ねぐらに帰るコハクチョウ・・・金色に染まって

c0233349_15164790.jpg

カメラを持っていないときに見た夕暮れの白鳥の飛び出し。

白鳥は、「白鳥の湖」のバレエのような弱々しさはありません。

白鳥は、とても肉感的で、ボリュームもあるので、飛び立つときの力強さは驚くほど。

白鳥のたくましさを感じます。

夕暮れを背景にねぐらに向かって飛び立つコハクチョウさん。見とれるほど美しい。

この前は、遅れて到着、夕日は落ちてしまって、今度は絶対に日暮れ前に到着するぞと出かけました。

まだ、私の技量では、その美しさを写し取れません、でもまだまだ挑戦したい。

c0233349_15170191.jpg

c0233349_15172340.jpg

c0233349_15173944.jpg

c0233349_15175477.jpg

c0233349_15171149.jpg

c0233349_15181291.jpg

c0233349_15185048.jpg


雪の日も悪くはない。
なんだか閉じ込められた感じが・・・落ち着く。
娘もお休み。
おいしいつまみを作っていただいたワインをということになり、雪見酒。
国会中継をききながら。

●相撲って日本のこれからにとってそんなにも重要なのかしら?
 テレビは、相変わらず、理事選がどうのと長時間をさいている。
 もっともっと重要なことがあると思うけれど。
 国会では、これからの日本のあり方を決定づける問題について意見が交わされている。
 戦前のNHKと同様、国策に協力し、国民に真実を伝えなかった誤りを、今度は民放各局も含めて繰り返すのか。

●政権が変わったら・・・安倍さんはやる気がないようだから。
 
 ➀日米地位協定の見直し 
 安倍さんは、ずっと戦後レジームからの脱却と言い続けている。
 私もそれには賛成だ。
 日米地位協定は、一方的に日本に不利な協定。日本を未だに植民地か属国のように扱い続けている最たるものだ。
 沖縄や米軍基地の周辺で起こる諸々の事件、日本の主権は一体どこに行ったのか。
 日本国民を守るべき、というより、安倍さんは、常に国民の命と財産を守ると言っているのだから、真剣に取り組んで欲しい。

 ②内閣人事局の廃止
 自分の身が安泰であることは、一家の柱としては重要な問題である。
 自分の首が飛ぶかも知れないと思ったら、上のいうことを聞かざるをえない。
 頭脳明晰な官僚が、国民がその説明おかしいよ、そんな書類捨てちゃったなんておかしいよと思われる屈辱。
 自分自身も分かっていると思う。
 本来国民への奉仕者としてあるべき公務員が、国民ではなく政権におもねらざるを得ない状況を作っている元凶、内閣人事局。
 安倍政権になり作られたものですが、ぜひ廃止を。
  
 ③官邸機密費と政党助成金の廃止。
 両方とも税金が原資となる。
 官邸機密費は年に30億円を越える校高額。その使途も領収書もいらない・・・つまり内閣の小遣いとも言えるものだ。
 政党助成金は、政治をクリーンにする目的で作られた。
 なのに、今も企業からの献金、団体からの献金、パーティー券による集金が以前に増して行われている。
 ならば、当初の目的に合わなくなったのだから無駄な出費といえる。

 ➃国会議員の給与等の引き下げ。 
 国家議員の中には、2世・3世がたくさん、すでに政治家が家業となっているのではないか。
 家業にするほどうまみがある職業ということを表している。


 国会での安倍さんの答弁。今日も何度も、
 昭恵夫人・佐川前理財局長の証人喚問を求められると「それは国会でお決めになること」と。
 ならば、憲法改正は、行政が口出しすべきすべき問題じゃないこと、安倍さんはご存知なんでしょうか。
 一貫性がない。
 自分は関係ないって言ってるんだから、早く証人喚問してすっきりしたらいいのに。
 できないってこと・・・真っ黒だから。
 



by akaiga-bera | 2018-02-02 16:50 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/29225092
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 一足先の春をお届け・・・セッカ カケス・・・ >>