ケリ・・・ヒナの季節

c0233349_11204652.jpg

この子はまだ飛べません。

おかあさん?が近くで見守っています。

それでも興味の赴くままあっちこっち動き回ります。

他の子どもたちは、もう十分に飛べるらしく、少し離れた場所で10羽ほどで過ごしていました。

農耕用の車が通ると、ヒナは走ってどこかに隠れたらしく、その後見つかりません。

心配なのか何度も鳴いたり飛んだりして探し回ります。

5・6分探してやっと見つかりました。

このくらいのヒナに遇ったのは初めて。どの鳥さんのヒナもかわいい。

c0233349_11210799.jpg

c0233349_11212217.jpg

c0233349_11213889.jpg

c0233349_11215452.jpg

c0233349_11220892.jpg

c0233349_11222257.jpg


今朝、お庭にガビチョウさんが。
さえずりとは異なる警戒音でしょうか。
ポタジェの小さなポールに留まってお庭のテーブルや垣へとあちこち。
そのうちもう一羽。
しばらく過ごして行きました。

早朝、草引きをしようと思っていたら雨。
今、雨が上がりました。
これから1時間ほどやろうかな。

生涯現役を貫かれ105歳で逝かれた日野原重明先生。
本当に素晴らしい方でした。
日野原先生は憲法について
「憲法の目的は、国民の命を安全に保つことであって、憲法に定められた主役は『日本国民』です。
(米国からの)押しつけどころか、私たちの命を武力以外で守る賢い仕組みです。」
と述べられていました。

大正の初めにお生まれの先生の生きた時代の約3分の1は戦争の時代。
先生の青春時代も戦争に彩られていました。
そういう時代を超えていらした方だからこその戦後にできた新憲法への思い・・・大切にしていかなければならないですね。

国民の多くが戦争を経験しない世代になってきた現在、戦争の悲惨さを忘れつつあります。
新憲法は多くの人たちの命の代償として得たもの。
今、戦争を経験しない世代が憲法を変えようとしています。
せっかく多くの血の上に得た財産を捨てる行為、残念です。

時代を経て不都合になってきたという方々もいます。
理想主義で現実に合っていないという方々もいます。
しかし、今世界に山という紛争がある現実を見るとき、理想主義のどこがいけないのでしょうか。
向かうべき人間としての道、恒久平和。
日野原先生がおっしゃられるように『私たちの命を武力以外で守る仕組み』を大切にしていかなければなりません。
争いは次なる争いの火種となります。

安倍政権だけでなく、公明・維新も憲法を変えることに賛成ですが、私は日本国憲法は自信を持って世界に広げて行くべきと考えます。
世界には豊かな国と貧しい国、豊かな人と貧しい人が存在しています。
今日本が一定の豊かさを保っているのは、世界的に見れば富の再分配の多くを得ているからです。
政治的思惑でなく、貧しい国々を助け、生活の困難な人を助け、障害を持つ人々を支えていかなければならないと考えます。

日野原先生のご冥福を心よりお祈りいたします。

安倍政権が過去の政権であれば、とっくに総辞職しているでしょう。
しかし、ここまで来ても、その意志はないようです。
どうしても受け皿を作らないと。

安倍一強と言いますけれど、自民党ってよくまとまっていますよね。
それは思想ではなく『お金』や『権力欲』かなと思います。
民進党は一応お金だけではないようなのですけれど、思想があまりに違う人がごちゃごちゃ。
『権力欲』でひっついているのでしょうかね。
原発賛成、憲法改正賛成の方もいらっしゃる、一つに意見がまとまらないのでは国民に我が党はこうだと言えません。
分党して再出発したら良いと思います。
その方がよほどわかりやすい。

今日は、横浜市長選挙です。
すでに期日前投票で済ましていますが、多くの方に選挙に行ってほしいですね。
晴れてきたので、投票率が上がりますように。
選挙権の歴史を見れば、先人の闘いの歴史ですよね。
大切にしたい一票です。

by akaiga-bera | 2017-07-30 12:23 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/26852263
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< セッカ・・・巣材運び タマシギ・・・抱卵中かな・ >>