カワセミ・・・飛び出し

c0233349_13202258.jpg

もう長くとっているのに、カワセミさんが飛び込むところやお魚咥えて飛び出してくるかっこいい場面は撮ったことがありません。

いつか、撮ってみたいと思っているのですが、なかなかカワセミさんに常時遇える場所を知りませんでした。

この都市公園は比較的近場、時間のあるときは出かけています。

いつかそんな機会がありますように。
c0233349_13203351.jpg

c0233349_13204216.jpg

c0233349_13205280.jpg

c0233349_13210084.jpg

ルリタテハ 綺麗な青いチョウ。
c0233349_22364827.jpg




横田めぐみさんのお母さん早紀江さん
 「安倍総理が平壌に行き、金正恩とケンカじゃ無く、ちゃんと話し合いをしてくれたらありがたい」と。
 ご家族たちは、時の政権を頼るしか無い。忸怩たる思いをしていると察する。
 安倍さんに言葉通り本当に解決する意志があるなら・・・フットワークも軽いんですし、海外にお出かけの時はいつもたんまりお土産持参
 なんですから、ぜひ行ってきて。
 一人でも多くの被害者を取り戻してきて!
 今までさんざ政治利用して来た・・・今度のトランプ来日の折も・・・
 離れた場所からヤアヤア言っていないで、一刻も早く希望を叶えてあげて欲しい。


昨日の続き 吉原毅 城南信用金庫理事長 英ロイター通信に応える2
 「一度事故を起こした原発を再稼働ができなければ化石燃料に頼ることになり」、値上げとなる。
 そうすれば顧客の中小企業にとっては経営上の大問題に。」

 「燃料の輸入によって貿易収支が悪化、経常収支が赤字に陥るのは日本経済にとってマイナスというのは正しいのか。
 赤字でも成長している国は多々ある。
 日本は黒字をため込み、結果的に円高になり、デフレから抜け出せなかった。
 輸出入のインバランスは、為替で調整される。」

 「まず将来に発生する未計上のコストをきちんと計上した上で原発を再稼働させたら、
 もっと値上げをしなければならない。」

 「新たな電力産業が勃興すれば新産業として物作り復活にもつながる。
 たとえば、石炭ガスやコンバインド発電・ソーラーパネル、様々なサービスも増える。
 工事やものづくりに携わる我々の顧客たちにも恩恵がある。
 原発の再稼働では新産業は生まれない。」

  
   大手銀行は、福島第1原発の事故後に、東電に巨額の融資を行ったが、どう評価しますか

 「第2の住専問題という気がする
 当時も政府が保証するからと、みんなが貸して、最後は損失となった。
 1980年代のバブル時、公共性という考えを放棄し、その後、大きなツケを払わせられることとなった。
 金融機関は引き返す勇気を持つ必要があるだろう。」 

 全てを写したわけでは無く多少要約的になってしまいましたが・・・。
 経済の血液である資金の流れの中にある金融機関の長がこのような見識をお持ちとは・・・。
 この信金は、投機的なことへの融資もお断りしているとか。
 上に立つ者の考えが顧客も守りひいてはこの組織そのものも守ることになるのだなあと感じたことでした。


by akaiga-bera | 2017-11-27 10:21 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/28371872
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 遇いたかった!・・・冬羽のセッカ カワセミ・・・紅葉の季節 >>