青い空に・・・コミミズク

c0233349_1154206.jpg


好運にも近くを飛んでくれたコミミズクさん。

めったに近くでは撮れないのだから嬉しいのですけれど、単なる空抜けで季節感が感じられません。

近くは青空、少し離れると葦原、そしてやっとカラシナの上へ。

コミミさん、もう少し低くを飛んで!と念じながらの撮影でした。

c0233349_11543673.jpg


c0233349_11552028.jpg


c0233349_11553494.jpg


c0233349_11554765.jpg


c0233349_1156044.jpg


c0233349_1156137.jpg



『教育勅語』
前段では、親孝行をしなさい、兄弟は仲よく、夫婦は仲よく、友達は信じあえと説いている。
その部分は誰しも共鳴するところだ。
しかしこれで終わっているわけではない。
後段には、一旦戦争となったら、それがどの様なものであれ、天皇のために命を投げ出して戦えと。
後段の毒の部分を前段が糖衣のように包んでいる。
明治以降80年近く学校教育の中で『教育勅語』は日常的に行われていた。

教育は恐ろしいもので、今の北朝鮮を見れば分かる。
北朝鮮を見て異常と思う私たちの考えは戦後の教育勅語を否定する養育の中ではぐくまれた。
戦前の日本にも北朝鮮と似た状況があった。
今はベトナムにいらっしゃる天皇皇后共に国民が天皇のために戦ってほしいなどとは塵ほども思っていらっしゃらないことだろう。
こんな古いものを持ち出す人たちが真に愛国者とはいえない。
天皇制を利用して何かしら自分の利益を得たいと思う人々だ。

『八紘一宇』
「世界を一つの家にする」を意味するスローガン。
第二次世界大戦中、日本が中国・東南アジアへの侵略を正当化するためのスローガンとしてつかわれた。
世界を一つにと言えば、みな仲よくし合ってと思うかもしれないけれど・・・全く反対、日本の支配下に置くということなのだ。
こういう前時代的なものをまだ判断能力のない子どもたちに教える学校というのも怖い気がする。

もう半世紀も近くも昔だけれど、新婚旅行で九州を一周した時、宮崎だったかな、大きな碑があってそれに「八紘一宇」と書かれていた。
1970年代初めのこと・・・今でもあの碑はあるのかな。
壊すのも大変な大きな碑だったから今でも立っているのかも。
あの時、思ったこと・・・私もあの時代にいたら疑いもしなかっただろう・・・だって先生方のおっしゃることは絶対だと思っていたのだから。

そんな教育を受けて、戦争に駆り出され、多くの方が亡くなった。
太平洋戦争での日本人の戦没者は310万人、うち軍人軍属230万人、その戦死の死因は約60%が飢え死にだ。
これを見ても戦争によって益を得る人たちは極めて少数、多くは絶対の不利益というべき死を望まずに受け入れなければならなかった。
そして為政者たちは兵站を確保せず、無謀に侵略をすすめ、多くの餓死者をだしたのだ。

戦後70年を過ぎ、戦争の記憶は遠のいて行くけれど決して忘れてはならない戦争に至る思想の形成過程、繰り返してはならないと強く思う。


共謀罪が10日閣議決定とか。
今まで問題がないとは言えないと言っていた公明党も一転賛成とか。
長く与党の座にいるといろいろ見えなくなってしまうらしい。
中身はテロとか書いてないそうだ。
危ない、危ない。

共産党小池議員の質問に総理まともに答えず、明らかに心の乱れが口調に現れていた。
「印象操作」「レッテル貼り」「犯人扱い」と何度も。
何かがあるから質問に過剰反応してしまう心理状態のように思いましたけど・・・・。
潔白ならば、関係者を参考人じゃ駄目だから証人喚問して、はっきりさせてしまえばいいのに。
それをしないわけだから・・・。
疑問は解決しません。


籠池氏ひとりを悪者にして終わってほしくない。
権力の中枢にいる政治家がその権力をつかってなしたことなら許されるべきではない。
権力の乱用こそ最も悪質だ。
鴻池代議士の会見も小池さんの資料でいずれわかるとあんな会見をしたのだろう。
「政治家の宿命」と・・・茶番。
政治家のところにお金を持って行って有利に運ぼうとする人がいるのは、政治家がお金欲しそうにしているからではないのでしょうか。

「お主も悪よのう」悪代官が言っていますよ。
by akaiga-bera | 2017-03-02 06:04 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/26459555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ビンズイ・・・縦縞がすてき 白梅に・・・メジロ >>