシベリアから戻り 生まれた

子ども時代、日本はまだまだ貧しく

それでも成長の勢いがあって

生活はどんどん豊かになった

叔父が、19歳で戦死し、沈没した戦艦の中で眠ったままであることを知ったのは中学2年

趣味の無線を活かしてお国の為に働こうと志願

息子の死を、兄弟の死を、家族はどんな気持ちで聞いたのだろう 受け留めたのだろう


こんな理不尽な死が、日本のあちこちに、山ほど

世界のあちこちに 山ほど

生まれた時から平和に暮らしてきた私たちの世代

生きた全てが戦争のときだった父母の時代の方々に 負い目を感じる


今の平和は そういう方々の労苦の歴史から与えられたものだと思う

私たちに平和を下さるために戦争という理不尽を経験された

母は いつのまにか戦争ということになってしまっていた と

懸命に働き 日々を生きている市井の人々にとって 戦争は唐突にやってくる らしい


今 戦前に似た状況が生まれているような気がする

私たちは 戦前に比べればはるかに多くの情報を手に入れることができる

戦前の方々と違い 知ろうと思えば 必要以上に多くの情報を手に入れることが可能

知らないはずがない

怪しい黒い雲が 風雲を告げている


戦争を体験した時代の方々は あなたたちはいいなあ とはきっと言わない

平和で良かったね というだろう


だから 平和の時代を暮らすことができた私たちは

次の世代の方たちに

平和な日常が送れる日々を残さなければならない

それが平和を満喫してきた私たちがするべきことだと

思いは深くなる





by akaiga-bera | 2018-03-06 12:13 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/29349396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ベニヒワ・・・かわいかった! ベニヒワ・・・諦めかけたとき、... >>