コミミズク・・・今年は好機ありそうです

c0233349_9401296.jpg


昨年は一度だけの出遇いでした。

かわいいコミミさんには毎年遇いたいものです。

今年はたくさん来てくれているようでチャンスも多そうで楽しみ。

一旦比較的早い時間に飛んだのですが、また草叢に入ってしまい、再び飛んだのは少し光がなくなってきたころでした。

近くのはピントが合わず残念。でも止まり木にずっと留まってくれていたので、かわいい百面相としぐさを存分に堪能できました。

c0233349_9403442.jpg


c0233349_9404960.jpg


c0233349_941492.jpg


c0233349_9421450.jpg


c0233349_9423240.jpg


いなかに届けものや墓参りなどに。
見なれた風景に空気感まで違うような気がする。
友人宅によって、鳥談議・・・車の中で充電できる日器具をお願いしてあったのだ。
お野菜をたくさんいただいて車も重い。
寺によると若い副住職夫妻で本堂の大掃除をしてらした。
寺には副住職の手になる含蓄のある文がそこここに。
新しい息吹を感じる。

それにしても約束の時間に遅れるのを当たり前と思っている某国の大統領。
それも戦術の一つなのかもしれないけれど・・・やはり私たち日本人は真似しない方がいい。
自国の優位性を示すしたいのかな。
私たちは・・・『実るほど頭を垂れる稲穂かな』路線でないと、やはり落ちつかない。

昨日からおそらく100%返ってこない北方4島がもし帰ってきたらと考えてみている。
戦後70年以上が経過し、まだ一般の人の住んでいない島もあるけれど、すでに多くのロシア人が日々の生活を送っている。
ふと、戦後建国したイスラエルのことを思った。
その地に住んでいた人々は土地を奪われ、別の場所に移らねばならなかった。
中東の不安定の原因の一つとなって今も長く尾を引いている。
by akaiga-bera | 2016-12-15 09:47 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/26228413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ウソ・・・きれいでした! かわいい声がして・・・ベニマシコ >>