春告花3・・・紅梅にジョウビタキ

c0233349_10847.jpg


珍鳥さんの喧騒は遠慮。のんきに近所の梅林でメジロさんを待ちます。

まだ今年は梅に来るメジロさんを撮っていません。

お花は見ごろだし、ここには紅梅白梅も両方咲いていてお花見気分。

メジロさんは2回ほどやってきましたが、なかなか見える場所にはでてきません。

近くにジョウビタキさんがいて、梅に留まらないかなと待っていると、ほんの瞬間少し離れた紅梅に。

ちょっと怒りが強すぎる時間帯、曇りの日にしっとり撮ってみたいです。

ジョウビタキさんの♂と紅梅は少ししつこい感じ、♀なら優しい感じで合うかもしれませんね。


c0233349_953125.jpg



c0233349_9532859.jpg



c0233349_953405.jpg



c0233349_1005514.jpg



c0233349_954596.jpg



c0233349_9541771.jpg



c0233349_9542921.jpg



農産物直売所で求めた豆もちがおいしくて、今度近くを通ったら少しいっぱい仕入れて来よう。
枯れた雑草の中にもちらりと緑がみえて春本番も近いことが感じられる。
寝室前のモクレンの蕾が膨らんでいる。
少し切って玄関に・・・少しは早く咲くかしら?
今日はお出かけなしで、しばらく食べては皮をため込んでいたのをマーマレードに。
4瓶も出来上がった。
甘さ控えめ、少し酸味をきつくして、さわやかな感じに仕上げた。

びっくりするような出来事が。
お隣の国の若者は、ますます自分の立場に危機感を抱き、転覆を恐れているのだろうか。
血のつながりのあるものを暗殺。
歴史上起こったさまざまな肉親暗殺を思い起こさせた。
北朝鮮の体制が盤石ではないことをうかがわせる。
体制崩壊までの時間もだいぶ近くなったのかも。
破れかぶれになった時、人は正常ではない。
周辺国の杞憂も現実となるやもしれず・・・。
なんとか大きなことにならず政権の委譲の可能性はないのか。
ロシア・中国は動かないのか。
彼が死ぬまで北朝鮮の国民は解放されないのか。
北朝鮮籍と見られる漁船が日本海側で見つかることも何度か報道された。
国民の必死の働きがミサイル開発の費用になるのか。
あり得ないほどの圧制が行われているようだ。
拉致被害者家族の方々の落胆ははかりしれない。

石原さんが会見を開くという。
これまでずっと煮え切らなかったのに・・・。
ずっと弁護士を含めて対策を練ってきたのでしょう。
知らぬ存ぜぬ、部下に任せたという悲しい結論にはしないで欲しいものだ。
週2しか行かないで知事職を全うしたと言えるのか。
小池さんがたとえ将来国政のトップを狙って現在の行動があるとはいっても、少なくとも真剣に取り組んでいることは評価できると思う。
by akaiga-bera | 2017-02-15 10:48 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/26426852
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< タゲリ・・・飛翔 春告花1・・・蝋梅の中のシジュウカラ >>