葦原のコヨシキリ・・・

c0233349_16571894.jpg


緑の葦原を渡る風も温む暑さ・・・厳しい季節ですね。

もう早く伴侶を得ないと・・・・・。

一生懸命に囀ります。美しい遠景、引いて撮ってみました。

c0233349_16575225.jpg


c0233349_1658599.jpg


c0233349_1722614.jpg


c0233349_16582932.jpg

下3枚は多分♀です。啼かないのでなかなか見つけづらいんですけれど、この時は、まっすぐ♂の方向に。
c0233349_16585331.jpg


c0233349_16591845.jpg


c0233349_16593586.jpg



難しい文言を読むのは得意じゃないけれど・・・そう遠くないうちに国民投票ということになるかもしれないのだから・・・。

現行憲法第53条(臨時会)
内閣は、国会の臨時会の召集を決定することができる。いづれかの議院の総議員の四分の一以上の要求があれば、内閣は、その召集を決定しなければならない。

自民党案では、この部分は削除されている。

昨年秋、臨時国会を開いて安保関連法について説明するよう野党が求めたが、外遊が多く重なっていること、新年早々に常会を開くといって招集しなかった。
説明を多く求められる場はできればいらないということなのか。
糾弾される場は設定したくないのだろうけれど、改憲するまえにすでに前倒しでやってしまった・・・。

現行憲法第63条(国務大臣の議院出席の権利及び義務)
 内閣総理大臣その他の国務大臣は、両議院の一に議席を有すると有しないとにかかはらず、何時でも議案について発言するため議院に出席することができる。又、答弁又は説明のため出席を求められたときは、出席しなければならない。 内閣総理大臣その他の国務大臣は、両議院のいずれかに議席を有すると有しないとにかかわらず、いつでも議案について発言するため議院に出席することができる。

自民党案
2.内閣総理大臣その他の国務大臣は、答弁又は説明のため議院から出席を求められたときは、職務の遂行上やむを得ない事情がある場合を除き、出席しなければならない。

大きく異なると思う。
これからは職務の多忙や答えたくない質問を避けるために多忙を理由にできるということだ。
個を大切にという現行憲法から、公を重要と考える自民党案。
そして、色々問題があっても国会で答えなくてもよいようになるなんて。
国会軽視・議会制民主主義を壊すものだと思う。

こういうふうにあちこちに不安な文言がいっぱいあるのだ・・・・。
by akaiga-bera | 2016-07-12 06:00 | Trackback
トラックバックURL : https://gabera2.exblog.jp/tb/25746621
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ササゴイの食事・・・ 湿原の出遇い・・・カルガモ親子... >>