コマドリ・・・さえずりは撮れませんでした!

c0233349_15000329.jpg


少し離れた日陰には雪が残っていました。

雪のそばにはルリビタキさんが求愛中、コマドリさんが雪に来ることはありません。

それでもコマドリさんに遇えてさえずりを聞くことができてとてもうれしかったです。

この日は、お墓参りに行ったのですが、幸運が重なってたくさん鳥さんたちに遇うことができました。

きっと遇わせてくれたんだなあと。義兄の実家に寄って、地方のおいしいものたくさんいただいて帰ってきました。

佐久平は桜満開。高いお山はまだ少しお花には早いようでした。今週あたり若い芽が吹き出してきっとすてきな勢いのある景色になっていることでしょう。
c0233349_15002251.jpg

c0233349_14594609.jpg

c0233349_14592780.jpg

c0233349_14590711.jpg

c0233349_14581826.jpg



もうとっくにお引っ越しが済む予定だったのに。ものの整理がつかないのとお別れ行事で、少しずつずれ込んでしまっている。
固定電話もお断りしてネットもつながらず、ブログの更新もままならない。

それにしても多くの無駄なものを買い込んだものだと・・・これからは極力買わないことを心がけようと胸に留めた。


4月7日まで、戦争や紛争はよその出来事だった。
それでも世界のどこかで恐ろしい殺戮が日々繰り返されていることを悲しい思いで過ごしてきた。
トランプ大統領がシリア政府軍が化学兵器を使ったとてミサイルでシリア軍基地を攻撃して以来、北朝鮮の問題にと発展し、今や隣国の韓国・日本はもしかしたらという不安におののいている。
トランプさんは本当に人道的な思いで攻撃をおこなったのか・・・国内問題の失策で支持率が上がらない状態を、為政者の常套手段=外に目を向かせるために行ったのではないか、その後の言動を見ると強く感じる。

いままで米国は第二次大戦後の朝鮮戦争を皮切りに、中東・ベトナムほかで、かなり強引に自国に有利な政策をずっと行ってきた。
ISを生み出したのは大量破壊兵器があると主張しイラクのフセイン政権を倒したことにある。
イスラエルのかたを持つことで中東はいつも不安定、アラブ国家は米寄りとそうでない国との仲違いにもなっている。
そのほか数え上げればきりがない。
ベトナム戦争でも多くの犠牲者が出た。
アメリカの若者もたくさん亡くなったり、戻っても心の病にかかったものも多かった。
過去の犠牲を考えれば、もう武器を使っての争いをやめるべきときがきている・・そのために率先して行動すべきと思う。

今回ももしかしたら全面戦争になるかもという危機を迎えている。
まだ就任して間もないトランプ大統領、初めての経験なのにこうして危機をあおっている。
この方に核ののボタンを預けて大丈夫なののか、米国民は不安にならないのだろうか。
ビジネスでは発揮できた力も国と国との関係では同じような訳にはいかないだろう。

安倍さんは、日本の首相として、国民の命を守る責任がある。
ミサイルが飛んでくるかもと窓のない部屋に避難しろなんて、漫画みたいなことを・・・。
原発にミサイルが落ちたら・・・大変な事態になるのだ。
国策として行ってきた原発はこうした状況では一番に危ないものとなっている。
それなのに玄海原発の再稼働を認めた・・・。

森友問題も新たな段階を迎えている。
今日のヒヤリングでまた新たな安倍夫人との関係が暴露された。
まだたくさんあるらしい。
籠池さんは「愛国心」を持った子どもを育てる教育をと小学校作りを進めてきた。
しかし、籠池さんのやってきたことを見れば、彼自身が「愛国心」を持たない人であることは事実だ。
そのために首相夫人や財務省、大阪府、政治家が力を貸してきたのだ。
「愛国心」を標榜する人たちが実は籠池さんと同じく「愛国心」を持っているとは思えない。

国の危機を迎えるとき、日本国民の命を本当に守ってくれる人々であるかに疑問がある。
そいういった意味で、森友問題、国有地不当払い下げ事件をしっかり追及することが重要なのだと思える。


今日は軽井沢に。
若者の結婚式に。
by akaiga-bera | 2017-05-01 07:04 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/26622546
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< コサメビタキ サシバ・・・久しぶりの出合い >>