霧の中のカワセミ/2兆円あったら日本中の水道老朽化対策は可能

c0233349_18512721.jpg

早朝、カワセミさんは早起き、小枝で餌を狙っていました。
まだ、魚さんたちも上がってこない時間じゃないのかしら?
そんなこともないのかな。
もう紅葉も終章、この公園は落葉が早いようです。
c0233349_18514147.jpg

c0233349_18515023.jpg

c0233349_18515887.jpg

c0233349_18520910.jpg

日陰のモミジはまだ健在でした!
c0233349_18521882.jpg



今日は一日暖かというより、12月にこの天候はおかしいですね。
要らぬ心配をしてしまいます。
子どもたちは半袖でした。
室内での運動、汗をいっぱいかいてしまって、風邪をひかないかしらと心配なほど。

朝くらいうちに外に出ると、月と金星が近くに並んで、雲間を出たり入ったり。
あとで調べると、月齢26.7。新月は7日だそうです。
7日の晩は、晴れるといいな、きっときれいにたくさんの星が見えることでしょうね。


●『水道民営化法案』に関連し、海外の失敗例が相次いでいるにも関わらず、政府は3例しか調べていない。

『失敗に学ぶ』のは、当たり前のこと。
先例があるのですから、良い点も悪い点も出し尽くさないと。
安倍総理の家庭教師だった平沢議員が『話し合っても切りがない』と言ってましたが・・・。
本当に、災害の多い日本で、民間に任せて、大丈夫なのか、しっかり話し合って欲しいものです。
しかし、
政府は今国会で成立させると、心配な部分も議論せず採決する予定だそうです。
『命に関わる大事な水』、施設の老朽化でお金がかかるから民営化するんだとか。
一時的にお金が入っても、民間はその事業を利益の追求のために行うものです。

もし、戦闘機100機1兆円、辺野古新基地に1兆円かかるそうですから、2兆円のお金があったら日本中の水道
の老朽化対策は可能でしょう。

水を守ることこそ、豊かな国民生活につながります。
使い道を間違えて欲しくありません。


そういえば、辺野古新基地の埋め立てにはたくさんのセメントが必要。
辺野古工事に参入している琉球セメント。
つまり宇部興産、安倍さんの甥がいた会社。
安倍政権の政治献金常連企業。
そして、
麻生セメントも深い関わり。
辺野古やめない理由がわかりますね。







by akaiga-bera | 2018-12-04 21:57 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/28559280
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 霧の中のアカゲラ・シロハラ/仏... コガラ/美しい辺野古の海が埋め... >>