アオゲラ・・・この柿はまだだね!

c0233349_14361266.jpg

もしかしたら、人気の無い柿の木の方に来るかもと、朝来た木と両方が見える場所で待機しました。

遠いのですが山際の木で動くものが。目を凝らすとアオゲラさんでした。

しばらく柿を見つめていましたが、まだ硬いと判断したのか、朝来たという柿の方向に。

一旦松の木に移り、それからおもむろに、一番奥の木に。

一旦食べ始めると、美味しいのか、私たちが場所を変えても飛び去りません。

ただ、手入れの行き届いていない柿の木は小枝が多く、すっきりした良い場面は難しかったです・・・・・・。
c0233349_14362735.jpg

c0233349_14485695.jpg

c0233349_14492626.jpg

c0233349_14494552.jpg


埼玉から娘の友人家族が訪れて、今日はみなでズーラシアに。
雨が上がってから出かけたので、駆け足。
寒さの故か展示が中止になるものもありましたが、動物たちは少し骨休みできたかもしれないから・・・。
戦争末期、上野の動物園の動物たちが空襲のために放たれて、住民に危害を与えないために殺されたことを考えてしまった。
戦争で被害を受けるのは、人間だけではない。
福島の原発事故でも・・・多くのペットや家畜が置き去りにされた。
元々庇護を受けていない動物たちも放射能汚染で苦しんだに違いない。
その姿を見ないで済んでいるだけだ・・・。

山東昭子議員が、4人以上子どもを産んだ家庭は表彰したらと発言していた。
 同じ女性からこのような発言を聞くとは思いもよらなかった。
 子どもを生む生まないも、子どもの数も、個人の生き方の問題。
 それぞれの夫婦の事情や考え方の問題。
 ましてや子どもを授かれない方もいらっしゃる。
 たくさん生んだ方がいいという考え方、戦前の「生めよ増やせよ」と国家ぐるみで取り組んだ歴史を思い起こさせる。
 そしてたくさんの若者が国家のために死なざるを得なかった。
 死の数だけ悲しみがあった・・・・。
 
 少子化に歯止めをかけたいなら、まずは若者たちが非正規ではなく働けて、結婚し子育てできる環境を整備して欲しい。
 将来、年金も受け取れるか分からない。
 政府自体が、老後のために個人年金を推奨している状況。
 老後は自分で頑張れと言っているのと同じだ。
 国民年金の保険料も上がっている、払わない人もいるかも知れないけれど、払えない人もいる。
 現在の生活がぎりぎりで払えない人が、個人年金を準備できる余裕があるとも思えない。
 働いても豊かになれない社会こそ疲弊している、おかしい。

●保釈申請した籠池夫妻。
 保釈を認めなかった大阪地裁。裁判官はどなた?名前を覚えておきたい。
 籠池夫妻は拘留4ヶ月。家族との接見も許されないまま、手紙や写真のやりとりもできない。
 罪証隠滅や逃亡のおそれもないのに。
 誰が、このように裁判所まで動かせる権力を持っているかと考えれば、これも一連の疑惑と類似する。

政府与党は「森林環境税」を検討中。 年1000円とか
 議員年金も復活させる。
 自分たちのことのみ考えている政党が、庶民の老後の心配をしてくれるはずもない。

●毎日、朝から晩まで、力士の暴力問題。
 熊本の女性議員の暴言や不正なお金が流れた話。
 微に入り細に入り、取り上げているのだから、もっと大きな不正に対しても果敢にやってもらいたいものだ。
 安倍さんは、加計の広告を載せた読売新聞主筆渡辺さんをごちそう。
 これで加計さんの獣医学部新設について今年初めまで知らなかったと訂正するのだから。

 そういえば、「私か妻が関係していたら、総理も議員も辞める」といったあの重要発言を、議事録から削除してしまうくらいだから・・・
 よほど困る発言だったと自ら認めたようなもの。
 嘘をついても心に痛みがないという方に国を任せている不安。
 
憲法への緊急事態条項の付け加えに反対します!
by akaiga-bera | 2017-11-24 00:12 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/28283478
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 秋景色の中で・・・モズ 冬羽のカンムリカイツブリ・・・ >>