湿原の出遇い・・・キビタキ

c0233349_13331127.jpg


湿原脇の小径に入って最初に遇ったのはキビタキさんでした。

まだ囀っています。あらあら、まだお嫁さんが見つからないの?急がないと・・・お山の秋は早いからね。

近くの枝をあちこちと。もう時間がありませんものね。

c0233349_13332741.jpg


c0233349_13334083.jpg


c0233349_13335277.jpg


c0233349_17314261.jpg


c0233349_1732260.jpg

ヤマオダマキ・・黄色の部分 灯りをともしたよう。
c0233349_13342860.jpg



甥がお盆で帰って来ていて、一年前から仙台に移動したと。
あら、古巣に帰って、勝手知ったるじゃない?
学生時代7年も過ごした地・・・でも震災前とはちょっと違うと感じる・・・何だか病み上がりの人のようだと。
時間を経過した今でも、やはり元に戻るのは難しいようだ。
そして・・・直接津波の被害に遭った海岸線の町々とそうでなかった地域には大きな差が・・・。
災害の多くは局地的であったりするので、被害を受けた人たちとそうでなかった人たちに大きな違いがあるようだ。
引き続き応援が必要だと。

82歳と言えば、普通の家庭なら、もう完全に一線からは引いて、隠居という年齢だろう。
60じゃまだ青いと言われる政治家だって82歳は高齢だ。
生まれたときから、日本で一人だけの特殊な立場でいらして、常に衆目を集め、国民のために少しでも力になればとずっと過ごしていらした天皇。
もうお休みいただいていいように思う。
そして残りの人生は、好きなところに旅をしゆっくりした時間を過ごされて欲しいものだ。
どうか、先にも政治利用されることのない法律改正が速やかになされて、もう残り少ない時間を十分に楽しんで頂けたらと思う。
ここ数年は、平和への祈りを続けていらした・・・。
象徴天皇となった戦後の天皇・・・究極の公務員かもしれないと感じる。
by akaiga-bera | 2016-07-15 08:54 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/25775739
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 湿原の出遇い・・・ビンズイ オナガ・・・美しい色合わせ >>