オオタカ・・・初めての2羽一緒

c0233349_09105872.jpg


時々、えさを運ぶ親鳥を見たことはありましたけれど、成鳥を撮ることができたのは今回が初めてです。

それも2羽がそろって・・・とてもうれしかった・・・。

地元の皆様方、本当にありがとうございました。

一人では見つけらませんでした。それも空抜けではなく青葉の中、帰ってパソコンに取り込みあらためて喜びを感じました。

♀はまだ若いようで、♂は若紫の成長を見守り育てる光源氏の心持ちでしょうか。

食い気の方が勝っているようでかわいかったです。

c0233349_09104044.jpg

c0233349_09102294.jpg

c0233349_09095592.jpg

c0233349_09092052.jpg

c0233349_09085124.jpg

c0233349_09080869.jpg

c0233349_09075275.jpg



庭の草引き、だいぶ少なくなったけれど次から次へと出てくる。
お花が咲き始めて・・・冬の庭とは比べようがないほど華やかになった。
シャガ・スズランスイセン・アイリスなど。
移植した木々や草花たちが新しい芽を出してくれるのは何よりうれしい。
昨年、新居に引っ越してきたときは、すでに芝の季節は終わっていて・・・別の芝の種をまいたのだけれどやはり見栄えがよくなくて・・・結局、芝生は作り直しということになった。

ご近所の方から採り立てのタケノコを頂戴した。
穂先は甘皮がついたまま焼いて・・・岩塩でいただいたが甘くて実においしかった。
タケノコご飯も大好評。新鮮って最高。


来日していたペンス副大統領はトランプ大統領とともに「(軍事)力により平和を達成する」と。
安倍首相もすかさずアメリカの方針を認め、アメリカも日本を守ると。
正面切った戦いは多くの犠牲を生む。
力で威嚇しあった結果、大きな戦争になっていた史実を学習していないのだろうか。
今こそ、日本の外交力が試されている・・・。

同盟を組むということは、助けてもらうだけではない。
攻撃されるリスクも同じ分存在する。
今、北朝鮮は、日本との国交正常化を懇願しているようにも思う。
昭和16年、開戦前から分かっていた日本の敗戦。
国力に圧倒的な差があった。
今の北朝鮮にも通じるものがある。
始めたら北朝鮮の負けだ。
北朝鮮だって分かっている。
体制の崩壊もあり得る武力行使は避けたいに違いない
このまま突き進むなら・・・日米韓は何らかの痛手を受けずには済むまい。

テレビ朝日の番組で、玉川徹氏が、「政府の一番の仕事は、国民を飢えさせないこと、戦争に国民を巻き込まないことだ。」と述べていたのが印象的だった。
日本の果たすべき役割、武力行使に至らないよう、双方を説き伏せる外交力を発揮することだと思う。。




by akaiga-bera | 2017-04-22 10:30 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/26604273
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< キビタキ・・・渡りの途中 いらっしゃい!・・・ノビタキ >>